FC2ブログ

Entries

町水道の工事終了の完成検査、この地まで上水道が入った

町の水道が、我が屋でも開通した。
本日、水道事業所の職員等が来て、工事終了に伴う完成検査に
やってきて何やら調べて行った。
水道事業所の検査

思えば年末辺りから、工事に入って、
はるばる、この地まで水路(管)をつないできた。
水道工事5
国道の下側から、進んできた。

途中の家に配管しつつ、国道に入り我が家に接近。
水道工事4
3月の半ば、H宅前。

そして、我が家へ。
水道工事2
家の前は、国道に面して狭いので裏側から配管を進める。
4月6日。

そして、ついに中へ入る。
水道工事

左側が、町水道、右が自家水道。
町の上水道が
一つに統一しようかと思っていたが、
二つあれば便利だというので、自家水道を残した。

停電になると、町の水道は止まると、
そのとき自家水道があれば、発電機があれば水が出る。
と・・。
まあ、それもそうだと思ったが、どうだろう。

町の市街地から2Kmくらい離れているので、ここまで上水道が来るとは、
考えもつかなかったのが、実現した。

これには、奮闘努力したH氏がいたからである。

世の中には、色々頑張る人が居るものだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



コメント

[C6970]

(祝)上水道(^_^)∠※
  • 2016-05-17 23:21
  • らんちゃん
  • URL
  • 編集

[C6971] 便利そうですね

ツッチーさん
おはよう御座います。

2系統あると一方が駄目でも一方が生きているということで便利そうですね。
但し普段から両方使っていないといざというときに濁っていて使えないなんてことになりそうです。

愛新覚羅
  • 2016-05-18 07:41
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C6972]

今まで、、自家水道でしたの?(◎_◎;)
山の中は考えられないことがあって、
お水、、おいしそう。
  • 2016-05-18 16:02
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C6973] こんにちは^^。

えぇ~、日本でもまだ水道が来ていない場所があったなんて!びっくりです。v-436
自家水道というのは、井戸水なんですか?
それはそれで、贅沢なお水ですねぇ~。
  • 2016-05-18 16:45
  • **ばーばら**
  • URL
  • 編集

[C6974] Re: タイトルなし

> らんちゃん さんへ
ありがとうございます。
これで、取りあえず、町の世話になる事となります。
これまでは、町の恩恵とかは、感じてませんでしたから。
まあ、使用分は料金で徴収されますけど。
  • 2016-05-18 21:03
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C6975] Re: 便利そうですね

> 愛新覚羅 さんへ
他に、山の沢から引いてるのもありますからね。
これで、たっぷり使えます。
婆さんが出しっぱなしにしても、
大丈夫です。
町水道を出しっぱなしなら、
大変なことになりますけどね。

  • 2016-05-18 21:05
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C6976] Re: タイトルなし

> hippopon さんへ
市街地の居住区以外は、自家水道です。
都会に住む人は、ダムとかで、給水を確保していると。
自分達の給水個所は何処かを、知っておいた方が
いいかもね。
  • 2016-05-18 21:12
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C6977] Re: こんにちは^^。

> ばーばら さんへ
地方の町は、上水道の普及率は低いですよ。
大半が、自家水で、
それこそ、昔の井戸に給水ポンプを着けたものです。
場所によって、水質が悪いのですね。
それで、問題になります。
私の処は、水質は問題はないのですが、
必要量が足りなくなる。
現代の水の使用量は、昔の数倍ですから。
それで、山の沢からも引っ張っています。
これからは、心配なく使えることになります。
町が破産しない限り。
まあ、消滅集落とかもありますけど。
  • 2016-05-18 21:19
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/1826-0d12064d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村