FC2ブログ

Entries

隣町の某食堂にて

半月ほど前であったろうか、

隣町の葛巻町へ出かけた時の事です。

町中に産直があって、その裏に食堂がありました。

まあ、何と云うか昔風と云うか一寸材料を集めて建てて店にしたと言う感じではありました。

しかしながら、こういう店が何となく入りやすいのです。

幼い頃、こういう支那ソバ屋があって、街に買い物とか用足しに来て

バスの待ち時間に、立ち入って支那ソバ(ラーメン)を食べる。

そんな光景を良く目にしたものです。

で、私も入って、早速ラーメンを注文して、個人的にそういう雰囲気を、

味わおうとしていました。
時代は変わる
店の中には、婆さんらしき人が一人いて、続いて又婆さんらしき人が来ました。

私にラーメンが出来た頃に、又一人婆さんらしき人が来て、カウンターに座りました。

注文は、コーヒーです。

「おりゃ・・コーヒー貰うは・・・」

てな具合ですね。

他も同じですね。

彼女らに比べれば、私はずっと若い・・、で私はラーメンで、

彼女らとはいえ、どう見ても年配の方々である。

それがコーヒーカップを手にして話を弾ませるのだ。

「ふーむ、店はいいのだが、思いでの雰囲気とは大分違う・・・・・・」

話の内容は、産直に出ていたキノコ、クロカワ(黒きのこ)になった。

「クロが今日は、いっぺえ(沢山)あったな」

「〇〇がよ、採って来たらしい、今年は良く出るらすな」

「ありゃ~よ、酢味噌で食えばウメぇんだな」

「ありゃ保存も出来るし、ふだば帰り買って行くかな」

キノコのクロカワは、私も良く採ったので、婆さん達の話に聞き入った。

そうか、やっぱりこの年代の人達は、クロカワには、愛着があるのだと、

心穏やかになり、ラーメンを美味しくいただいて、店を出たのでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村