FC2ブログ

Entries

童話:ソリっこ遊びに行く その3

童話:ソリっこ遊びに行く その3


マサ男は、里へ行く道を懸命になって歩いて行った。
雪道は歩きづらい、足が重くなる。

でも、みんなと一緒にソリで遊ぶんだ。

マサ男は、力いっぱい進むのだった。

「あれ、道が分かれている。どっちへいけばいいのだろう」
マサ男は立ち止った。
ソリ遊び 8
おかしいな、こんなところあったかなと、迷うのだった。

「うーん、どっちだったかな」

その時、パタッパタッと音がした。

「あー、ビックリした。何だ・・・何だ」
ソリあそび 10
前を見ると、鳥が走って行くのが見えた。

キジだった。

「こら! まてーっ」

マサ男は、鳥のキジを追いかけたのだった。

キジは、飛ばないで走って山の方へ上がっていった。

「あ~あ、行っちゃった」

マサ男は、再び歩き始めた。

すると、何やら話声が聞こえてきた。

「おーい、お前は誰だ」
「何処へ行くんだ」
「ここへおいで、いいもんあげるから」

そこは、村の墓場だった。
ソリ遊び 11

「こっちへおいで、寒いだろう。温めてやるよ」
「いいソリっこだね、ここでも遊べるよ」

マサ男に色々話しかけるのだった。

【続く】





にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

[C1902] 不気味です

ツッチーさん
おはよう御座います。

なんかお墓のようなイメージのところですね。
マサ男君 あの世に連れていかれてしまうのでしょうか。
ワクワクします。

愛新覚羅

[C1903] Re: 不気味です

> 愛新覚羅 さんへ
いや~・・・。
愛さんも童心に返りましたね。
有難うございます。
こういうのを書いていて思うんですよ。
ネットとかブログをやってる人は、大人ですからね。
童話なんて、興味を示す人は少ないだろうな。
などとですね。
まあ何と言いますか。大人が日々のストレスを溜めて生活している。
そういう時に、こんな話でも見てくれれば、
気分転換でストレス解消になる。
体内のストレスが無くなれば健康になる。
と、云う事になろうかと勝手に思うのであります。
  • 2014-01-23 21:10
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C1904] No title

e-460日本昔話の絵みたいでほのぼのしました

もう直ぐ、馬鈴薯植えます。

ここんとこ、大根、カブくらいですが楽しんでいます。
又、拝見させて下さいね。
  • 2014-01-23 21:58
  • asuka1944
  • URL
  • 編集

[C1907] Re: No title

> asuka1944 さんへ
コメント有難うございます。
もう、馬鈴薯を植えるんですか。
早いですね。
こちらは雪解けが3月末ですからね。
羨ましいです。

雪にまつわる話をどうぞ、お楽しみください。
  • 2014-01-24 19:45
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/999-8799ceca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村