FC2ブログ

Entries

童話:ソリッこ遊びに行く その2

童話:ソリっこ遊びに行く その2

山の家で一人ソリ遊びをするマサ男。

だども、どうも張り合いがないのだな。

「よいしょ、よいしょ」
「そりゃー・・」
と、大声を出さないと、さみしい。

マサ男は、
みんなと一緒のところで遊びたいなと思うのだった。

そうだ、行こう。
みんながいる所へ行こう。

マサ男は、山裾の向こうを見た。
あの山を越えると、みんながいるんだな。

マサ男は、歩きだしたのだった。
ソリ遊び
里までの道は遠いのである。
雪道だし、幼い子供の足では、到底無理である。

マサ男はソリを引っ張りながら歩いた。
少しづつ、一歩づつ歩いた。

雪の上には、わずかだが誰かが歩いた跡がついていた。

それを見ながらマサ男は歩いた。

「こっちへ、行けばいいんだ」

幾つものカーブを曲がり坂を上がり下がりしながら歩くのだった。
ソリ遊び 3
そして、家からは見えなくなった。

マサ男は、この道を何度か母におんぶされて通っていた。

この方向に行けば、みんながいるんだ。
みんなと一緒にソリっこ遊びが出来るんだ。


雪道には、小さな靴跡と、ソリの跡が残されていくのだった。



【続く】


にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

[C1900] 心配になってきました

ツッチーさん
おはよう御座います。

以前会津地方の葬式に出て雪が降ってきました。
葬式が終わり、気がつくとかなり積もっていました。
さあ、どこが道だか田んぼだか解らなくなりました。
翌日仕事なので車でノーチェーンで必死に帰りました。
怖かったのなんの。
マサ男君も大丈夫かなあ。心配です。

愛新覚羅

[C1901] Re: 心配になってきました

> 愛新覚羅 さんへ
雪道のノーチェーンですか。
それは恐い。
良く事故にならなかったですね。
さぞかし、運転中は気が気じゃなかったでしょう。
マサ男君の雪道はどうなるんでしょうか。
北国の山の中の冬の道路ですからね。
果たして目的地に行けるのか。
童心に返って見守ってください。

  • 2014-01-22 21:12
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/998-518842d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村