FC2ブログ

Entries

小話:時の雲隠し その23

小話:時の雲隠し その23

光男は、時の神のいる祠を捜し歩いた。
確かにこの辺だったのだがと、何度も行き来したが、それらしい物は、
何もなかった。

「おかしいな、この変に絶対あるはずなんだけどな」

光男は捜しつかれて、土手に腰かけて休んでぼんやりとしていた。

すると、見たことのある人が近づいてきた。
小話:時の雲隠し23
「あれ・・、弘じゃないか」

「え!・・・・もしかして光男君」

「ああ、そうだよ、懐かしいな」
「光男君か、何でこんなとこにいるの、今頃は会社の社長じゃないのかい」

「うん・・・いや、なにその、会社はつぶれちゃってさ」
「会社がつぶれたって、へー・・そうなんだ」

二人の会話は続くのだった。


続く

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



コメント

[C7966] 同じ境遇

ツッチーさん
おはよう御座います。

これは弘の境遇だったのですね。
それを光男がなぞっただけだったのですね。

愛新覚羅
  • 2017-03-21 07:39
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C7967] Re: 同じ境遇

> 愛新覚羅 さんへ
弘の人生を、光男がやる。
人の人生をなぞるってのは、なんだかがっかりですね。
まあ、内容にもよりますけど。
社長の娘と結婚して、勢いよく進んでいたら、
それこそ、人生万歳だったかもしれません。
しかしまあ、物語は、そうはならないのが常ですから。

  • 2017-03-21 19:18
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/2063-4a9533c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村