FC2ブログ

Entries

平成の終わりの日々

4月25日(木)

我が集落後に春の訪れ「コブシ」の花が咲きだした。
コブシ咲く
コブシの花を「白桜」と呼ぶ人もいる。

その位、見事に真っ白な花が咲く。

タバコ畑のマルチが施された。
タバコ畑のマルチ
畑の作付け準備で早いのが、葉タバコ農家である。

行者ニンニクは順調に生育している。
行者ニンニク1
これは美味しい山菜の一品ですからね。

誰よりも多く味わえる事が、うれしい。

4月26日(金)

農道の補修をする。
道路補修
春先は、道路が荒れているのです。

凹みがあちこちで来てます、道路工事で余った砕石を

貰えるという事で、運んで補修をする。


4月27日(土)

天候が急激に悪化、気温が下がり雨から雪交じりのミゾレとなった。
ミゾレ
4月の末に、雪が降るとは、イヤな予感だね。

冷害の予兆かも‥‥、だとすると「令和」元年は厳しい幕開けとなる。

まあ、こんな事を考えるのは、オレだけか。

天気が悪いから、一戸方面へドライブへ行く。

小繋の「里やま市場」で一休みする。
産直小繋
ここは、大きなストーブに当たりながらカラオケなどもできる。

4月28日(日)

快晴になった。

雨が降った後だから、清々しい。

我が家から、岩手山が見えるのです。
岩手山を望む
こんな日は、しっかり見えるのですが、

頭の部分なので、この写真じゃわかりづらい。

望遠で撮影すると、ほら、しっかりわかります。
岩手山を望遠で
昨日のミゾレは、岩手山は雪が積もったようです。

午後は、T会の八幡平支部の総会でした。
岩鷲総会2 ペ
支部は今年、行事担当なので何かと忙しくなりそうです。

で、総会後の懇親会です。
岩鷲懇親会 ペ
この支部の恒例となっている自己紹介スピーチ。

新会員などは自己紹介で、人柄を知ることが出きます。

常連と云うか古手の人は、近況を語るのですが、

これが、長話になるのです。

私なども、その口で前回は途中で止められたので、今回はほどほどにしときました。

足りない分は、酒を飲みながら語りました。

この日は、遠い場所なので送られて、真っすぐに家に帰りました。

2次会は無しです。

4月29日(月)

産直の品出しは、行者ニンニクが主です。
産直コンテナ
行者ニンニクで、精をつけて、これからの作業を、

頑張らないといけませんから・・・。

4月30日(火)

本日で、「平成」が終わる。終わるのが分かっていると、

何かとセワシイ。

感慨にふけったり、反省したり。

テレビ・ラジオも、平成の話題を取り上げる。

歌・曲も、そのような物が流れる。

「へえーー、そうだっけか」

などと、思うのだ。

まあ、日常は変わらない、産直に品出しに行く。

先日建てた苗用のテントに、苗が出てきていた。
産直苗売り場
私も、そろそろ出そうか・・・。

まあ、慌てる事も無いだろう、連休後半からかな。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



ソラとコロンの旅 第2編 その28

ソラとコロンの旅 第2編 その28

池の怪物が、大きな姿を現して、その恐ろしい姿にシカ達が逃げて行きました。

ソラとコロンと、ツッチー達は、怪物をやっつける方法はないかと、

思案をしています。
ソラとコロンの旅 28
そして、あることを考え出しました。

ツッチー
「ソラよ、モグラとネズミに頼んだ、穴掘りはどうなっている」

ソラ
「概ね終わってるはずだよ」

ツッチー
「よし! それでやってみよう」

コロン
「何を・・・」

ツッチー
「予定通り、池を決壊させるのさ」

ソラ
「え! やるかー」

ツッチー
「ああ、まずは池の水がどのくらい流れるかだな、

半分まで下がれば、怪物の頭ぐらいはでるだろう」

ソラ
「分かった、モグラと、野ネズミの所へ行ってみるよ」

ツッチー
「ああ、頼むぜ」

ソラは、モグラと野ネズミを呼びました。

そして、穴の状態を聞きました。
ソラとコロンの旅 30日
モグラ
「穴かい・・、完ぺきさ」

野ネズミ
「オレ達にかかったら、こんな池なんかすぐに潰してやるぜ」

ソラ
「そりゃ~、頼もしいな」

モグラ
「このツナを引っ張ると、何時でも池の水は流れていきまっせーー」

ソラ
「よし、分かった・・、そのまま待っていてくれ」

野ネズミ
「よーし、面白くなるぞ・・、久しぶりだぜ

こんな大きなしごとは」

モグラ
「全くだ、興奮して来るぜ、なあーーみんな」

モグラ
「オオーー」

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



最近の事

4月21日(日)、地域の振興会の総会がありました。

総会終了後の懇親会です。
31年総会 1 pe
地域の人との顔合わせができる場ですね。

この日も、酒が結構回りましたね。

まあ、色々話が弾めば、酒の量も増えます。

この日は、結局アウトでした。


畑に植えている、行者ニンニク
行者ニンニク
成長が、鈍いですね。

行者ニンニクの、美味さに魅せられて、栽培をして、

かれこれ、10年にはなりますか。

これを食べて、元気をつけます。


カタクリの花
カタクリ
このピンク色が、何とも言えないです。

数を増やそうと、努力をしていますが、増えません。

じゃ努力は、何をしているのかと云うと、

特にしていません。

通り道の草を刈ったり、するだけです。


マカジャ沢の工事
工事
なかなか、捗りません。

こうしているうちに、畑仕事が入ってきますから、

どうにもならない・・。

少し道を広げるだけなのですが、坂道を削ったりするので、

土砂が結構出るのです。

これを、運搬排出がなかなか捗らない。

それに、切り倒した木の枝とか、ブッシュなどの

処理が簡単じゃないのです。

その場で、燃やせればいいのですが、

野焼きは、禁止されてますし。

又、道路のすぐ側なので煙が、道路に流れて、交通の邪魔と云うか

視界を遮る事も考えられますしね。

万一事故でも起きれば、大変ですし。


リフォーム工事中の部屋
室内リフォーム中
屋根裏、玄関と終わって、居間の壁と天井の下準備となっている。


この部屋に、パソコンを置いて、ネットとかをしていますが、

作業の邪魔にならないよう、移動します。

しばらく、辛抱ですね。

ここは、明日には終わるだろう。


4月23日(火)の夜明け
4月23日夜明け
05:10頃の撮影、逆光なので、暗いようですが、実際はもう少し、

と、言うか大分明るい。

今は起床が04:30で、休憩後、犬のコロンと、

朝の散歩をします。

で、この時間に朝日が昇り出してくるのです。

コロンとの散歩が終われば、軽トラに載って畑に行くと、

言う日常ですね。

来月の中頃には、又少し起床時間がはやくなります。

その分、夜早く寝るという事になります。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



今年も鶯の声を聞く

4月の半ばになった。

幾分、緑の草が出てきた。

例年より遅れているような気がする。

桜の開花も、遅くなるような気配ですね。

ここは、ハウスがあり、私のメインの畑です。
ハウス
昨年、片づけが出来なかった、ピーマンの残渣をようやく処理しました。


山の方から聞こえてくる、

ホーホケキョの鳴き声・・・。

鶯ですね。
鶯の声を聞く
これを聞くと、ああ春が来たな、と思いますね。

他に、いろいろな鳥もいる訳ですが、

鳴き声を出すのは少ないです。

キジは、時折、ケーンなどと、叫びます。

山バトは、ドット・・ドドッドー などと、不気味に泣きますね。

あとは、カラスにスズメですか。

まあ、みんな春が来たと喜んでいるのだろうとね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



タイヤ交換に、テント立て

週間天気予報によれば、気温もあがり、

もう、雪が降る事はないだろうと・・・。

で、朝一番の仕事はタイヤ交換でした。
タイヤ交換
なんかね、朝日がぎらついてきて、この後気温が、

一気に上がっていった。

こういう急激な変化は、どうもね・・、体力がついていけない。

長袖とか着ているのだが、汗ダラダラになる。

まだ、半そで類を出してないのだ。

で、夜などはバッチリと、気温が下がるからな。


今日の午後は、産直でテント立てをやるから、応援ボランテア募集とメールが

来たので、行った。
テント立て1
苗の販売用のテント張りである。

昨年は、私も山菜の苗の出したからね、今年も準備して、

出そうと思っているから。

産直の組合員の応援数は、それほどでもなかったな。

レジの女性陣が奮闘していた。

直接、苗を見ているので、レイアウトも彼女らの言うとおりにする。

やく時間で、テント立てが終わった。
テント立て 2
早ければ今度の土日あたりから、苗の販売を始めるのかな。

ホームセンターでは、キャベツ・ブロッコリー、絹さや、スナップエンドウ等の苗が、

並んでいた。

地元の農家が作る、野菜苗も、産直として、頑張っていいものを出さないといけない。

まあ私は、「行者ニンニクの苗」が主体ですけど。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



背が縮む

町の健康診断があり、受けた。
健康診断 ペ
毎年この時期にあり、それなりに意識して望んでいる。

まあ何かというと、メタボ気味の体を、少しでも標準に、

しようと、言うことで、食事とか運動とかを、

やったりするのである。

まあ、しかし、結局変化はない。

で、記録を見たら、身長が大幅に下がっていた。

166.9cmである。

4~5センチも縮んだ事になる。

驚いたね。

体重は逆に少し増えていたけど。

いや、身長が低くなっているので、かなりオーバーになるのかもしれない。

70歳を前にして、こんなに、背が縮むなんて・・・・・。

先輩方をよく見れば、やはり、かなり背が縮んでいる。

お互い縮んでいるので、見た目、分からないだけだ。

80歳となったら、どうなるんだろう。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



岩手町川柳会:4月の秀句を紹介

岩手町川柳会、4月の秀句を紹介します。

今月は、新元号の発表とかがあって、何かと話題になりました。

80歳前後の人にとっては、大正・明治は、父母、祖父母の

時代であって、何かと口にしてきたのです。

そして、昭和、平成、令和ですからね。

それぞれの元号に思いが詰まっていると云う気がします。

まあ、新しい時代の幕開けとすれば、楽しみです。

それでは、秀句を紹介します。

席題  「忘れる」

忘れろと思うが為に苦労する           KM

忘れても前頭葉の刺激良し            SM

九州へ届けてあげる忘れ物            MS

介助犬育ての親を忘れない            MS

忘れたい忘れたくない海行かば         MS

災害が忘れる前に起きている           TH

あれそれで分かり会えてる老人会        YK

題詠  「吹く」

大好きな父の草笛早春譜              SK

吹くは吹く まじめな顔をしてほらを吹く      KM

ハモニカを吹いて帰らぬ夫想う          YK

ハーモニカ 吹いて輪唱遠足日          NR

総入れ歯では 口笛が吹きにくい         MS

風下であの娘の香り待っている           TH

拉致家族優しい風を待っている           MS

鉄路から浜復興の風が吹く             YK

悲しいが運動ゼロの肺活量             SM

雑詠   (自由)

ユーモアがこの場なごます風になる        SK

脱ぐ人の性格のまま並ぶ靴             MS

ゆっくりと命を知ってか花時計             SM

絹ずれの音でわびさびかもしだす          KM

桜と雪 共演となるこの天気             SK

もったいない石油にたよる春の冷え         YK

女には定年がない水の音               MS

温室で世間も知らない花が咲く            SM

漬物の旨さおかずもいらぬ飯            NR

寄り添いてネコまんまにして共に食う       TH


川柳好き、ブログからの投稿句を紹介します。

席題  「忘れる」

ボケが来た 忘れた事も 忘れてる         愛

題詠  「吹く」

政界に 新風吹かす 最初だけ           愛


今月の絵になる川柳です。


川柳 31年4月 吹く風下 はつお作 ペ
「吹く」の題材での句です。高齢と呼ばれる年齢なのですが、

このような句を詠む・・・、気持ちは若いのです。


川柳 31年4月 ネコまんま はつお作 ペ
食事をしていると、すり寄って来るのです。猫なで声など出されると、

ネコまんまにして、一緒に食べるのです。



川柳 31年4月 水 草作  ペ
日々の生活に、かかせない食事、母とか奥さんには、お世話になります。


川柳 31年4月 忘れる 愛作(ブログ) ペ
老いの実感として、忘れるがありますね。出かける度に忘れ物を取りに

戻るのです。この回数が増えて来る。全く自分でもあきれてしまうのです。


さて、本日も当ブログのご訪問、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






     



ソラとコロンの旅 第2編 その27

ソラとコロンの旅 第2編 その27

怪物が池から姿を現して、シカ達は恐れをなして、

逃げ出してしまいました。

ソラとコロンにツッチーは、木の陰に隠れて、様子を伺っています。
ソラとコロンの旅 第2話 27
ツッチー
「それにしても、バカでかいな」

ソラ
「あんなのが、いるんだね」

コロン
「まったくだ、バケモンだよ」

ツッチー
「シカ達が、皆逃げたようだな、どうするか」

ソラ
「オレ達も、逃げようよ見つかったら危ないよ」

コロン
「食われちゃうからな」

ツッチー
「うーん、このまま、逃げるのもシャクだな」

ソラ
「そーだな、折角準備したんだもんな」

コロン
「でもよ、怪物が出ている池に近づくのは無理だぜ」


あの怪物を、退治しなくてはと、思うのでした。


ツッチー
「そうだ・・、こうしよう」


ソラ
「え! 何かいい案が浮かんだかい」


【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ソラとコロンの旅 第2編 その26

ソラとコロンの旅 第2編 その26

池の怪物が、現れました。

それはもう、とてつもなく巨大な姿でした。

まるで、天を突くようです。

池の周辺にいたシカ達が、驚き一斉に逃げ出しました。

「こりゃまずい・・、逃げろーー」
ソラとコロンの旅 27
「逃げろーー逃げろーー」

てんでんばらばらに散ってしまいました。

ソラと、コロン、ツッチーも、岩場の陰に避難をして、

怪物の様子を伺っています。

ツッチー
「ソラ、コロンこの場を離れるなよ」

ソラ
「こっちへ来るんじゃないかな、そしたらどうしよう」

コロン
「見つかったら、いちころだぜ」

怪物は、ゆっくりと、辺りを見回しています。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




岩手町川柳会、4月定例会

岩手町川柳会、4月定例会が、本日ありました。

月1回ですけど、早いものです。

今回の出席は6名でした。

3月に「絵で楽しむ川柳展」を開催し、その効果として新たな会員の

入会があるかなと、期待したのですが残念ながらありませんでした。

まあ、若干の情報は入ってるようなので、期待します。

さて、今月のお題です。

席題   「忘れる」

題詠   「吹く」

雑詠   (自由)


編集が終わりましら、秀句を紹介します。

川柳の好きな方、コメント欄にて投句をお待ちします。

秀句発表時に合わせて句を紹介させていただきます。

3月「絵で楽しむ川柳展」の展示作品の一部を紹介します。

絵川柳展 31年 台風 小草 20年9月作 ペ
孫は可愛いんだけど、目の前にいると落ち着いていられないのです。


川柳 31年 展示作品 毒 満子作 ペ
褒めれているのかな、と思ったら違ってた。まあ、何時もの事だけど。


川柳 31年 展示作品 20年1月作 春 ペ
冬の後半に雪が降ると、こういう気持ちになります。


川柳 31年 展示作品 20年5月作 ドラマ ペ
皺が出来たね~・・、苦労を掛けたからな・・、ごめんね。


川柳 31年展示 カッパ 一覚作 22年7月 ペ
川で泳いでいた幼き頃、河童みたいな泳ぎの上手い子がいたね。


川柳 31年展示 幸福 初雄作 22年6月 ペ
幸福行の切符が、あるけど、そこに幸福があるのだろうか。

本日も、当ブログを訪問、ありがとうございます。

今後とも宜しくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ソラとコロンの旅 第2編 その25


ソラとコロンの旅 第2編 その25

池の怪物が、池周辺の異様な音に気付き、

様子を見に上がってきました。
ソラとコロンの旅 第2話 24
水面近くに何か浮いてるのがあって、

顔にべとべとまとわりつきました。

「何だ・・・、これは」

怪物が怒り出しました。

「おのれーー、このオレに対しなめた事をする奴はーー」

ついに、池から這い上がりました。
ソラとコロンの旅 第2話 25
それは、もう大きく、まるで入道雲のようです。

それは、辺り一面からも、見る事が出来ます。
ソラとコロンの旅 第2話 26
「おーー、あれを見ろーー」

ソラとコロン達も、怪物の姿を発見しました。

それは、もう想像を超える大きさです。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ソラとコロンの旅 第2編 その24

ソラとコロンの旅 第2編 その24

怪物を退治する作戦を開始して1週間が経過しました。

ソラとコロン、ツッチー、シカ太郎達が、池の様子を見に来ました。

ツッチー
「どうだ、池の様子は」
ソラとコロンの旅 第2話 23
シカ太郎
「逐次、ウンコはしていますが、何せ池が大きいから、

ここからでは、目につきませんね」

ツッチー
「コロン、木の枝は集まったか」

コロン
「えーー、結構集まりましたよ、もうこの辺りには枝とかはないから、

範囲を広げて拾ってます」

ツッチー
「ソラ、穴掘りはどうだ、うまくいきそうかな」

ソラ
「もう、大分堀ましたよ、この分だと決壊も、すぐできそうです」

ツッチー
「水路変更の道づくりは、どうだね」

シカ太郎
「ええ、なんとか・・、堅いとこがあるんで、そこは重点的に走らせてます」

ツッチー
「そうか、どこから攻めるか・・だな」



さて、池の中では怪物が、目を覚ましたのです。

何時もなら、森の池なので、静まり返ってるのですが、

時折、何かが走り回る音がするのです。

「おかしいな・・・、こんなトコを走るなど、するわけがないのだが

このオレ様をおそれない奴がいるとは・・・

誰だ・・それは」

ソラとコロンの旅 第2話 22
怪物は、池の上えと背を伸ばしてみました。

「ふにゃ~・・、何だプカプカ浮いてんのは、

もしかして、ウンコか・・・、

わーー・・・何もんだーーーー」

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ソラとコロンの旅 第2編 その23

ソラとコロンの旅 第2編 その23

シカ達は忙しく走り回ります。

水路を変更するための経路作り、池にウンコ、枯れ木集めです。
ソラとコロンの旅 第2話 20
池の周りは、絶えずシカの姿が見え隠れします。


池の怪物が異変を感じたようです。

「何かおかしいな・・、何かが走ったりしている音がする、

今まで、こんな事はなかったな・・・」
ソラとコロンの旅 第2話 21
怪物は起き上がり、様子を伺おうとします。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ソラとコロンの旅 第2編 その22

ソラとコロンの旅 第2編 その22

ソラは、モグラと、野ネズミを現地に誘導し、穴を掘る範囲を示します。

ソラ
「いいか、ここからこの辺までだ、深さは2m位だな」

モグラ
「そうか、やってやるぜ」

野ネズミ
「オレ達も、モグラにゃ負けているわけにはいかないぜ」

ソラ
「それじゃ・・、頼むぜ」
ソラとコロンの旅 第2話 19
モグラと野ネズミの穴掘りが始まりました。

シカ達の、池へのウンコ放出も、毎日続きます。

コロンの枯れ枝集めも順調です。

水路変更の、経路作りも一所懸命です。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ソラとコロンの旅 第2編 その21

ソラとコロンの旅 第2編 その21


ソラは、モグラと、野ネズミを探します。

ソラ
「お! いたいた・・・、おいこら 出てこい・・

あ、失礼 ・・・ 出てきてちょうだい・・」

モグラのダイスケ
「ウーー‥何か用ですか」

野ネズミの小太郎
「なんだい、捕まえて食うんじゃないだろうな」
ソラとコロンの旅 第2話 17
ソラ
「いや~・・・、頼みたい事が、あってね」

モグラのダイスケ
「頼み・・・へーー珍しいな、ネコ族がオレ達にねーー」

野ネズミの小太郎
「そうだよ、何か企んでるんじゃないか」

ソラ
「まあ、話を聞いてくれよ・・、かくかくしかじか・・・なんだよ」

「ふーん」

ソラ
「それでね、その池を壊すんだよ」

モグラのダイスケ
「池を壊すーーー・・・、そんな事ができるんかい」

ソラ
「だからさ、君たちで穴をあけてもらいたいのさ」

野ネズミの小太郎
「そりゃ・・無理だよ、俺たちは小さいからな」

ソラ
「だからさ、仲間を大勢詰めてさ、少しづつでも積み重ねればさ

やれると思うんだよ」

モグラのダイスケ
「結構な距離とか、幅があるからな」

ソラ
「水はさ・・、ある程度流れれば勢いがついて、一気に崩すからさ、

やってみようよ・・、な、な、オレ達のさ・・、共同の一大事業としてさ」

野ネズミの小太郎
「一大事業か、なるほど、それは面白いな、こんな事は始めてだ、

そのさ、池の怪物ってのも見て見たいしな」

モグラのダイスケ
「そうだな、オレ達は、土の中にいるからな、玉には、土の上の連中と、

共同事業とやらをやるってのはいいな・・」

ソラ
「よーし、決まった、早速取り掛かってくれ」

「分かった、まかしとけって、オレ達の腕を見せてやるぜ」



一方、コロンは、枯れ枝とか枯れ木を集めています。

コロン
「へっへっへ、又見つけたぜ」
ソラとコロンの旅 第2話 18
シカ
「コロンの大将、枯れ枝を拾ってきたぜ」

コロン
「やーーありがとう、そこに積んでくれ」

シカ
「はいよーー」

こちらも、順調のようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ソラとコロンの旅 第2編 その20

ソラとコロンの旅 第2編 その20

早速、行動開始です。

シカ達は、組を作り示された地点に行って、池にウンコを落とします。
ソラとコロンの旅 第2話 16
シカ太郎
「よし、いいぞ、これを繰り返せ」

ソラは、野ネズミを探して、捕まえました。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村