Entries

小話:吹く風は何処に その33

小話:吹く風は何処に その33

宮戸さんに、再び防衛省から電話がきました。

「もしもし、宮戸さんですか」

「はいそうです」

「自衛隊の、派遣部隊ですが、お尋ねします」

「はい、なんでしょうか」

「大山勝太という青年をご存知ですか」

「大山勝太・・、ああ、はい通称ガン太といいますね」

「実は富島で救出されました、軽い火傷をしていますが特に問題はありません。

色々話を聞いた結果、

釈放と言う事になりました」

「そうですか、無事だったですか」

「迎えに来て欲しいという事ですが、いいですか」

「分かりました、場所は何処ですか」

「北浦港です。ここに自衛隊の派遣指揮所があります」

ガン太は救出されて、無事だったのだ、宮戸さんは安堵したのでした。

仲間に連絡を取り、稲田さんと田中さんの3名で迎えに行きました。
吹く風は何処に 70
北浦港は、まだ自衛隊による通行規制があったが、誘導され無事に目的地に

到着した。

「宮戸です。大山勝一君を迎えに来ました」

「はい、どうぞ。大山君元気でな」

ガン太は力なくついてきて、うなずいて車に乗り込みました。
吹く風は何処に 71
「車に乗って、走り出すと、皆はガン太に声を掛けます。

「ガン太君、よく無事だったな」

「全くな、何が起きるか分からないもんだよ」

「ところでさ、上陸してきた不法者は見なかったかい」

「自衛隊による攻撃が始まった時は、どうだった」

色々聞くが、ガン太は黙ったままだった。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

[C8839] これで終わりではない

ツッチーさん
おはよう御座います。

普通の話なら助かったところで良かった良かったで終わるのですが、この話はガン太の更正の話なのでまだ続きがあるのですね。

愛新覚羅
  • 2018-03-04 07:25
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8840] Re: これで終わりではない

> 愛新覚羅 さんへ
ガン太は、戦場からの無事帰還でして、めでたしめでたしと、
行きたいところですが、
もう少し、話を伸ばしてみたいなと。

まあ、あんまり長話にしても、飽きられても困りますけど。

  • 2018-03-04 22:41
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2368-2ce37f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村