FC2ブログ

Entries

童話:ソリっこ遊びに行く その4

童話:ソリっこ遊びに行く その4

マサ男に色んな声が聞こえてきたのだった。

「ここで遊んで行きな」

辺りを見回しても誰もいない。

「おかしいな」

「ここに穴があるからさ、入っておいで」

マサ男は、何処から聞こえてくるのだろうと、
墓石の方へ近づくのだった。

と、その時、すーっと白い服をまとった婆さんが寄ってきた。
ソリ遊び 11
「マサ男か、良くここまで来たな」
「えっ、婆ちゃんはだれ!」

「私は、オメのヒィバーさ」
「ヒィ、婆ちゃん・・だって」

「ほれ、オレはな、オメのな、守護を任せられてんのさ」
「何だか、分かんないよ」

「いいんだ、いいんだ。この道を真っ直ぐ行くともうすぐ大きな道に出る、
あともう少しだからな、さあ行きな」
「うん、ありがとう」

マサ男は、歩きだした。
道は下りに入り、川があって橋を超えると大きな道路に出た。
ソリっこ遊びに 12
「やったー、ついに来たぞ」
マサ男は、大きな声を出した。

あともう少しで、みんなが集まって遊んでる所へいける。
マサ男の足取りは軽くなった。

やがて、賑やかな声が聞こえてきた。
「おーっ、着いたぞ」
ソリ遊び 4
いるいる、みんなしてソリっこで遊んでる。

「おーい、オラもかててくれーっ」

マサ男は、走って行くのであった。

【続く】

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

[C1905] 行きはよいよい

ツッチーさん
おはよう御座います。

マサ男君は守護霊に会ったのですね。
やっと皆のところに着いたのですが遊んでいる
うちに日が暮れてしまうのでしょうか。
また怖くなってきます。

愛新覚羅

[C1906] 口さ手入れて

おはよう、あぁ良かったよがったどうなるかしらと
思って読んでいました、でもまだなんかありそうですね、
オラァ冬遊びに行って帰る寒い時に口の中に手を入れて
泣きながら帰るんだぁ、するとしゃっこくなった指先
がぬぐだくなるんだぁ…。
  • 2014-01-24 11:57
  • 沼袋のブラックバス
  • URL
  • 編集

[C1908] Re: 行きはよいよい

> 愛新覚羅 さんへ
マサ男君の守護霊はヒィ婆さんだったんですね。
私の守護霊は誰なんだろう。
危機を脱した時に、ふと思ったものです。
私の側にいてジッと見守る誰かがいる。
有難い事です。
感謝をして手を合わせましょう。

  • 2014-01-24 19:48
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

[C1909] Re: 口さ手入れて

> 沼袋のブラックバス さんへ
冷たい手に息を吹きかける。
よくやりました。
口の中に手を入れる。
冷たくかじかんだ手がほんのりと温まる。
口の中が冷たくなるんで手を抜く。
すると、手がさらに冷たくなる。
凍える、凍える。
あ~あ、思い出すね・・・ワラスたの頃。

  • 2014-01-24 19:52
  • 大坊峠のツッチー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iwatetsuchy.blog.fc2.com/tb.php/1000-c1d4dc6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村