FC2ブログ

Entries

産直裏話 その6 バックヤードでの涙あり

岩手町道の駅石神の丘の産直の野菜準備室(通称、バックヤード)には、

毎朝、生産者が野菜を持ってやって来ます。

ある日の事、女性同士が会話をしていました。

まあ、日常の普通にある事なのですが、

どうも、話しが静かにシンミリなので、つい聞き耳を立ててしまいました。

で、一人の方が、顔を覆って泣いてるのです。

「ありゃ~・・、何・・・かな・・」
産直裏話 その6 泣く人(女)
「元気出してね・・・、頑張るのよ」

「うん、私・・・、私・・・強く、生きるよ・・・」

片方の人は、Mさんで、どうやら励ましてる風です。

顔を覆ってるのは、S さんのようです。

私は、その場をそーっと、離れて行きました。

何があったのだろうか・・・と、思ったものです。

後日、知り得た事を整理すると、

S さんは、東南アジア出身の方で、この地の農家の嫁になりました。

もう、20年以上にはなるでしょう。

で、産直が出来て会員となり、皆とも友達になっています。

所が、ご亭主が、亡くなったそうです。

それで、あの場の事が、理解できました。

明るい方でね、いつぞやの私が役員をしていた頃の研修で、

秋田県の産直を回っていた時に、

「次、北海道に生きたーーい」

と、言ってたのを思い出します。

「げっ・・、北海道・・、一寸、遠いな、日帰りの研修じゃ無理だな」

などと、思ったものでした。

数年後に、新幹線を利用した北海道の函館への研修が実現しました。

もし、参加していれば喜んでくれたものと思います。

因みに、私はこれには不参加でした。

まあ・・・すね、人の一生は分からないものです。異国の地からやってきて、

暮らすってのは、何かと大変だろうと思いますね。

言葉もね、気候も、食べ物も、この地に合わせなくちゃいけない。

そういえば、彼女は、キャベツの事を

「玉菜」(たまな)

って、言っていたな。

「玉菜が、順調に育ってる」  って。

最近は、キャベツの事をタマナとは、云わなくなったからね、

云うのは我々の年代以上の人達だから、きっと、ご亭主とか家に住む、

お爺ちゃんとかお婆ちゃんの言うのを覚えたのだろうと。

で、あれば彼女は、すっかりこの地の人になっているのだ。


持ち前の明るさで、頑張ってや・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村