FC2ブログ

Entries

ソラトコロンの旅 その9

ソラトコロンの旅 その9

お婆さんの語りは、涙なくては聞けません。

「ひどい話ですね・・・」

「ああ、なにもかにもさ・・、狂ってしまうのさ、

正気じゃなくなるってやつだべよ」
ソラトコロンの旅 16
「ワレの産んだ子とかワラスを捨てるんだ、婆様を捨てるくれぇ

何とも思わねぇくなるのさ」

「ニャーン・・・」


「わしゃ・・、あきらめたのよ、どうせ、邪魔にされるんだ、

なにやったって、いい顔されねし・・・」

「ワンワン・・」

「それでな、ここに来たってわけさ、

これ以上生きていても、しょうがねえ、死ぬべと思ってたんだがよ、

まだ、若いべ、50(才)だものな、

うんで、わしゃー、死ぬときは死ぬんだから、

生きてやるか とな」

「姥捨て山に来て、生きる・・ですか」

「ああ、まんずな、木の枝とかを集めて、寝床を作ったのさ」
ソラトコロンの旅 17
「寝床・・」

「まあ、小屋っこだな、雨風・夜露を防ぐやつだな、

まあ、何とかなるもんだよ」


【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

[C9408] サバイバル

ツッチーさん
おはよう御座います。

おっと。婆さんのサバイバルなのですね。
50歳ならまだ活力がありますものね。
どんな生活をするのか興味があります。

愛新覚羅

[C9409] こんにちは

こんにちは。
このお話は昔話ではなく現代のお話ですね。
一部の特権階級を除き、庶民は非正規・低賃金・・・
親の生活の面倒を見たくても“無い袖は振れない”。
お金が無いと人間関係もギクシャク。
子供に全てをつぎ込んで年を取ったら低年金で生活は苦しい。
(勝手な解釈で間違っていたらすみません。)
お婆さんの反撃を楽しみにしています。
お話と絵、両方とも楽しみにしています。
v-510

[C9410] Re: サバイバル

> 愛新覚羅 さんへ
婆さんが、サバイバルをする。
まあ、女の方が強いのではと、
言われてますからね。。
婆さんなら猶更じゃないかと。
  • 2019-02-01 21:59
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C9411] Re: こんにちは

> 窓辺夢 さんへ
今の世も、過去からの延長と云うか積み重ねですからね。
この辺に伝わる物を取り入れての展開です。
なあ、あまり深く掘り下げないで、
気楽に楽しめればと思います。
  • 2019-02-01 22:02
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2587-099b4cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村