FC2ブログ

Entries

薪の小屋は、解体し花壇になりました

突風で、屋根が飛ばされて、道路上に散らばった薪の小屋はなくなりました。

解体し、その跡地は花壇に変身です。
花壇に
薪小屋として最近、使ってましたけど、
最初は、野菜などの無人販売用に建てたのですね。

それが、どうも、車が入ってくると狭くて、危ないのでやめた。
次に、鶏のヒナをもらったので、網を張って鶏小屋にしたのだ。

5匹だったね、
これがね、1匹、イタチにやられたりして網を補強したりしてね。

そして、たっぷり餌を与えて育てた、ヒナが成長したら、全部オスだった。

この処分がまた四苦八苦でね。

そして、最近は、夏は物置冬は薪の小屋にとなっていたのでした。

私の手製の小屋もおよそ8年で、寿命でした。

まあ、あとは日々花を見て、暮らすことにします。

手入れをするのは、女房ですけど。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト



コメント

[C6924] 8年

ツッチーさん
おはよう御座います。

手製でよく8年も持ちましたね。
よほど頑丈に作ったのでしょう。

愛新覚羅
  • 2016-05-07 07:21
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C6925]

お花畑があるくらし、うらやましい。
母の日ですかね。
長い間ありがとうママですね。
ご主人からそういわれたら、うれしいとおもうわ。
あ、、すてき!
カーネーションさしあげる???
  • 2016-05-07 18:52
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C6926] Re: 8年

> 愛新覚羅 さんへ
そうですね、8年も持った。
と、云えば納得しますね。
炭焼きの屋根は、2年目で雪につぶされましたからね。
次は、何を建てるか。
色々、あるのですけど頑丈な物を考えれば、
資材代が馬鹿になりませんし。
結局、あるものとかを利用すると、ちょっとした、
災害でやられてしまう。
まあ、人に迷惑にならないようなところを選んで、
建てるのが無難かな。

  • 2016-05-07 20:42
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C6927] Re: タイトルなし

> hippopon さんへ
若いときは、花とは無縁の世界でしたね。
こういう、田舎生活の自然と暮らすことによって、
草花をじっくりと見るようになったのかな。
女性は、やはり花が好きですね。
どこの家、農家に限らず庭には花が植えてあります。
こまめに手入れをする人。
株を増やして楽しむ人。
皆楽しそうです。
花屋に行かず、隣の庭を見て過ごす。
・・・ですね。

  • 2016-05-07 20:51
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/1815-cef8deb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村