Entries

小話:吹く風は何処に その28

小話:吹く風は何処に その28

富島のガン太は、食料を貰い一息をついたのでした。

島の中程では、ゴーゴーと音がして何やら作業をしている模様です。

時おり照明弾らしきものが上がり、明るくなったりします。

「もしかして、他所の国の軍隊の侵略か」

ガン太は不安になるのでした。

夜が明けてきたようで、少しづつ明るくなってきました。

上空に、戦闘機らしきものが急接近してきました。

何処の戦闘機なのかは分かりません。

吹く風は何処に 59
ガン太は、顔が引きつってきました。

まさか、此処は戦場にはならないよな、なったら、何処に逃げればいいのだ。

さっきの兵隊達は、もう来ないのだろうか。

ガン太は、悶々とするのでした。


1時間ほどしてすっかり明るくなった頃に、再び飛行音がしてきました。

「お! 又来た」

そして、富島に接近し、爆撃弾を発射したり投下したのです。

ドドッーーン・・、ドッーーン

ものすごい爆音です。

島は一瞬にして火の海となりました。
吹く風は何処に 60
ガン太は、爆発音の大きさ驚きます。

岩陰にいたのですが、更に身を低くしました。
吹く風は何処に 61
爆発による炎とか爆風が、岩の上を走っていきます。

真っ黒い煙が襲ってきました。

「くわーーゲホッゲホ・・」

「くそーーっ・・・・殺されるーーー」

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

[C8829] あらら

ツッチーさん
おはよう御座います。

とうとう戦火が起こってしまったのですね。
ガン太は避難できるのでしょうか?

愛新覚羅
  • 2018-02-27 07:45
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8830] Re: あらら

> 愛新覚羅 さんへ
こりゃどうも参りましたね。
島ごとそのまま戦禍になりましたからね。
助かるかどうか。
しかしながら、助けないと物語が続かないですし。
ああ、ガン太の運命やいかに・・・。

  • 2018-02-27 21:39
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2363-aef32433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村