FC2ブログ

Entries

小話:吹く風は何処に その7

小話:吹く風は何処に その7

「それじゃ・・、後は任せたぞーー」

などと、言って、ガン太を置いて皆は去っていきました。

残された、ガン太はふてくされていました。

「何で、こんなことになるんだい」

「あっはっはっは、ガン太君、まあこれからよろしくな」

「け! 冗談じゃないぜ」

「まあ、掘立小屋みたいなところだけどよ、寝泊まりはできるから」

「・・・・・・」

「奥の部屋が空いてるんで、そこを使ってくれ」
吹く風は何処に 13
ガン太は、辺りを見回してシブシブと、家の中に入り部屋に、

腰を下ろしたのでした。

「この爺さん達、いや、まだそんな感じじゃないな、

まあそんな事はどうでもいいか、いったいどんな連中なんだろう」

ガン太は、窓から外を眺めた。
吹く風は何処に 14
預かると云った稲田さんが、畑で作業をしていた。

「畑かー、ふーん何が面白いんだろう」

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

[C8777] そしてまさかの展開が・・・。

やがてガン太くんは農作業のしんどさに気付き
農機具の導入をもくろむもスクラップしか買えず。

そして古く壊れた農機を直し使いこなす過程に
ハマり、いつしか県内屈指のトラクターマニアに
・・・って、アレ?

すみません、この展開はナシですよね(笑)。

※富良野のトラクター博物館見たさに北海道まで
出掛けて行ったおバカさんなのです、私メ。
  • 2018-02-03 07:33
  • こんのすけ
  • URL
  • 編集

[C8778] 以外と素直

ツッチーさん
おはよう御座います。

ガン太は以外と素直にしていますね。
ひと暴れして帰ってしまうと思いましたが。

愛新覚羅
  • 2018-02-03 08:55
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8779] Re: そしてまさかの展開が・・・。

> こんのすけ さんへ
トラクター博物館が富良野にあるのですか。
そして、見に行った・・・。
素晴らしい。

冬の雪の除雪の対策として、
山型の排土板を、ミニバックホーに取り付けたい。
何処だったか、北海道の畑の雪を大型トラクターに山型の排土板を着けて、
掻き分けて、走ってるのがありましたね。
ネット動画ですけど。
あれを、参考にして、何とか工夫したいと思ってるのですが。

まあ、そのうち溶けるんで、無駄なことかもしれませんけどね。

  • 2018-02-03 21:14
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C8780] Re: 以外と素直

> 愛新覚羅 さんへ
名前がガン太ですからね。
大人しいのは、似合わないですね。
今後に、期待してください。


  • 2018-02-03 21:16
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C8781] 追伸。

きつねメが訪ねた博物館は、ここです。

http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/f1b8d82887.woa/wa/read/f1bb2a5660/

昭和20年代後半にアメリカから渡って来た物を
筆頭に、戦後北海道機械化農業の過程を示す
歴代トラクターたちが100台規模で揃い踏み。

その全てに「昭和〇〇年、何某牧場が幾らで
購入し活躍した後、〇〇牧場へ譲渡」という
具合に履歴を記したプレートが添えられます。

トラクターまで趣味範疇に入れる乗り物マニアが
少ない為、知る人ぞ知る存在なんですけど。
これは規模も車両の大きさや多様さも国内では
最大級のすんごい博物館でしょうね。

クルマ/バイク好きの中でもブランドにしか興味の
無い連中なら5分も経たずに出て来るでしょうが。

メカフェチ/昭和史フェチなら半日居てもまだ時間が
足りない程、内容が濃い博物館でもありますよ。
  • 2018-02-03 23:40
  • こんのすけ
  • URL
  • 編集

[C8783] Re: 追伸。

> こんのすけ さんへ
いや~ 素晴らしい・・。
これはやはり、直接見たくなりますね。
流石に北海道だなと。
私が知る岩手の感覚だと、耕運機から今に通じるトラクターですね。
それが、蒸気機関車並みのどでかいトラクターがあったとはね。

貴重な博物館を知らせていただき有り難うございました。


  • 2018-02-04 21:29
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2340-48a110fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村