FC2ブログ

Entries

小話:吹く風は何処に その29

小話:吹く風は何処に その29

富島への、自衛隊の奪還作戦の戦闘が始まったのでした。

ガン太は、富島に居たので戦禍に巻き込まれてしまったのです。

爆撃はほんの数分だったのですが、凄まじいものでした。

緑濃い富島だったが、頃焦げの山と化してしまいました。

吹く風は何処に 62
上陸した国籍不明の軍隊は、どうなってるのでしょうか。

ガン太はどうなってるのでしょうか。



さて、こちらは山田さんの家です。
吹く風は何処に 63
早朝に、政府による放送があり、気になって集まって来たのでした。

「富島が不法占領されたってな」

「ああ、それで、奪還の戦闘が始まったらしい」

「宮戸さんは、ガン太を富島において来たんだよな」

「ああ・・・」

「急な話と云うか、想定外だよ」

「この映像じゃ、まず生き残れないよな」

「不法侵入とか占領されたのは、4か所らしいぜ」

「4つの島か」

「それってさ、宣戦布告の前兆じゃないのか」

「さあな、そうなったら富島どころではないな」

「本土って云うか俺たちも危ないって事か」

「・・・・・・・」

「オレ達って、戦争が終わってからの世代だからな」

「ああ、色々聞かされて、平和を追求してきたんだよな」

「どうする・・」

「わからないよ」

山田さんとこに集まった仲間たちは、不安に包まれるのでした。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

コメント

[C8831] あわれ ガン太

ツッチーさん
おはよう御座います。

ガン太はあまり皆の心配事になっていないようですね。集まった人達は自分達のことばかり心配しているようです。
まあ極悪非道だったから仕方ないですか。

愛新覚羅
  • 2018-02-28 07:52
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8832] Re: あわれ ガン太

> 愛新覚羅 さんへ
まあ、結局は自分の身ですね。

そして、身内と云うか家族になりますか。
他人の事など考えていられない。
戦前の人はどうか分かりませんが、今の世の人の
結束力と云うか、助け合い等の共同作業や行事は難くなる。
と、思います。

  • 2018-02-28 23:36
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2364-74e18559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村