FC2ブログ

Entries

ハウス栽培する、T氏を訪ねたら手製の薪ストーブが!

ハウス栽培する、T氏を訪ねたら手製の薪ストーブが!

冬でも通してハウス栽培をするT氏を訪ねた。

最近は、暖房費が高くつくので冬の栽培はやらない人が多い中、
工夫をしてチャレンジしている。

「いや~どうも、遊びに来ました」
「ふーん、まあ、休んでいけや」
T氏を訪ねる
と、いう事でハウスの中へ入ると、手作りの薪ストーブのでかいのがあった。
色々材料を集めてきたと云う。

送風装置もついている。
手製薪ボイラー
ハウスの中の作物。大きく育っている。
2月に入ってから、日中の気温が上がって伸びが一段と早くなったとか。
ハウス内

こちらのハウス。
手製の薪ストーブで、火力の調整が出来る。
後方にあるのが、灯油暖房器で併用している。
手製薪ストーブ
そう云えば、作年の春から、溶接作業をしてたな。

こちらも同じように大きく育ってました。
ハウス内2
厳寒の中でのハウス管理は大変な作業ですからね。

一晩でもミスしたら、零下何十℃で、凍って終わり。
日中が又、晴天になって異常に気温がグングン上がって+の40℃とかになって、
これまた、ぐったりとなって終わりと。

私のように集中して取り組めない者は駄目ですね。

T氏は、土作りにも力を入れてますからね。

ハウスの栽培は年に3回位の巡廻ですか。
その都度3トンから4トンの堆肥を入れ替えるのだと。

野菜作りのプロですね。
参考にして見習わないとね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

[C4557] No title

おはようございます。
素晴らしいですね。
一晩でもしくじれない、、
見えないところで、真面目にせっせとくらしてて、
頑張らないと、、うん。
へたってられない。
  • 2015-03-06 04:41
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C4558] No title

おはようございます。
ハウスの野菜作り気が抜けられませんね!
暖房も暖め過ぎは困りそう
雪が降ればハウスの屋根の重みも心配
ご苦労にも気つかずスーパーから手軽に入手m(__)m
  • 2015-03-06 06:27
  • nm
  • URL
  • 編集

[C4559] 素晴らしい出来

ツッチーさん
おはよう御座います。

手製の薪ストーブは素晴らしい出来ですね。
Tさんは色々手をかけていて本当のプロですね。
しかも絵で見る限りではかなりのお洒落さん
に見えます。

愛新覚羅
  • 2015-03-06 07:42
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C4560] Re: No title

> hippopon さんへ
冬の期間は長いですからね。
この期間に、野菜を栽培出来ればいいわけですが。
それが簡単にはいかない。
皆、四苦八苦して栽培に努力してる訳ですね。
諦める人もいれば、T氏みたいに、工夫して頑張る人もいます。
生きてる限り目標を持って諦めないでやる。
それは素晴らしい人生です。
  • 2015-03-06 20:38
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C4561] Re: No title

> nm さんへ
冬にハウス栽培をする農家では、温度管理が重要です。
自動調整装置の暖房装置やボイラーもあります。
本格的というか、大きくやる人ですね。
イチゴとかですね。
小規模な我々の産直の生産者は、資材を貰って来て作ったりして、
工夫をしていますね。
冬でも美味しい野菜を作るためにね。


  • 2015-03-06 20:47
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C4562] Re: 素晴らしい出来

> 愛新覚羅 さんへ
私もドラム缶で、作って挑戦した事があります。
どうしても駄目で一カ月持ちませんでした。
燃え過ぎるて、一杯入れても3時間くらいしかもたず、
薪が無くなってしまいましたね。
燃えてもストーブの周りが熱くなるだけで、ハウスの半分は
気温が上がらない。
でしたね。

Tさんですか。
細身の体で、ゆっくり話す。チョッキの着こなしがポリシーですか。
彼の所には、料理屋、居酒屋の人が、直接仕入れに来たりしてます。

そのようになるには、何十年の積み重ねですね。
まあ私としては、そう云う人に近づいて匂いでもかがせて貰うと云う事ですね。

  • 2015-03-06 20:55
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/1410-03121d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村