FC2ブログ

Entries

コロンとソラの嫁っ子捜し その3 128

ヒロシが農学校へ行くとなると、女の子の人気が急上昇になると、

見た喜太郎です。

学費は、庄屋さんが出してくれる。

これは絶対いい・・・。

「あの庄屋さん、お願いがあります」

「ふむ・・、何かね喜太郎殿」

「あの~・・その~・・、この私も、その農学校とやらに、

行かしてもらえないでしょうか」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 146
ワンワン

「喜太郎・・、なるほど、それはいい考えかもね」

ニヤーン

「喜太郎が勉強すってか」

【続く】

さて、庄屋さんはどうするのでしょうね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コロンとソラの嫁っ子捜し その3 127

ヒロシは庄屋さんに言います。

「オレ、勉強したいです、農業をもっと深く知りたいです、

けど、ウチは貧乏だから行かしてくれないと思います」

「ヒロシ、心配するな学費等の面倒は全て見てやる、

その代わり卒業したら大樹の片腕として働いてくれ」

「本当ですか・・・、ヤッター・・・オレは、農学校へ行く、

大樹さんの片腕に慣れるよう頑張ります」

「よし、ヒロシ、しっかりやってくれ」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 145
傍にいて聞いてた娘達も喜びます。

「ヒロシ君‥、良かったね、頑張ってね」

「ヒロシ・・ばんざーい」

「ヒロシ君・・立派になって帰って来るのをアタシ待ってるわ」

「あらまあ、待つのはアタシよ」

「何言ってんの・・、アタシだって」


ありゃりゃ、ヒロシのもて方が急上昇になっちゃったな。

その姿を見つめる喜太郎です。

【続く】

喜太郎・・、何を考えてるかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コロンとソラの嫁っ子捜し その3 126

ヒロシが庄屋さんから農学校へ行かないかと、

誘いを受けました。

ヒロシは、学校へ行くとかを、これまで考えた事がありませんから、

戸惑います。

「あの・・、何故このオレに農学校などへ・・・」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 145
庄屋さんは、ヒロシに答えます。

「ヒロシ・・・、お前は負けん気が強く頑張り屋だからだよ」

「・・・・・」

「農学校には、各地から若いのが集まって来る、

勉強の教えや研修は知識習得の競争だ、のんびりなどしてはいられないものだ」

「競争ですか・・・・」

「ああ、ヒロシならいい成績を取れる、きっといい指導者になれる」

ヒロシは、庄屋さんの云う事に感動を覚え、体が震えるのでした。

それを横で聞いてる、喜太郎です。

ヒロシが農学校へ行かないかだと・・・・、庄屋の息子が学んでいるらしい。

「学校か・・・・、勉強か・・・、うーん・・・分からない」

【続く】

喜太郎、世の中は動いてるぜ・・、

お前も、立ち上がれ!  てな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







稲コキが終わった

今日は、快晴・秋晴れになった。

稲をコクには最高の日となった。

ハーベスタの出動です。
稲コキ 1
田んぼの乾きは良くはないが、

ハセ掛けのしている辺りは、大丈夫だ。

ハーベスタの各部のセッテングや部品等の確認をし、シートを敷いて準備良し。
稲コキ 2

女房のSが、稲をコキます。
稲コキ 4
女房Sは、稲作作業でこの稲コキは積極的にやるのです。

義母の定位置が、この稲わらを入れる所でした。

DNAがあるのでしょうかね。


終了です。
稲コキ 終了
予想より、かなり早く終わった。

何せ、収穫量が昨年の半分以下だった。

大概の米農家が、今年は豊作で作柄も良いと言ってるのに、

我が家は、半分も満たない。

原因は、分ケツしていない。

雑草だらけになった。

まあ、他にもあるかもしれない。肥料の不足とか。

分からないけど。


まあ、しかし収穫量が少なかったけど、稲作の一年が終わった。

ばんざーい
終わったね
今年も自分で作ったコメが食える。

毎日が、有り難い事です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





コロンとソラの嫁っ子捜し その3 125

庄屋さんの息子の大樹は、新しくできた農学校に行っている。

その大樹から手紙が来たと言う。

庄屋さんは、ヒロシに伝える。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 144
「大樹が言うには、この農学校では実に沢山の事を学ぶそうだ、

将来の夢が、膨らんでしょうがないのだと」

「農業の将来の夢ですか・・・なんだろうな」

ヒロシも考えます。

「まあ、色々組み合わせて多角経営らしいけどな、

一人でやろうと思っても簡単にはできない、

それでな、良き理解者と云うか一緒にやれる人が必要だと言うのだ」

「それで、オレをその農学校に・・・」

【続く】

うーん、ヒロシ・・、どうする。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その3 124

庄屋さんは、ヒロシを呼びます。

「はい、ヒロシです。なんでしょうか」

「うん、あのな・・、お前な、学校へ行く気はないか」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 143
庄屋さんは、突然ヒロシに学校へ行かないかと言いだしました。

「えーー、学校ですか。学校って、何ですか」

「うん、まあ・・農業を教える所が新しくできたんだ、

そこにオレの息子、大樹が入って学んでいるのだ」

「大樹さんは、その農業の学校とやらに行ってるのですか」

「ああ、そうだよ、でだな・・、その大樹から手紙が来てな」

【続く】

ヒロシに思いがけない話が舞い込みましたね。

で、どうなるんだろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コロンとソラの嫁っ子捜し その3 123

庄屋さんに、喜太郎に嫁っ子として紹介する娘は、

いないと言われた喜太郎です。

「あじゃーー・・、オレはどうすればいいんじゃーー」

大きな声を出して叫ぶ喜太郎です。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 143
サクラちゃんが言います。

「ここにいる人は、皆庄屋さん夫婦が、相性などを見て

決めてくれるのよ」

タケシです。

「そうだ、オレ達も、ついこの間、夫婦になっていい家庭を作れって、

言ってくれたんだ、ここでね、働いてる姿を見て選んでくれるんだ」

そうだったのか、それじゃちょいと顔を出しただけの喜太郎は、

無理ってもんだろうね。

ワンワン

ニャーン

「喜太郎・・・、ここ入る娘達は、ダメだよ」

「しょうがないな、あきらめようよ」

【続く】

そうだな、庄屋さんとこで働けば、そういう面倒も見てくれるわけだ。

いいな。ただ、働き具合を見ているわけだから手を抜けないな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その3 122

若い男女がいるのに、一人ぼっちの喜太郎です。

庄屋さんが来て喜太郎に声をかけます。

しかしながら、喜太郎は、割り込んでいけません、何せそれぞれが、

カップルになって、話しに夢中になっているからです。

庄屋さんは、その場を眺めます。

「ほっほ―・・、いい具合だね、まあ、しょうがないな喜太郎殿」

「うーん・・・、しょうがないすか・・・うーん」

唸る喜太郎です。

ワンワン

ニャーン
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 142
コロンとソラが、庄屋さんに寄りつきます。

「ねえ、お願いです、喜太郎は嫁っこを捜しています、

いい娘はいませんか」

「ほれ・・ほれ・・、ここにいない、他の娘さんとか・・・」

庄屋さんは、寄りつくコロンとソラに感心します。

「へーー、君らは一緒になって喜太郎の嫁を捜しているんだ、

エライもんだね」

「喜太郎は、嫁を貰ったら、真面目に働くんだよ」

「これまでは、ヘマばっかりだったけどね」

「喜太郎殿が、嫁をね・・・、残念だがここには、

そんな娘はいないな」

【続く】

ありゃ~・・・ズバリ言われちゃったな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その3 121

嫁っ子を捜している喜太郎です。

娘達が大勢いる、庄屋さんとこにいていいチャンスだったのですが、

何故か外れてしまいました。

「うーん・・・、オレはダメなヤツか」

我が身をじっと反省するのでした。

ワンワン

ニャーン

「喜太郎・・、まあ気を落とすなよ」

「うんだ、あまり深く考えるなよ」

そこへ庄屋さんの夫婦が来ました。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 142
「やーや、喜太郎殿、お一人でどうしました」

「いや、その・・・・、困っています」

「困りごとですか、それは何でしょう」

「娘さんたちと話をしたいのですが、相手がいて、

割り込んで行けないのです」

「そうでしたか、それはそれは・・はっはっは」

【続く】

庄屋さんが、喜太郎の一人ぼっちを何とかしてくれるのかな。

まあ、そんな事はないだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




霜注意報に今度は雨が・・・

天気予報では、今日の未明から雨になっている。

その雨が2~3日続いてる。

こりゃまずい、何がまずいかって、まだ、ハセ掛けの稲が残っている。

稲をコクのに、支障がでる・・・・乾かない、ぬかるむ。

取り合えず、やれる対策で、雨除けをする。
雨対策1

上にビニールかけて、覆うのだ。
雨対策2
これで、どの位の効果があるかは、分からない。

ネットである農家の風景写真を参考にた。

一番は、雨が強く、長く降らない事である。



21日、昨日の事、最後のキノコ採りでの収穫です。

コウタケ
コウタケ

クロカワ
キノコ クロカワ
今年は、この種のキノコが豊作でした。

山の恵み、ありがとうございました。


トラ豆の天日干し
トラ豆の天日干し

花豆の天日干し
花豆の天日干し
今年も、豆を食べて寒い冬を温かくですね。



20日の朝と、19日の二日連続で霜注意報でした。

ピーマンの畑
霜注意報
気温は、2~3℃だったが、放射冷却とやらでっグと冷える。

朝の5時ごろはまだ暗い、夜明け前に行き、敷いてるシートを急いで被せる。

それで、どうだったかと言うと、

少しは退避できたって感じですか。

結局ダメージは受けました。何せ2日連続の強い寒気の通過でしたから。

これで、ピーマンの出荷も終わりかな・・・。




19日、ハウスの中の片づけを始める。
ハウスの片づけ
トマトとミニトマトを今年は、栽培しました。

例年より出きは私としては良かったと思いますが、

売り上げの方は、左程ではありませんでした。

ただ、まあ・・トマト・ミニトマトは、栽培を楽しめますからね。

食べたり、ジュースにしたりできますから。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ









コロンとソラの嫁っ子捜し その3 120

サクラちゃんと話が弾んでいた喜太郎でしたが、

タケシがやってきて、状況が変わってしまいました。

タケシとサクラちゃんは、結婚が決まっていたのでした。

せっかく、嫁っこ捜しに詰め寄った喜太郎ですが、

空振りでした。

ふーん・・・、ならば別な女の人をと、周りを見渡すと・・・・。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 141
れれれれ・・・

みんな、カップルになっているではないか。

これでは、中に食い込める状態ではありません。

喜太郎・・・、どうする・・。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


岩手町川柳会 10月秀句の紹介

岩手町川柳会10月の秀句を紹介します。

今月も、集まっての句会とせず、投句によりました。

従って、席題はありません。

題詠    「拾う」    出題   るみこ

与太郎が大金を掘ろう夢を見る              はつお

一円玉拾って迷う一年生                   満子

幸せな家庭育む拾った恋                   正和

人生の宝物拾って今日がある                るみこ

暗闇で光る石は拾われる                    草

間一髪命拾う事がある                     小草


雑詠   (自由吟) 

秋の陽と遊ぶトンボ指止まれ                  はつお

生きる道錆び行く脳に油さし                   るみこ

五十代まだ燃えているマスクの目                正和

耕運機案山子積んで秋を閉じ                   小草

朝の窓昨日と今日を入れ替える                  草


ブログからの投句を紹介

題詠  「拾う」

トレードは捨てる神より拾う神                       愛

(評)
プロの選手のオフは大変ですね。
良い結果を出せた人は良いのですが・・・・拾う神がいて欲しい。

絵になる川柳

川柳 2年10月 雑詠 恵比寿顔 るみこ
今年は、十年に一度と言われる大豊作でした。
滅多にお目に掛けないマツタケなども、お裾分けがきましたね。
「あ~ぁ・・・いい香り」


川柳 2年10月 雑詠 トンボ はつお
秋が深まって来ると、トンボが飛び交います。
「ほれ! この指で一休みしろ」
などと、ついトンボめがけて指を伸ばしたものです。


川柳 2年10月 「拾う」 はつお
さっぱり、仕事ができないグータラな息子、
「そのうちなんとかなるだろう・・・」と言ってウン十年が過ぎてしまった。


川柳 2年10月 「拾う」 小草
幼い頃は、よく叱られましたね。
それに、当時のご飯は、ボロボロだった。その都度炊いてる訳でもないから、
猶更です。
しかしまあ、それでもご飯となると、夢中で食べるから、顔にもご飯粒を、
つけたりしてね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コロンとソラの嫁っ子捜し その3 119

タケシは、サクラちゃんの隣に座りました。

「お! コロン、相変わらず利口そうだな」

「デヘェヘェ、調子いいんだから」

「なあサクラ、オレ達が所帯を持ったら、コロンのような犬でも飼うか」

「あら・・、まあ、そりゃいい事」

サクラちゃんも、あいずつを打ちます。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 140
それを聞いた喜太郎です。

「え!  所帯を持つって・・・」

「ああ・・、まあね、オレたちは結婚する事が決まってんだ」

「な・・な・・なんと・・・そ・・それは」

喜太郎、次の言葉が出てきません。

「わっはっは・・、こうなったら早めに祝言を上げるか、なあサクラ」

「あらまあ、どうしましょう」

「じゃないと、喜太郎に持って行かれるからな・・、ワハッハハ・・」

「それじゃ、庄屋さんに言わないとね」

「ああ、お願いしに行こうぜ」


【続く】

ああ・・、タケシとサクラちゃんは、決まってたんだな。

喜太郎、残ねん。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その3 118

喜太郎の隣に座って、話しが咲き盛り上がるサクラちゃん。

喜太郎が、嫁っ子にサクラちゃんのような明るい人がいいと、

言いだすと大笑いです。

そこへ、タケシがやってきました。

「おい、サクラ、随分面白そうだな、喜太郎と何を話しているんだ」

「喜太郎さんがね、アタシみたいな明るい人を嫁にほしいだって」

「何・・、サクラを嫁に・・だって」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 139
タケシの顔色が変わりました。

「何ふざけた事を言ってんだい」

「「まあまあ・・、そこに座りなさいよ・・、面白いんだから」

タケシも、この席に加わりました。

【続く】

さて、今度は3人か、少し密になるかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その3 117

喜太郎の隣にいるのはサクラちゃんです。

どういう女性が好みかと聞かれたのですが、

どうも、分かりません。

「ほら、活発な人とか、物静かな人とか、いるじゃない」

「うーん、そんな事考えた事無いな」

「あら~・・まあ、嫁っこを捜している割には無頓着ね~

変わったお方」

ワンワン

「喜太郎・・、おまえ、しっかりしろよな」

ニャーン

「そうだよ、自分の嫁になる人だろう」

「うー・・・そうか・・・どんな性格か・・」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 138
喜太郎は、どんな娘が良いのか、考えました。

そして、サクラちゃんに詰め寄ります。

「ボクは、サクラちゃんみたいな人が、いいです」

「えーー、何を言ってんの…急に」

「いやその・・・、ボクは、サクラちゃんのような明るい人がいいのです」

「オッホッホホ・・困ったお人、 あらタケちゃんが来た」

【続く】

サクラちゃんに、詰め寄る喜太郎だね、

うーん、いきなり頑張るね。

そこに来たのが、タケちゃんだから、タケシか。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





岩手町川柳会 10月句会

岩手町川柳会、10月の句会は、先月に続き投句で行いました。

各人3句を投句し、会員全員による、秀句選出としています。

今月のお題です。

題詠   「拾う」   出題   るみこ

雑詠   (自由吟)

編集が終わりましたら、秀句を紹介いたします。

川柳の好きな方からの、投句をお待ちします。

投句は、コメントにて受け付けます。

句は、秀句紹介時に合わせて紹介を致します。


さて、10月も、半ばになってきました。

コロナ過の中、秋が深まります。

今朝の岩手山
岩手山
そろそろ、冠雪となります。

今朝は、霜注意報が出ていて、冷え冷えとしたピーマン畑
ピーマン畑2
気温が2℃位まで、下がった。

霜が降りるギリギリの所だった。

トラ豆のアングル
トラ豆
大分葉が落ちて来た。

実も乾いてきたようだ。
トラ豆2

花豆のアングル
花豆

乾いた実、サヤですね。
花豆2

乾いたものから順次収穫をします。
花豆3

金時豆の畑
金時豆引き
豆引きをしました。

雑草がひどいですね。



小豆畑
小豆
まだ、葉が落ちてないです。

今日みたいに気温がグッと下がると一気に落ちます。


黒豆の畑
黒豆
黒豆もまだ元気ですね。

クルミ
クルミ
今年、収穫した分ですね。

結構拾えました。

この時期は、秋仕舞いで、忙しくなります。

いい天気が続いて欲しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







コロンとソラの嫁っ子捜し その3 116

喜太郎のいる所へ、女衆が集まって盛り上がったので、

男衆が気をもみ、合流してきました。

同じ地域に住む間柄なので、顔なじみだしすぐに話が弾みだしました。

そして、それぞれが、気に入っていると云うか、気にかけている、

人の所へと行くのでした。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 137
喜太郎の隣にいるのは、サクラちゃんです。

「ねえねえ・・、喜太郎さんは、どう言う女性が好きですか」

「えーー、ボク・・ボクですか・・・どう言う女性って、うーん・・、

いや~・・参ったね・・はっはっは」

喜太郎は、女性と、これまで、面と向かって話などする機会が無かったのですが、

何故か、自信がついています。

この調子だと、もしかして・・、この中から嫁っこになる人を見つける事が

できるかもしれません。

【続く】

うーん、誰が喜太郎の嫁になってくれるのかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



稲刈り、ようやく終了

昨日に続き、稲刈り作業をする。
上の田
板を敷いて、刈った。

ようやく終了
稲刈り終了
まあ、なんとかスッキリする。

稲のハセ掛け
ハセ掛けの量が少ない
これで、天日干しするけど、

稲ワラの量の少ない事ヨ。

これだと、昨年より、大分収穫量が減るね。

原因は何かと考えるに、雑草に、負けた。

分ケツできなかった。

田んぼを復活させた年が、一番良かったね。

ハセを4カ所に植立させて、それに一杯掛けたからね。

これだと、カホカホ・・・・・。


さて、ここはピーマン畑
ピーマン畑
田んぼが終われば、ここに来て、ピーマン取りですね。

もう、終盤に入りました。

霜に降られると、アウトです。

何とか、持ちこたえて今月一杯収穫できればいいのですが、

まあ例年20日あたりで限界です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


幻のキノコ、コウタケが採れた

キノコ採りも、終盤を迎えている。

そして、見つけたキノコが、幻と云うかマツタケを超える美味しさと、言われる

コウタケを見つけた。
コウタケ
今年は、マツタケも、採れたし、

キノコ運が良いのかな。


キノコ採りが終えたら、農作業が待っている。

まだ、途中の稲刈りです。
上の田
上の方の田、バインダーが入れない所ですね。

手刈りで、何とか作業を進めますが、ぬかるみは、ヒザカブまできますからね。

長靴がずっぽり入って、抜け出せなくなって、

思わず手をついたり、ばったり倒れたりして、

悲惨です。

下の方の田
下の田
こっちも、刈り残しがあります。

何せ、昨夜も雨が降り、さらに、ぬかるみましたからね。

少しづつ、作業を進めていると、カマキリがいるではないか。
カマキリ
何処かに卵を産んで、

最期の別れに来たか。

うーん、良き日々を送れたかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





誕生日でした

10月12日は、私の誕生日でした。

69歳になりました。

だからどうしたという事は無いのですが、

この年になって、改めて誕生日と言うのを意識し始めたと云うんですかね。

現役と云うか、仕事している時は、全く関係なく過ごしてましたし、

これと言って祝う問う事もなかった。

という事で、一人乾杯をする事にして、

缶ビールを飲んだら、眠くなって横になってたら朝になっていた。

69歳の誕生日は、それで終わった。
誕生日だった
それで、誕生日の翌日になったわけだが、

この1年は、60代最後の年になる。

そう思えば、貴重な一々になる。

1秒足りとても、無駄にはできない。

あれもしたい、これもしたい。

あれもやろう、これもやろう。

あれもしなければ、これもしなければ。

うわーー・・、こりゃ~・・大変だーーー。

と、思っても体が動かない。

目は老眼、歯は半分入れ歯で、

物は見えない、食い物は柔らかい物だけになっている。

腰の痛みは増してきていて、すぐには動けない。

散歩では、コロンの走りについていけない。

あ~・・、60代最後の年の最初の一日が始まる。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コロンとソラの嫁っ子捜し その3 115

ヒロシ達が、喜太郎と娘っ子達がいる席へきました。

「さて、ここにムシロを敷いてと・・」

「ここに、座ろうぜ・・」

「じゃアタシは、こっちへ来るね」

ウメちゃんが割り込んできました。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 135
「ユウゾウさん、久しぶり・・」

「あ! いや・・どうも」

「この前の、相撲大会ガンバってたね」

「えーー、まあお陰様で優勝できました」

「トメキチさん・・、立派な炭小屋作ったね」

「いや~・・そんな事無いです」

「ヒロシ、相変わらず元気がいいね」

「え! オレっすか・・・、おかげさんで体は丈夫ですから」

対面で座ると、早速会話が始まりました。

話題は、喜太郎から地元の若い衆へと移りだしたような感じです。

【続く】

会話ってのは、いいですね。

新たな恋の始まりもあるだろうし・・。

コロンとソラの嫁っ子捜し その3 114

喜太郎が、娘っ子達に囲まれて、盛り上げっているのを見て、

やきもきする男衆です。

ヒロシがサクラちゃんに、物を申すと、

仲間に入ればいいじゃないと言われたものだから、

嬉しくなって、早速席を立ってやって来ました。
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 134
「喜太郎、オレ達もそこへ入れてくれや」

喜太郎です。

「おーー、ヒロシ、ユウゾウ、トメキチ・・、ワハッハ・・・、

ここ、ここ・・、一緒に語ろうぜ、そうだ、ムシロをここへ持ってこいよ」

「う・・、ムシロ・・、うん、分かった」

【続く】

何か、喜太郎に押されているな、

頑張れやヒロシ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その3 113

喜太郎が、娘っ子達に囲まれて、

話が弾むのを横目で見ていた、若い衆の気は

落ち着きません。

ヒロシがサクラちゃんの所へ、行きます。

が、何と言って声をかけて良いのか、戸惑っていまいます。

サクラちゃんが、気難しい顔をして立っているヒロシに声をかけます。

「ヒロシ、何してんの、そんな怖い顔して」

「いや・・その・・・あの・・・」

「あんたがたもさ、そっちの方で固まってないで、

ここに来なさいよ、折角なんだから」

「えーー、いいの・・・」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 133
「いいのって・・、いいんじゃない、さあさ~・・・みんな集まって」

「ほんとう・・、う・・うれしいな・・・そうする」

【続く】

ありゃ~・・、若い男衆も合流するか。

いいねぇ・・オレもそこへ行きたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラの嫁っ子捜し その3 112

喜太郎が、嫁っ子を捜していると、

聞いた娘たちは大いに盛り上がります。

「喜太郎・・・・あたしたちは、ここでね、仕事を手伝いながら

お嫁に行くための習い事をしてるのよ」

「嫁を取るなら、この中から選んだほうがいいわよ」

それを聞いた、喜太郎大喜びです。

「えーーー、そりゃ~・・・いいーーー」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 132
「でもさ、サクラちゃんは、ダメよ、もう決まってんだから」

「あ、・・・そうなの」

「そうよ、タケシとね」

「まあ、残る3人の中で、器量がいいのは、アタシだね」

「キクちゃん、何言ってんの、アタシだよ」

「ウメちゃん、ずるい・・・アタシだって、負けてはいないよ」

キヌちゃんもアピールをします。

こりゃ~・・、喜太郎モテモテだね。

そこへヒロシが声をかけました。

「あら、ヒロシ・・・難しい顔をして、どうしたの」

【続く】

さて、男衆の登場だね。

ヒロシが一番手かな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コロンとソラの嫁っ子捜し その3 111

両手を使えない喜太郎に、娘っ子達が集まって、

賑やかな会話が弾みます。

喜太郎の側には、コロンとソラがいます。

さて、それを見ている、若い男衆は気が立ってきました。

「おい、ヒロシなんだって、喜太郎のとこに、女達が行くんだ」

「うーん、分かんねぇ」

「気になるな、何の話で盛り上がってんだい」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 131
「そういえば、アイツ嫁っこを捜して歩いてるって言ってな」

「もしかして、口説いてんじゃないだろうな」

「くそ~‥、よそ者のクセに、何様だと思ってんだ・・、

腹立つな・・・・」

「おい、どうする」

「どうするって」

「だからさ、喜太郎にほれ、ウメちゃんをとられたりしてさ」

「キクちゃん、キヌちゃんだって、分かんねぇぜ」

「えーーー・・、まさか、喜太郎に、笑わすんじゃねぇよ」

「そうだよ、女心は分からんぜ」

「うーん・・・・」

【続く】

喜太郎を囲む女衆だからね、そりゃ男衆としては、

気になって来るよな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ついに、マツタケを取ったぞー

今年は、この時期になって、マツタケが豊作になっています。

沢山取れるなら、私ももしかしたら、取れるかもも

と、いう事で松林の山へ・・・。

やりました。見つけました。当たりました。

喜んで収穫・・、そして慌てて写真撮影です。
まつたけ 発見
頭の部分が地上に出ていました。

この位の小ささだと、なかなか見つけることはできません。

ラッキーでした。

本日の今朝のキノコ採りの成果です。
今朝の収穫分
マツタケ9本に、ハッタケ、サクラシメジでした。


マツタケを自らの手で収穫するのは、久しぶりですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


渡り鳥が飛んでいく

本日も日常を発信します。

一昨日(3日)の夕方に、渡り鳥が南の方へ飛んでいくのを見ました。

作業をしていると、天から声が聞こえて来た。

ホゲェ ヤゲェ ヒゲィ ・・・・

何だろうと見上げると、渡り鳥だった。
渡り鳥飛んでいく
「ありゃぁ~、もうそんな時期かい」

ほかの鳥達より先に来た集団であるか。

まあ、先に行って良い場所を占領確保する戦法かもしれない。


小屋の周囲にある栗の木
栗の木

カッチャが、開き始めた。
栗の木 2

栗をゲット
栗

これも、小屋の前にあるアケビのツル
アケビ 1

少量ではあるが、いい具合に開いていた。
あけび 2
秋の味覚、今宵も楽し・・・、ですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

稲刈りが、出来ない

稲刈りの準備を、9月末からしているのだが、さっぱり捗らない。
稲刈り準備 2
田んぼが乾かない。

雨の精でもあるが、雑草が一面に生えているので、

猶更乾きがたくしている。

少しでも乾くようにと、要所を手で刈っている。

端の方に溝を掘って排水の処置もした。
稲刈り 準備1
幾分いいようではあるが、思うほどではない。

ココの中ほども、刈ったがズボズボと長靴が入って作業が実に、

大変だった。
稲刈り準備 4

で、まあ昨日、コンバインでの刈り取り作業を開始した。

下の田の方から刈る。
IMG稲刈りを開始
一週目は、何とかなったが、2周目でズボズボとハマってしまった。

いわゆる亀の子である。

参ったね。


で、まあ自力で処理しないといけないので、

ミニバックホーを持ってきて、何とか引き上げる事ができた。
脱出
ミニバックホーも、結構沈んだ。

どうも、ヤバイ・・・、で作業を中止した。

天候が少しでもいいことを祈るのであるが、

本日は朝から霧雨で、昼過ぎからは、時折小雨となって、

作業は当然できずでした。

稲作開始以来、年を追うごとに水はけが悪くなってきている。

老いた身には、堪えるね。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



秋の味覚、きのこが盛りになってます

本日は、小話を休みまして、日常をお伝えします。

朝晩の冷えが一段と感じられるようになりました。

長袖のシャツ類を、急いで出して着たりしてます。

さて、秋はキノコですね。

例年9月に入ると出始めるのが、全くダメだったのが、

ここに来て、盛んになってきました。

特に生えてるのが、ホウキダケです。
ほうきだけ 1
私も、朝取りで収穫してきます。

これまた、見事なホウキダケを見つけました。
ほうきだけ 2
ホウキダケは、昔から食されてたようです。

私も、幼い時から食べましたので、

この味は、忘れません。取って来たら自分で、油炒めなどをします。

他の野菜と合って、美味しいのです。



岩手町の産直、石神の丘には、「マツタケコーナー」があります。
道の駅 まつたけ
マツタケの人気はやはりすごいですね。

お客さんの人だかりで、次々とやって来ます。


私も、この時期ならのホウキダケを、キノココーナーに出品です。
店内販売 ほうきだけ
他に、今取れるのは、

サクラシメジ、ハツタケ、アミダケですね。

クロカワ(黒いキノコ)、ラクヨウ、大シメジ、ハタケシメジなども、

並んでいます。

いいですね。明日取れるといいんだけど・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラの嫁っ子捜し その3 110

喜太郎の所へ、娘っ子達が集まって、

ワイワイと、おしゃべりをします。

「喜太郎‥、手はまだ痛い」

「ウ・・い 痛い・・、ウ・・ほんの少し・・・」

「あら~ん・・そう、可哀そう」

「早く良くなってね・・喜太郎のお兄さん」

「え! ・・お兄さん」

「あら~ん・・お兄さんでいいんじゃないの・・ねえ~ん」
コロンとソラの嫁っこ捜し その3 130
ありゃ~・・喜太郎、モテモテになって来たんじゃないの。

ワンワン

ニャーン

「あのさ、オレ達は、喜太郎の嫁っこを捜してんだよ」

「そうだよ、誰か喜太郎の嫁っ子になってよ」

こりゃまた、単刀直入にコロンとソラが言ったもんだね。

「あらら・・そうなの、喜太郎の嫁にね・・・・」

【続く】

こりゃ面白くなりそうだね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村