Entries

小話:吹く風は何処に その27

小話:吹く風は何処に その27

夜分、防衛省から宮戸さんに電話がありました。

「おそれいります。宮戸さんは富島の所有者ですよね」

「ええー、そうです」

「その富島には、現在誰も住んでませんよね」

「ええ、引き上げてからもう大分立ちます」

「分かりました。それでお話があるんですが・・・」

「はて、なんでしょう」

「実は、この島に国籍不明の軍隊が上陸し占領行動をしている可能性があるのです」

「国籍不明の軍隊・・・」

「ええ、数日来、我が国の周辺を回遊していた国籍不明の軍艦数隻が、昨夜進路を変えて

侵入したのです」

「ほんとうですか」

「細部は確認できてませんが、ほぼ間違いありません」

「明るくなるのを待って、確認次第富島奪還の戦闘行動を行います」

「島の奪還 です  か」

「ええーこれは我が国の緊急事態です、早急に対処しないと大変な事になりますから」

「・・・・・」

「それでは同胞は、誰もいないという事で、作戦は遂行されますのでよろしくお願いをします」

島にはガン太を置いてきたのであるが、事態の大きさに返事をしそこない、電話は切れたのでした。

富島に、国籍不明の軍が上陸か、いったいどうなるんだろう。

宮戸さんは呆然とするのでした。
吹く風は何処に 57

ガン太は、岸辺の岩場に連れ置かれたのでした。

しばらくして、食べ物を持ってきてくれたのでした。

「邪魔をしなければ、我々は民間人は殺さない、ここでおとなしくしているように」

と、言って去って行った。

島の中のほうでは、何やら音がするし、時折光が流れている。

急ピッチで、作業をしているようだ。
吹く風は何処に 56
ガン太は、クラッカーみたいなものと飲みもを、貰い、久しぶりに食べ物を

口にする事が出来たのでした。

「うん、これはうまい、ぱさぱさするけど・・いけるな」

「しかしなんだな、自衛隊じゃないな。どこの言葉だろう。

戦車みたいな乗り物だったな、一体何するつもりなんだろう」

「殺すとか何とかも言ってたな、銃を持ってるからな、まさか戦争が始まるわけじゃないだろうな」

ガン太は、少し不安になって来たのでした。


【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

[C8827] 大変なことに

ツッチーさん
おはよう御座います。

事態が大変なことになってきましたね。
ガン太の運命どころの騒ぎではなくなってきたようです。

愛新覚羅
  • 2018-02-26 07:50
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8828] Re: 大変なことに

> 愛新覚羅 さんへ
こりゃ~もう、ガン太どころではなくなってきましたね。
我が国の危機ですからね。
平和憲法などと云ってられません。
ガン太も立ち上がらないとですね。


  • 2018-02-26 22:11
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2362-3465f97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村