Entries

小話:アリ太の任務 その25

小話:アリ太の任務 その25

アリ太は、巣の移動の指揮官を命ぜられたのでした。

それは突然の事なのですが、もう決まっていたのです。

もう、やるしかありません。

アリ太は、承知し決意をしました。

「精一杯の努力をしよう」

と。

広場に集合がかかった。
アリ太 39
司令部の長が挨拶をした。

「諸君、毎日ご苦労さん、この度我々アリキン族は、今のこの巣を別な所に移動をする」

「えーーー!巣の移動だって・・・」

アリ達の動揺の声があがった。

「巣の移動にあたっての指揮官として、アリ太君を指名した。本日ただいまからアリ太司令官の命により

行動をせよ」

「アリ太・・、アリ太が司令官だって、本当かい」

「それでは、アリ太司令官の訓示を行う」

アリ太は、皆の前の壇上に立ったのでした。


【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

[C8282] 困難

ツッチーさん
おはよう御座います。

今後色々な困難があるでしょうね。
アリ太の健闘を期待します。

愛新覚羅
  • 2017-08-10 07:26
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C8283] Re: 困難

> 愛新覚羅 さんへ
アリ太が指揮官になってしまいましたね。
実はこんな事は考えていなかったのです。
当初の予定では、もう話は終わっていたのです。
小話ですから。
所がですね、タイトルに任務と言ってしまったのに、
簡単に済ませてしまったんじゃ、
駄目じゃないのか、となって、追加のイメージというか、
妄想になったのです。
長話になりますけど、もう少しお付き合いをお願いします。


  • 2017-08-10 21:23
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2182-f6100bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村