FC2ブログ

Entries

小話:吹く風は何処に その19

小話:吹く風は何処に その19

ガン太が乗った船は、ある島へと向かったのでした。

「さて、着いたぞ。ガン太君降りるぞ」

「何すか! この島は」

「この島はね、昔というか、私が子供の頃まで住んでた島でね、

富島と云うんだ」

「トミ島・・」

「で、どうするんだよ、今は誰もいないんだろう」

「だからさ、ガン太君・・君に自由に使って貰おうと思ってさ」

「えーー、冗談じゃないよ」

ガン太は船から降ろされて、島に上陸したのでした。
吹く風は何処に 40
「一応、この島の所有者は私だから、何してもいいよ」

「何だよ・・、どうやって生きていくんだ‥、ええー食糧なんかないだろうに」

「まあ、考えるんだな」

「オラは、いやだぜ」

「まあな、決めた事だしな・・・君なら何とかなるよ」

「くそーー、ふざけやがって、家に帰らないと母ちゃんだって、

心配してるだろうし」

「ああ、君のお母さんな、もう帰ってこなくってイイってさ」

「そんなハズないだろう。誰がそんな事」

「まあ、私は、詳しくは分からないけどね、そんな事を言ったようだよ、

自分の胸に手を当ててみた方がいいんじゃないのかい」

「何言ってんだい」

「それじゃな、しっかりやるんだぜ」

ガンタを置いて、船は桟橋を離れるのでした。
吹く風は何処に 41
「ああ、待て・・、冗談だろう・・」

「君は強そうだしな」

「いや・・悪かったよ。反省する、だから置いて行かないでくれ--]

ガンタの叫びも虚しく、船は島を離れて行ってしまったのでした。


【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

[C8805] 以外

ツッチーさん
おはよう御座います。

島で色々と困ったことがおきてから反省するのかと思ったら
意外とすぐに反省したのですね。
とにかくこれから何が起こるのか楽しみです。

愛新覚羅
  • 2018-02-17 07:56
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8806] Re: 以外

> 愛新覚羅 さんへ
ガン太君ですね。
「反省する」
この言葉ですね。私もこれまで何度も使いました。
しかしながら、再びと云うかすぐに同じ過ちを起こすのですね。
そして、さらに怒りを倍増にするのです。
まあ普通の人でもそうでしょうから、
ガン太君などは、相当身を持って反省を示してもらわないとですね。

  • 2018-02-17 21:10
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2352-560e8649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村