Entries

小話:吹く風は何処に その24

小話:吹く風は何処に その24

ガン太は、海の中や海岸べりでも、食料となるものを、

取ることができませんでした。

何せ、これまでの生活で、自分で野菜を作ったとか、魚取りをしたことがないのです。

勿論、木の実とかも知りません。

草も分かりません。

「ああ、オレは、ダメだな・・・」

林の中に入ったり出たりして、ただうろつくだけです。
吹く風は何処に 49
「オレは、これでしまいか・・」

ガン太は、諦めの心境になってきました。

「オレは、何にもできないのだ」

街とかだったら、盗んだりも、行き交う人を脅して金を巻き上げる事も、

できるのだが、此処だとなにもできない。

「そうか、それで、こんなトコに連れて来たのか」

「あ~あ、腹減ったな、もう動けねーーや」

ガン太は日が暮れていく空を力なく眺めるのでした。
吹く風は何処に 50
「あ~あ…、夜か」

ガン太は、横になって色々考えるのでした。

「オレは、何のために生きて来たんだろう」

「連れてきた宮戸さんとか、稲田さん、その仲間たちはは皆楽しそうだったよな」

俺の親父よりは、一回り上の人達だったな。

すると、それぞれが仕事を終えての余生か。

「ケッ・・、おもしろくねえな」

オレの親父なんか、他所に女を作って出て行っちゃった。

母ちゃんは、うるさくて、あれするな、これするなって。

それで、逆らってしまった。

「まあ、でもな・・一所懸命働いてたよな・・、

風邪引いた時も、ケガした時も、付きっ切りで面倒見てくれたしな

何で、オレずーっと逆らたんだろう」

ガン太は、しみじみ思い出すのです。

夜が更けて辺りは、真っ暗になりました。

なかなか、寝付けないでいると、何か音がしだしました。
吹く風は何処に 51
何かが、すぐ側を通過していきます。

「△◇ΠΦΦΠΩ…」  「おい、いそげ」

「ξЖЭ€ξψ\/‥‥・・・」  「こっちだぞ・・」

聞いた事の無い言葉です。

ガン太は、なんだろうと、目を凝らしました。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

[C8821] 何なのでしょう?

ツッチーさん
おはよう御座います。

ガン太は本格的に反省しだしましたね。
それにして誰もいないはずの島で何事なのでしょう。
シルエットで見るとなにやらヘルメットが。
旧軍隊の亡霊か。北朝鮮の工作員か。

愛新覚羅
  • 2018-02-23 07:54
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8822] Re: 何なのでしょう?

> 愛新覚羅 さんへ
旧軍の亡霊は、いいですね。
旧島民の、亡霊も考えられる。
もっと遡って、戦国時代に戦ったとか、流されたとかの設定で、
浮かばれない霊魂、さまよう霊とかでも、いいかもしれないですね。
まあ、兎に角話を少しずつ展開していきましょう。

  • 2018-02-23 21:30
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2359-1cd05896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村