FC2ブログ

Entries

方言小話:孫はめんげぇ

方言小話:孫はめんげぇ

ほんになやぁ、孫ってのはめんげぇもんだなや               めんげぇ⇒可愛い
何やっても、めんげぇ~よ
孫はめんげえ

実はなぁ
オラはぁ、本当の事言うとな
自分のワラスを、めんげぇと思った事が無えかったよ

ワラス二人持ってなや                        ワラス⇒子供⇒子
これがさ、体が弱くてなや
いっつも、ぐずぐず、むずけて泣いてばかりでさ

あっちが泣けば、こっちも泣くべし
孫はめんげえ2
夜は、いっつも寝てられなくてなや
乳をやったり、おかゆを作ってやったりすてな
むずけで、吸わねべし、食わねえばし

ほんに、やせなかったぁ               やせがない⇒気持がせつない
このワラスこのワラスってな
切なかったぁ

毎日だよ
毎晩だよ
まんず、のぼせたよ

オラは、ワラスの面見て、思ったもんだぁ

このワラス死ねば、オラは、ゆっくり寝れるべか・・・てなぁ
なんぼ、楽になれるべかってなぁ

涙が、あふれて、こぼれてこぼれてさぁ
ワラスと一緒になって泣いたよ

けどな、なんとか、おがったよ

あるがでことだ
結婚もすてな、ワラスができたんだ
そうだ、孫よ、オラの孫よ

心配したんだ
なんただ、ワラスが生まれるべってさぁ

それが、元気でな
にこーっとしてさ
抱っこしても、泣かねぇ

オラはなでた、なでた
「めんげぇなぁ・・・めんげぇな」
て、なやぁ

娘の顔を見たら
思い出してなや
涙がポロポロ出て来てなや
とまらなかったよ

良かったなや、ありがとう





にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



コメント

[C4264] No title

泣いてまったがね。
歳をとってみんと、解らんことがよーさんある。ほんだもんで、年寄りとはほんとは一緒にすんだほうがええんだわ。それができんひとは可哀相だわ。窮屈なこともあるけど、それ以上に教えられることが多いのに気付かんのだわ、もったいにゃあ。おみゃあさん、今、幸せに暮らしとらっせる。苦労が報われるこきはくるもんだて。 よかったわ。ほんまに。
  • 2015-01-18 23:01
  • もこ
  • URL
  • 編集

[C4265] うれしいですね!

こんばんは!

お孫さん元気で良かったですね。
(なんか、ちょぴっともらい泣きです。)(*^^*)
  • 2015-01-18 23:05
  • puttikum3
  • URL
  • 編集

[C4266] No title

おはようさんでござりやす。

めげげいいわらすっこ、さずかりやんすて、
なんぼもいがったなっす、、

ずきに、おがりやすこった。
  • 2015-01-19 06:26
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C4267] Re: No title

> もこ さんへ
コメントありがとうございます。
二十歳の頃、出稼ぎで行った先が、豊田市の土建会社でした。
工事では周辺の現場に行きましたね。
足助町で、地元の人達と語った言葉が忘れられません。
三河湖の地割れした道を吹っ飛ばした事も忘れません。
愛知県も懐かしの地です。
  • 2015-01-19 07:14
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C4268] Re: うれしいですね!

> puttikum3 さんへ
コメント有難うございます。
孫の話になった時に、
あるオバさんの、話が元です。
子育てには、随分苦労したのだと。
体の弱い子を持った母親の身を知る事が出来ました。
外に働く男には、分からない事でしたね。
  • 2015-01-19 07:18
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C4269] Re: No title

> hippopon さんへ
いわて弁も、随分流暢な流れに出るようになりやんしたな。
それだばは、この辺の山の中で暮らしても、
十分通用するでがんす、なっす。
まんずまんず、此処さ来て、
山の中さぁ入って、休んでいってけらっせ。
  • 2015-01-19 07:22
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C4270] 赤裸々

ツッチーさん
おはよう御座います。

随分と赤裸々な表現ですね。
私は子供を持ったことがありませんので良くは
わかりませんが育児に疲れて子供と心中する
ような事件もありますから大変なのだろうと想像
はできます。
その手をかけさせたお子さんがお孫さんをもうけた
のですから感動もひとしおなのですね。
わかるような気がします。

愛新覚羅
  • 2015-01-19 07:54
  • aishinkakura
  • URL
  • 編集

[C4271] Re: 赤裸々

> 愛新覚羅 さんへ
人は、それぞれに何らかの過去を持っているのですね。
そのオバさんは、一見苦労知らずのような、明るい方です。
それで、そのような事を話した時には、
しみじみと、感じ入ったものです。
ですから、尚更孫が可愛いのだと。


  • 2015-01-19 19:40
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/1365-259ffb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村