FC2ブログ

Entries

ソラとコロンの旅 その8

ソラとコロンの旅 その8

お婆さんは、語るのでした。

食うもんが無くなるとな、人つうのは、どうにもならんもんさ。

盗っとなどは、そこいら中にいるもんでな。

畑のものは、まだ実がつかねってのに、持って行かれてしまう。

だから、ますます、食う者が無くなる。

家の仲さいても、物が無くなったら、口げんかにののしりあいだ。

飼っている犬・猫も食うべ、、

その次は、牛や馬だ・・・・、

これさ手をつけるにはなぁ・・・、

ごめんよ・・、許してくれって・・、泣きながら

たたき殺すのよ。

それでな、ついにというか、人減らすよ・・、

年寄りは、いらねからってな。

まあ、60歳を限りにすてな、山さ捨てて来ることになってな。
ソラとコロンの旅 15
部落の者どもは、

年寄りを山さ、運んだのよ。

まあ、こういうことは、昔からあったずもんでな、

姥捨て山などといってなや。

村と言うか、その家が続く為には、仕方がねえべて、思ってらったよ。

わしゃ~、50才を過ぎたバリと思ってたら、

嫁がな、婆様は60だから、

「山さ捨ててこねばならね」

て、言い出してな。
ソラとコロンの旅 16
何せ、爺さんが死んじゃったもんだから、

息子も、ふだっけか・・てうなずくベス。

で、わしゃ~山さ捨てられたってわけさ。


【続く】


スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村