FC2ブログ

Entries

岩手町川柳会 一月秀句の紹介

岩手町川柳会、令和3年の初句会は集まることなく

投句によって行いました。

密を避ける。何せね、高齢の方が多いですからね。

万が一新コロナに感染でもしたら、命とりになります。

川柳の句を作って、コロッと逝ったら、最悪です。

クラスターなどの集団感染とでもなったら、会の崩壊・消滅ですね。

まあ、そういう心配をしなかがらの実行です。

今月の秀句です。

題詠    「コツコツ」   出題  るみこ

コツコツと命刻む誕生日                 草

コツコツとケアすることに骨が折れ          國男

コツコツと努力実った成功人             正和

コツコツと貯めたお金が消えている         はつお

コツコツと足音の癖性格出               るみこ

成功の背にコツコツのある努力            小草

名工は脇目もふらず槌を打つ              満子

(評)

「コツコツ」は、真面目に、着実に仕事をする人であり、
最期には、周囲にその名を成します。

私も、コツコツと歩んだとは思ってはいますが、
普通に定年となり職を去りました。残念。

雑詠   (自由吟)

汗掻いて生きてる男だ信じよう               草

下仁田のネギ丸々と美味風味              るみこ

身がしまるコロナ騒ぎ年を越し               正和

戸を開けろニャーニャー騒ぐ猫に負け          はつお

コロナ禍に大寒波嬉々として襲い             國男

何よりも嬉しい心からの笑顔                満子

コロナ禍へ命の祈り深くなる                 小草

(評)
やはり、コロナの句が多いです。早めの鎮静化となって欲しいです。


ブログからの投句を紹介

通帳に年金だけがコツコツと                 愛


絵になる川柳です

川柳 3月 題詠「コツコツ」 愛  ペ
コツコツと、着実に入る年金、。お陰で生きて行けます。ただ、この金額を超えないような
使い方をしなくてはいけません。老後は長いです。


川柳 3年1月 「コツコツ」 満子  ペ
昔あった、鍛冶屋とか、街の鉄工所の大半はなくなりましたね。
カチン カチン とか トッテンカン トッテンカン と云う音が
聞こえていたものです。


川柳 3年1月 雑詠 コロナ 小草 ペ
感染拡大する新型コロナ、変異したコロナもあるとか、もう大変な世の中になってきました。
もう、神頼みで命乞いをするしかなくなりました。


川柳 3年1月 雑詠 ふる里 小草  ペ
ふる里の思い出は尽きないです。もう、あれもこれも懐かしく、
楽しかった事が浮かびます。誰か聞いてください。


川柳 3年1月 雑詠 汗  草  ペ
俺は見た、汗を掻いて働いていた。
すなわち真面目な人なんだ。よし、信じよう・・・てか。


川柳 3年1月 雑詠 猫  はつお   ペ
猫は、叫んで開けるのを待っているんだね。どうしても、開けないと、
自分で爪を立てて開けている。 まったく根負けしてしまう。


本日も当ブログへの訪問、ありがとうございました。

今後共とも、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト



コロンとソラの嫁っ子捜し その4 54

オリの中に入れられて鍵をかけられたコロンとソラでした。

これは、どうした事だろうとアワテますが、どうにもなりません。

鍵は、手は届くのですが、持ち上げることなどできません。

噛みついてみようと思うのですが、口がでません。

「ああ~・・、どうする、コロン」

「うーん、これは頑丈だ・・・うーん、

あ! そうだ、穴を掘ればいいんだ・・、よっしゃ」

コロンは、穴を掘るのは得意です。

「よし、ここを掘ろう、ソラ、どいてろ」

「うん、分かった・・頑張れな」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 58
コロンは、抜け道に良さそうなとこを、掘り出します。

前足を回転させて、バンバン掘っていきます。

「よーし、コロン・・、その調子だ・・、それそれ」

ワンワン

「そりゃーー」

ころんは、掘った穴をくぐって、オリの外へ出ます。
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 59
「出たぞーー、ソラ行くぞーーー」

地面に穴を掘って、オリを抜け出たコロンとソラは、

一目散に、走り出しました。

【続く】


さすがはコロンだね。

よく掘るんだよね犬は、まかしとけってもんだよね。

さて、問題はこれからだ・・・走れーーコロンにソラ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラの嫁っ子捜し その4 53

オリに入れられているのに、気付いたソラです。

コロンは、ご馳走を沢山食べたので、熟睡してました。

必死になって、コロンを起こすソラです。

ニャー

「おい ! コロン 起きろーーー」

ワンワン

「うるさいな、静かにしろよまったく」

「大変なだよ、オレ達はオリに入れられてんだよ」

「オリってなんだよ・・・・」

「だから・・オリだよ、籠とかあるだろ、鍵がかかってるぜ、早く起きろよ」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 57
「えー、鍵がかかってるって」

「ほら、見て見ろよ、これじゃ、出られないよ」

「あ! 本当だ・・、出られない 何でだ」

「ふーん、なんでこんな事をするんだろ」

「もしかして・・、喜太郎が危ないかもしれないな」

「喜太郎が、ふーん・・・ならば助けに行かないと」

「どうする・・・これじゃ、どうにもならんよ」

二人は、いや2匹はオリの中で、ウロウロ、オロオロするのでした。


【続く】

これは、参ったね。

コロンにソラは、このままになるのかい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ










コロンとソラの嫁っ子捜し その4 52

さて、コロンとソラです。

おタカちゃんから、美味しいものをたらふく、頂戴したので、

腹も膨れて、そのまま眠っていました。
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 56
ソラが、目を覚まして、歩こうとしたらオリの棒に

当たります。

ニャーン

「あれ、変だな・・、なんだこれは、出られないじゃないか」

そうです、自分達はオリに入れられて鍵をかけられている事に

気付きました。

ニャーン

「おい、コロン・・、大変だ・・、起きろ」

ワンワン

「クーン・・・・、ふーん、・・・むにゃむにゃ」

【続く】

コロン、目を覚ませよ。

しかしまあ、オリに鍵がかかっているからな、どうなるんだろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


岩手町川柳会 1月句会の案内

令和3年となりました。

本年も、川柳を楽しみたいと思います。

私は、町の川柳会に入会して、10年程になります

年々齢を重ね、体力は落ちる訳ですが、脳の方は川柳のおかげで

全く衰えることなく、年々向上しています。(自分で言ってるんだから間違いなし)

まあ、そういう事になります。
川柳 3年1月 ブログ用

さて、初句会ですが、コロナの感染止まずで、投句形式で行っています。

今月のお題です。

題詠    「コツコツ」              出題    るみこ

雑詠    (自由吟)


秀句選出は、会員全員による選定を行い集計して決定します。

秀句等の編集が終わりましたら、紹介します。


川柳愛好者の投句をお待ちします。

秀句紹介時に合わせて、紹介をします。

投句は、コメントを利用して、行ってください。

川柳 エンマ大王  草





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コロンとソラの嫁っ子捜し その4 51

おタカちゃんが、友を呼んでいるらしい。

嫁入りに用意周到です。

「へーーい、お待ちどうさまです、準備が整いました」

威勢のいい声が聞こえたかと思うと、男衆が現れました。
55-2
「それじゃ、みんな景気よく頼みますよ」

「へっへーー、任せといてくださいな」

「さあ、喜太郎さん、行きましょう」

「いや~・・、参ったねーー、嫁入り道中だなんて、

恥ずかしいな」

「あらん・・そんなこと言わないで、手を取り合って

行きましょう・・・ムコ殿」

「だはッハ・・ハッハハ・・・・手を取るだなんて、だはッハハハ」

【続く】

喜太郎ーー、これは、人生最高の時だな、

花嫁道中だなんて、うらやましい・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その4 50

一本杉で、おタカちゃんを待つ喜太郎です。

「喜太郎さん・・・、お待たせ・・・私、タカよ」

何と、花嫁衣裳で、おタカちゃんが現れました。

「お・・、お・・おタカちゃん、本当にオラの嫁になってくれるんだね」

「そうよ、さあ、行きましょう」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 54
「お・・お・・おタカちゃん・・、まぶしい・・・いや、キレイだね」

「あらいやだ、恥ずかしいわ・・・」

「行くって、このまま、オラの家までかい」

「そうよ、今ね、友も呼んでるから」

「友って・・・」

「花嫁道中の、荷物を運ぶ人よ」

「あ・・そうか」

【続く】

さて、喜太郎は、ついにおタカちゃんを嫁にして家に向かうか。

いいね~・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その4 49

おタカちゃんから、一本杉の所で待っていてね、と言われた喜太郎は、

大喜びです。

そりゃもう、まさかのまさかこれを大まさかと云わずになんとしょう。

おタカちゃんがお嫁さんになると言う。

自然と笑みがこぼれる喜太郎なのです。
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 53
♬ オレは、村中で一番 幸せな男~  ♪

 目方もあって  男前~

 てかーー  はっはっはっはっは・・・

♬ おタカちゃんは 村中で一番 ベッピンな娘~  ♪

 身軽さ抜群  飛び回る ~

 てかーー はっはっはっはっは・・・

「おーー、一本杉だーー」

喜太郎は、一本杉の下で、思うのでした。

おタカちゃんを嫁にして、家に帰ったら、

父ちゃん母ちゃん、喜ぶだろうな。

いや~、美人で、可愛いからびっくりするだろうな。

【続く】

そりゃな、父ちゃん母ちゃん驚くさ。

良かったな~喜太郎。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラの嫁っ子捜し その4 48 

おタカちゃんが、美味しいものを食べさせてくれると

云うので、コロンとソラは、喜んでついて行きました。

「さあ、いらっしゃーい、ここの中にあるからね、

いっぱい食べていいわよ」

それは、オリの中でした。

ワンワン

「あーー、美味しそう・・、いただきまーす」

ニャーン

「本当だ・・いい匂い、ありがとう・・ムシャムシャ」

コロンとソラは、久しぶりの御馳走だから、そりゃもう、

むしゃぶりついて、食べるってもんでしたね。
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 52
「それじゃね・・・ここで、しばらくオトナしくしていてね」

と言って、おタカちゃんは、オリに鍵をかけるのでした。

コロンとソラは、食べるのに夢中で、全くその事に、

気が付きません。

【続く】


ありゃ~・・、コロンとソラがオリに閉じ込められたって、

事かい。

こりゃ・・何かが起きるね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






コロンとソラの嫁っ子捜し その4 47

おタカちゃん、喜太郎の嫁になってもいいと、

言い出します。

いやはや、驚きモモの木山椒の木ですね。

喜太郎、飛び上がらんばかりの喜びです。

もうどう表現していいのか分かりません。

「イエー・・、イヒッヒヒヒ・・・、よ・・嫁に・・・

イィーー・・イヒッヒヒヒヒ・・・」

ワンワン

「ヤッター、喜太郎・・、よかったのーー」

ニャーン

「喜太郎ーー、バンザーイ」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 51
コロンとソラも、大喜びです。

そりゃそうだね、これまで、数々の娘達と出会って、

ことことく外れたからね、

まあ、何と云うか、蓼食う虫も好き好きっていうやつかな。

まあ一寸言い過ぎかな。

と、いう事で喜太郎、鼻の下が伸びます。

おタカちゃんが、コロンとソラに向って言います。

「コロンちゃんと、ソラちゃん、お腹すいてるでしょう、

私ね、美味しい物持っているからあげるから、ついてきて」

ワンワン  ニャーン

「えーーおいしいもの・・ワーー、食べたい、行く行く」

「喜太郎さんは、向こうに見えてる、一本杉の所で待っていてね」

コロンとソラは、おタカちゃんについて行きます。

喜太郎は、一本杉へと、向かいました。

【続く】

ふんふん、そうかそうか・・・、コロンとソラはエサを、

貰うか。喜太郎は一本杉に行くか。

と、いう事は、コロンとソラと、喜太郎は離れるわけだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラの嫁っ子捜し その4 46

おタカちゃんが石を気合一発、手で割ったので、

自分も出来ると思い、やってみたら、痛いのなんの・・・。

喜太郎は手を抑えて転げまわります。

「痛ぇーよー・・トホホ・・・手が・・・手が・・・あ~あ~・・」

「喜太郎さん、大丈夫」

おタカちゃんが声をかけます。

「大丈夫じゃないですよ、何でおタカちゃん石を割れるんかい」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 50
「修行よ、まあ何度もやっているうちに、コツがわかって来るわよ」

「いやもういいです、こりごりです」

「そうー、割れると、気分爽快になるわよ」

「気分爽快・・冗談じゃないよ、手が折れてしまうよ」


おタカちゃん、喜太郎の顔をじーっと見て、言いました。

「ふーん、じゃお詫びに、喜太郎さんのお嫁になって上げる」

「え! 今・・、何て言った」

「お嫁になって上げるって言ったのよ」

【続く】

な・・な・・なんと、おタカちゃん、嫁になるって。

こりゃまた、オッたまげたね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






コロンとソラの嫁っ子捜し その4 45

石を気合一発、手で割るおタカちゃんです。

「どう、喜太郎さんもやってみる」

「えーー、オレが・・・」

とまどう、喜太郎ですが、女のおタカちゃんが出来るわけだから、

このオレも出来るのではないかと思うのでした。

「よし、やってみる、手の内側で打てばいいんだな・・よし」

喜太郎、手ごろな石を拾います。

「よし、これにしよう」

喜太郎、息を整え、腕を上げて力いっぱい振り下ろしました。

ゴキッ

ギャァーーーー
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 49

喜太郎、振り下ろした手を抑えて、転げまわります。

「痛ぇーーー」

ワンワン

「おい、喜太郎大丈夫か」

ニャーン

「何だ、石は割れてないじゃないか、もしかして、手が割れたのか」

コロンと、ソラが、転げる喜太郎を見つめます。

【続く】

ありゃ~・・喜太郎、手は大丈夫かいな。

初めてなんだから、練習してからやればいいのに。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コロンとソラの嫁っ子捜し その4 44

喜太郎は、庭にいるおタカちゃんに会い話をする事が

できました。

クマさんが、娘を嫁にくれるっていうものだから、

期待を持って、おミツちゃんと会ったのですが、どうもうまい具合にはいきません。

今度は、おタカちゃんです。

何とか、気を引いてその気になって欲しいものです。

「あの、おタカちゃん、そこにある小石は何かに使うのですか」

「あ~・・、この石はね、手で割ってるのよ」

「え! 石を手で石を割るーー」

「気合を入れてやれば、簡単よ」

おタカちゃんは、石の前に立ち、フーッと深呼吸をして、一瞬に手を振り下ろします。

ティアーー
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 48
小石は、見事に割れています。

どっひゃーー・・、喜太郎はそれを見て驚きます。

「どう、喜太郎さんも、やってみる」

【続く】

いや~・・こりゃ~・・おタカちゃんただもんじゃないな。

どうするかな喜太郎。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラの嫁っ子捜し その4 43

喜太郎は、クマさんに二女のおタカさんに会うように言われました。

おタカさんは、来る途中で会っています。

いきなり現れて、クマさんに飛びかかったり、

身が軽くて、牛のアラシの背で回転したりで、驚きました。

しかしながら、家による際、手を握ってくれて、少しドキッとして、

温もりを感じてました。

てな事で、外の庭に出て行きました。

すると、女の人がいます。

「あの・・、おタカさん・・・、ボク・・喜太郎です」

「あら、喜太郎さん、それにコロンチャンニ、ソラちゃん」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 47
「クマさんがね、おタカちゃんに会って、話しをするようにって、

へへへ・・・」

「お父さんが・・、あらそう、お姉さんと会ってたんじゃないの」

「えー、まあ、おミツさんとは会ったんですけどね・・・」

「何よー、お嫁にすればいいじゃないの、その為に来たんでしょ」

「それがその・・・、どうも、苦手でして」

「ふーん、それで、私に・・・・あ! そう」


【続く】

ふーー、何とか話を持って行ったな喜太郎。

さて、これからだな・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラの嫁っ子捜し その4 42

喜太郎が、クマさんにこの辺で失礼をすると言いだしました。

皆で、ポンポコ踊りを楽しんで、まだ余韻に浸っていたのにね。

どうしたんだろう。

クマさん、喜太郎に言います。

「はて、どうしたのかな、おミツが気に入らなかったのかな」

「いや・・その・・・、オレ、タヌキ・・いやポン子ちゃんは、

どうも、苦手でして」

「あ~、ポン子ちゃんな、小さなめんこいタヌキだったのが、

いつの間にか、あんなに成長してたな」

「おミツさんは、ポン子ちゃんを可愛がって常に一緒だし・・・」

「おミツは、優しいし面倒見もいいんだぜ」

「いや~・・そうは言っても化けられると、訳が分からなくなるし」

「そうかい・・、うーん、まあタヌキはいいよ、食べても美味しな」

「えーー! 食べるーー」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 46
「そりゃ~そうだ、タヌキ汁はいいぜ、なあ・・おナス」

「えーえー、そりゃもう、タヌキソバとかは、ようございます」

喜太郎、一寸もう、話しについていけなくなりました。

「わ・・私は・・いいです、こ・・これで、失礼をさせていただきます」

「そうかい、おミツがダメなら、おタカならどうだい」

「おタカさん・・・・ですか、あの~・・来るときに会った娘さんですよね」

「そうだよ、あれは、オレに似て活発でね、元気がいいんだ、直接会えば、

気立てが分かろうってもんだ」

「クマさんに似て・・・ですか」

「へっへぇへへ、・・、外の庭にいるはずだ、声をかけて見な」

【続く】

喜太郎、タヌキは苦手なのか、まあしょうがないか。

で、今度はおタカさんとやらに、会うのかい。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブ







コロンとソラの嫁っ子捜し その4 41

ポンポコ踊りは、みんなで踊って楽しかったです。

何せ、リズムがいいですから。

ポンポコ  ポンポコ とハヤサれるから、つい調子に乗ってしまうのです。

さあ、みんなが戻ってきました。

「いや~・・楽しかったな~」
コロンとソラの嫁っ子捜し その4 45
クマさん、上機嫌です。

「いや~・・久しぶりに踊ったなや、婆さん」

「いんや、ほんにな・・、腰が伸びたよ」

「婆ちゃん・・、杖なしで踊ってましたよ」

「そうかい、何もかも忘れてしまったよ、何せなタヌキだろ、

ワンコだろ、ニャンコだろ・・、こんな踊りは初めてだよ、

わしゃぁ・・天国に登ったのかと思ったよ」

みんな、大笑いです。

「天国かー、そりゃいいとこで踊ったなーー」

さて、喜太郎ですけどね、踊りが終わって少しほっとしてました。

何せ、踊りはあまり得意ではなかったのです。

でもまあ、一所懸命合わせてました。

「あの・・・クマさん、私はこの辺で失礼をさせていただきます」


【続く】

ふむふむ・・、喜太郎退散かいな。

盛り上がってるのにな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








新年明けましておめでとうございます。

3年 年賀状図案 3
令和3年 元旦

皆様、良き年になりますように !!

まあ、あと、何年と云いますか、何回このような挨拶ができますか、

古希を迎える年齢となります。

老い先が、短くなってきておりまして、先がないのに、

希望を持ってなどと言われても、複雑な思いになります。

しかしながら、人生の先輩が沢山いる訳ですから、

相変わらず、後ろ姿を見ながら、決して追い越すような野心など持たずに、

歩んで行きます。

今日も、笑える何かと会えますように・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村