FC2ブログ

Entries

男の生き方は?

男の生き方は?

読書は色々な事を楽しめる。
読む本によるだろうけど。

「親方はつらいよ」
元大関の朝潮が高砂親方として、出したものだ。
本 親方はつらいよ
現役当時は大ちゃんとか云われて人気ありましたね。

親方になり、協会の理事になり、横綱朝青龍を育てた。
その辺の事を、書いている。
朝潮太郎 2
なるほどなと、思いながら楽しく読んだ。

何と云うか、人と人との繋がりもあるけれど、
性格が大きく作用してるなと感じたね。
親方の。

色々なバッシングとかもあったようですが、その辺のところは、
「つまらない時間を過ごした、損をしたと思わずに、
いい勉強をしたと、思うようにする。
男の生き方は、引き算や割り算はいらず、
足し算と掛け算だけでいいのだ」
と。

エライもんです。
私なども、次元は違うでしょうが。損をしたとか無駄な時を過ごしたとか
あります。
ついつい、恨んだり怒ったりしてしまう。

協会の理事を降り、朝青竜も引退した。
流れは変わるものだ。

しかし、明るく前向きなのが嬉しい。

私なども、相撲は好きで良く遊んでたね。
強くはなかったけども。

相撲取りの力士の名も沢山覚えたものです。
何と言っても女性にもてると云う処が良かった。
奥さんと云うか、おかみさんが美人だったような。

それでね、相撲取になった自分を思う事がありましたよ。
相撲取り
強くて格好良くて持ててる姿を、
勝手に想像してました。

今も大相撲を見ていますよ。
岩手県出身の関取がいないのが寂しいですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

[C1991] 朝潮

ツッチーさん
おはよう御座います。

朝潮は愛嬌のあるお相撲さんでしたね。
近大の学生の頃から強かったのを覚えています。
心優しい所があるから横綱になれなかったのでは
ないかと思っていましたが親方になってからも心優しさ
が邪魔をしていたのでしょう。
朝青龍も甘やかされたような感じがしています。

愛新覚羅

[C1992] No title

お晩です「よ!大阪太郎」と呼んだ記憶が有るんですが
どうでしたでしょうか?こいう人がまた出てほしいですね。
  • 2014-02-19 18:32
  • 沼袋のブラックバス
  • URL
  • 編集

[C1994] Re: 朝潮

> 愛新覚羅 さんへ
どのスポーツでも、強くなければトップになれない。
維持できない。
大変ですよね。
横綱になれるどころか、関取にもなれずに、
終わる人が大半だと。
私の同級生も1名入門した人がいましたね。
3段目位で廃業したと記憶してます。
なかなか厳しいですね。
朝青竜は、入門から数年で横綱の頂点に登った訳ですから、
抜群の体力と運動神経、精神面の強さがあったのでしょうね。
その点から云うと、短命はもったいなかったです。
  • 2014-02-19 20:06
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C1995] Re: No title

> 沼袋のブラックバス さんへ
そうですよね。朝潮太郎だとか云ってたような気がします。
それが浦五郎に変わってましたね。
高見山の大五郎に合わせたんですかね。
明るさ、ユーモアで人気があったですね。
ただ、横綱にはなれなかった。
何度かチャンスはあったようですけども。
案外精神面のもろさがあったのかもしれません。
高砂部屋は伝統の部屋ですからね。
頑張って欲しいです。

  • 2014-02-19 20:13
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/1026-4e232dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村