FC2ブログ

Entries

岩手町川柳会5月秀句の紹介

岩手町川柳会5月の秀句を紹介します。

席題 「記念日」

記念日が一つずつ減る歳となり      YK
開校と閉校常に記念とし          SM
記念日は遺影に声をかけ酒を供え    NR
母の日を生きてるうちに孝行す      TH
結婚の式場友と同時刻           NR

子供の日母の日父の日は付録      MS

(評) 父の日もあるのですが、付け足しみたいな感じで、
  寂しい感じがする。こんなに一所懸命稼いでるのに・・・。

宿題 題詠 「宝」

笑顔こそ人間だけの宝物         MS
ダイヤより貴方の手紙宝物        SK
子宝が一抜け二抜け好きな職      SM
育てた宝息子が家を捨て         TH
なけなしで買った物です宝です      KM
千両と万両植えて宝持ち          NR

お気に入り寝ても離さぬ児の宝      YK

(評) 子供の時は、買って貰ったおもちゃなどね、
  夢中になって遊び、もう手から離さない。寝る時も一緒、でしたね。

宿題 雑詠 (自由)

正直に生きて財布は赤信号         SM
食われずに済んでじゃが芋新芽吹く    YK
我が畑勘弁してよ獣道             TH
節暮れた指が昔を言いたがる        SM
懸命にドジはドジなりに意気ている      NR
脱ぐ人の心を見せて並ぶ靴          MS
夢に出る先祖達皆生きている         KM

酔いながら徳利の本数かぞえてる     YS

(評) そいう事ありますね。うつろになりながら、空瓶を数えたりして、
   まだ大丈夫だと、注ぐのです。酒を飲む人は良く分かります。


◎ ネットからのブログ投句の句を紹介します。

 「記念日」

記念日はいつも一人で墓参り        I

(評) うーん・・、お墓の方で記念日を待ってるのですね。
 こういう時に、話しかけないと。

「宝」

ガラクタも自分にとっては宝もの      I

(評) 大事にしている物です。価値は自分しか分かりません。
 そういうのありますね。

絵になる川柳

川柳 30年5月 宝
(評) 可愛い我が息子大事に育てたのに、出て行ってしまった。
   親の思いが伝わりません。


川柳 30年5月 雑詠1 ペ
(評) 払うものを払い、納める物を納めています。
  どうにかしてほしいです。


川柳 30年5月 雑詠2
(評) 耕したところに獣の足跡、嫌ですね・・・。
  収穫時期にも来るんだろうな。

本日も、当ブログへの訪問有り難うございました。

御礼申し上げます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

[C8999] 身に沁みます

ツッチーさん。こんにちは。

「育てた宝息子が家を捨て」

身に沁みました。

わが家も夫婦二人暮らしです。

行く末、どうなることやら。

今日の日を生き続けるより方法はなしです。

ツッチーさん。田植えがはじまるのですね。

実りの秋を楽しみにお元気で頑張ってください。

ブログ、いつも岩手の季節を感じながら楽しみに拝見してます。

『野の花日記』のマリコです。ではまた(^^)/。
  • 2018-05-22 00:10
  • マリコ
  • URL
  • 編集

[C9000] 他の被害者

ツッチーさん
おはよう御座います。

今回も掲載ありがとう御座います。

「我が畑勘弁してよ獣道」 

ツッチーさんの句かと思いましたが違うの
ですね。他にも被害者が多いのですね。

愛新覚羅
  • 2018-05-22 07:41
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C9001] Re: 身に沁みます

> マリコ さんへ
こんばんは、久しぶりのコメントですね。
懐かしさがこみ上げます。
などと云っても、こっちからコメントをする事はまずありませんけど。
申し訳ないです。
さて、宝息子ですね。
大事に育てたのに、出ていく。もう帰ってこない。帰る気もない。
私などは、宝息子ではなかったので、帰ってきて大きな顔してます。
しかしながら、今度は我が息子が帰ってきません。
と云うか田舎を故郷と思っていないのです。
まあ、そりゃそうかも。
何せこの田舎で暮らしていなかったから。
まあ・・、難しいです。

  • 2018-05-23 21:47
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C9002] Re: 他の被害者

> 愛新覚羅 さんへ
「我が畑 勘弁してよ 獣道」
これは私の作です。
農作業や、田舎暮らし、土に関する句は、
私の句になります。
句会のメンバーで、農業をしている人はいませんからね。
整体師、美容師、飲食店経営の調理師、元県庁職員、衣料品店経営者、
他に理容師、元教職員等ですね。
いずれも、70歳を超えた人達ですが、定年の無い人は現役で働いてもいます。

獣の田畑の被害は、町内のあちこちで発生しています。
私の所は、田には電気柵を設置しましたが他は未防備です。
今年は、どうなりますか。
いずれ獣との戦いとなります。
まあ、戦う訳ではないか・・・。
近づけさせない対策を取る・・、ですね。

  • 2018-05-23 21:57
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2438-7d7b36b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村