FC2ブログ

Entries

人生は笑いと涙

人生は笑いと涙

婆さんの所に時折、遊びに来るI婆さん。
両者とも80歳を超えている。

この年になると、話し相手がいなくなるのだ。
家の中では、無視をされ邪魔扱いされて次第に肩身がせまくなる。

話を聞いてくれる人が欲しいのである。

「居たか~・・・来たぞ~」
「おりゃ・・良く来たこと」
で話が始まる。

合えば笑い
笑い声に声もほころぶ。

皺も伸びる。

二人の会話は続くのである。
やがて声が低くなり聞こえなくなるのだ。

「あん時は、オメェなぁ・・苦労したな・・」
「ふんだぁ・・死んだ方が増しかなと思ったもんだょ」

涙を流しているのだ。
語れば涙
静かな時間が流れるのだ。

そして、再び話し声がし笑い声も聞こえるようになる。

そうよ、人生は笑いと涙よ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

[C1659] 人生の長さ

ツッチーさん
おはよう御座います。

豆の処理の件、ご丁寧な説明ありがとう御座いました。
さてお年寄りの話ですが、人生が長ければ長いほど苦楽が
ある訳でどうしても泣いたり笑ったりになりますね。
そういう苦楽は平均的に増えていくものではなく50歳位から
急速に増えていくものだと実感しています。
ですので同じ年寄りでも70歳と80歳と90歳では、その量は
単純に1割増しではないと思う今日このごろです。

愛新覚羅

[C1660] Re: 人生の長さ

> 愛新覚羅 さんへ
60代になってみれば、やがて老いて行く身を強烈に
感じるようになりますね。
70代の人を見れば、10年後はああなるのか。
80代の人を見ると、20年後はそうなるか。
90代の人を見ると、そこまで生きているかな。
などと、考えてしまいます。

  • 2013-11-16 19:56
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/924-e223918e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村