FC2ブログ

Entries

こりゃ‥、笑ったね

最近の事だけど、大いに笑った話

家で飼っている猫の「そら」がネズミを捕ってきた。
笑える話2
「そら」が得意そうな顔していた。
「ほう、良く捕まえたな、さすがだね~」

「そら」は、捕まえてきたネズミを、話したり捕まえたりして、
遊んでいた。

しかしながら、そのネズミがいなくなった。
笑える話3
「そら」は、しきりに部屋の中を探していたが、
ネズミは見つからないようで、やがて、あきらめて部屋から出ていった。

しばらくして、オレの肩のあたりがモゾモゾするのだった。
「あれ! なんだ‥、虫でもいるのか・・」

などと、気になった。

そのうち、左の肩がモゾモゾしていたのだが、今度は右の肩が
モゾモゾしてきた。

こりゃ~おかしい。大きな虫で、刺されたりしたらやばいのじゃないか。

などと、思い。上着を脱いだのである。
笑える話
したらば、何かがポロッと落ちたではないか。

「う!・・・ありゃりゃ~ ネズミだーー」

びっくり仰天だった。

背中の上の肩部でモゾモゾしていたのは、ネズミだったのだ。

すると、猫の「そら」が捕まえてきて、もてあそんでいたネズミが、
意を決して逃げた先が、オレの体だったのか。

それにしても、分からなかったな~・・。


オレは、この話を家族(女房と婆さん)にしたのです。

したらば、笑う‥、笑う。
笑える話4
「それ、本当・・、マヌケね」

「体の中から、ネズミが出てくるなんて、今まで聞いたことがない」

「ネズミ男だね」

「ネズミが体の中を、歩いてるなんて想像するだけで、おかしい・・・」

「本当だね・・、昔話みたいだよ」


まあ、とんだネズミ騒動でした。

それにしても、あのネズミは賢いと。

絶体絶命の状態ですからね。

部屋の中で、何処に逃げるかをとっさに考えたのではないか、
飼い主の中に入ってしまえば、飼い猫としては、
襲いかかれない。

又は、まさか飼い主が、捕まえてきたネズミをかくまうとは思わないだろう。

一番安全な所をとっさに判断したわけだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト



台風の風は、どうしようもなかった

台風22号は、北東にずれて温帯低気圧になって通過していった。、

朝、田んぼに行ってみると、シートは皆飛ばされていた。
シートが2
がっかりだな。
台風ようらめしや
しっかりと、縛らなかったからだが、どうもな。

まあ、まだ考えが甘いという事か。

台風だから当然風が強く吹くと。

雨も、午後まで時折強く降った。

これで、シートをかけた効果が、無くなった。

作業が無駄だったと思うと、むなしい。

明日は天気が回復するようだが、気温が低下するようだし、

乾きが悪くなるだろう。

週間天気の予報も、良い天気は長く続かないような感じだし・・。

どうなるんだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



朝から雨が降ってきた! ハセガケにシートを!

朝起きたときは、雨は降ってはいなかったのだ。

午前中は持つかなと思いきや、明るくなり始めたら、落ちてきた。

こりゅあ~・・、まずいと、急いで田んぼへ行く。

ハセガケの稲にシートを被せた。

上の田
雨の上の田

下の田
雨の下の田
全部で20枚ほど必要だった。

破れたものも、かき集めて覆った。

昼には雨が強くなった。

風が吹かないことを祈る。

しかしながら、台風22号がやってきてるみたいだ。

前回、なんだよ、今頃。

と、思ってたのに立て続けだからな。

東北のこの地域まで、来なくていいのに。

台風よ、来るな。雨よ降るな。風よ吹くなーーーーーー。



さて、産直石神の丘のコンテナ。
久しぶりの紹介ですね。

量は多くないですけど、真面目に出荷しています。
上のコンテナ
コンテナ上
豆類が多くなってきました。

金時豆・花豆・トラ豆・小豆  です。

下のコンテナ
コンテナ下
ピーマン・さつまいも・パセリ・にんにく  です。

ピーマンは、もう終わりですね。

さつまいもは、収穫量が少なくて、産直に出荷できるのこれで終わりかもしれません。

にんにくも、小ぶりですね。田子産みたいに大きくなるにはどうしたもんかな。
などと、思いつつ、植えた後はロクな管理もせずに終わってます。

パセリ、種で植えたのが、何が悪かったのか成長せず、
少しばかり畑に植えたのが、大きくなってきてました。


もう一つ、下のコンテナ
コンテナ下 2
カボチャ

これは、隣の人のコンテに入れて貰ったのでして、
白菜は、別の人で、カボチャが私のです。

カボチャは、切る人(女房)がいるので、助かります。

カボチャは種の部分に、虫が入ってる可能性がありますので、
切ってだすように、なっています。

半分に切る人、4つ切り位にする人、さまざまですけど、
私は、一口サイズにしています。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







ブログのフアン

昨日だったか、一昨日だったかの事。

産直に行くと、私のコンテナを探してきた方がいた。
ネットでフアン
「いつもネットで見てるよ」

「あ!・・、どうも、ありがとうございます」

かなり高齢な方でした。(失礼かな)

高齢の人は、インターネットをする人は少ないし、ましてブログとかに、

関心を示す人はまずいない。

と、いうような認識を持っていたのだが、

そのような事を言われて驚いた。

「毎日、楽しみにしている・・」

とも。

いやはや、大先輩に言われると、うれしい限りです。

又何時かお会いしましょう。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




農作業は小豆引き

本日の農作業の主は、小豆引きでした。

小豆は、霜が降ると悪くなると言ったかどうか。

それで、急いで根を土から抜く事にした。

普通「豆を引く」などと云う。

最近は、畑での栽培をやる人が少なくなったので、
この言葉も、あまり使われなくなってきた。
小豆引き
小豆の根元を抑えて、引く抜くのだが、
茎が折れてしまうことも多い。

コツがあるのだろう。
小豆引き
コツを覚えるには、数年やらないと身につかないのかもしれない。

何せすぐ忘れる。だから毎年同じことを繰り返すのである。

これは昨日収穫したカボチャ。
かぼちゃ

同じく、サツマイモ。
この他に、同じようなカゴに4個ばかり収穫した。
昨年より小ぶりで、量もかなり少ない。
サツマイモ4

南京豆。
今年栽培に挑戦してみた。
南京豆
実成が相当量あると聞いていたが、左程でもなかった。
干していたら、雨とか台風でさっぱり乾かない。

で、洗ってもう一度乾かしている。

里芋。
これで収穫の全量だ。

昨年の倍植えたのにな・・。
里芋
産直にもって行く分はないな。たぶん。

何せ、芋の子は女房の好物だから。

まあ食卓にのぼればいいか。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





冷えたーー、霜だぜ!

今朝は冷えた・・・、ピーマン畑に来たら白くなっていた。

マイナス1℃だったようですね。
霜が降りた

バケツの水が氷っていた。
張った氷
いよいよ、冬の訪れだね。


農作業の方は、豆類の収穫となっています。

花豆・トラ豆・小豆・金時豆のサヤが干してあります。
豆類のサヤ乾燥

碁石ではありません。花豆です。
花豆2
サヤを剥いて、実を出したとこです。

産直にも、29年産として出荷しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ











歯槽膿漏で歯医者通い

歯槽膿漏で歯医者に通っている。

春からだから、もう長い。半年にもなるかな。

この間に3本歯を抜いた。

取り外しの入れ歯を作ってもらった。

そして、又2本抜いた。
歯医者通い
又、同じように取り外しようの入れ歯を作る事になりそうだ。

この前は、上の歯で今度は下の歯である。

何せ、歯茎が腫れて、歯が浮いてくる。

すると、噛むと力が入らないし、痛む。

参ったもんだね。

親父は、この年でもう、上下完全に入れ歯だった。

よく口から取り出したりしていた。

オレもそのようになっていきそうだ。

親子だから顔は似てもいいだろうが、歯が悪いのまで、

似なくてもいいのに・・・。

ちなみに母親の歯は丈夫である。

いまだに虫歯にならず、抜かずにそろっている。

うらやましい限りだ。

親子なのに・・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






台風一過

台風一過の朝、ハセにかけた稲も倒れることもなく立っていた。

台風一過

田んぼの水が引けるのは、大分かかりそうだ。

このような天気が数日続いてくれればと願っている。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



台風、被害なく通過したまえ !

本日早朝、東海・関東付近に上陸し北上の台風。

雨風は昨日から強くなっている。

取り合えず、朝田んぼの確認にいく。
台風接近
田に水が溜まりだしているが、今のところ無事で一安心。

しかしながら、これから速度を上げて接近してくるであろう。
何ごともなきように
一昨年だったか、ハセが2つばかり倒れて難儀をした。

どうか、そのような事の無いように・・・。

台風の注意に、水路とか田畑に近づかないように、

山道などもそうだ。

崩れたり、鉄砲水などがあるからだ。

特に川などは、一気に濁流となる。

で・・、あとは、台風が過ぎ去るのを待つばかりだ。



台風は北東にやや進路を変えて岩手県沖の宮古の東を進んで温帯低気圧になったようだ。

風も今は止んでいる。

山から流れ出る水はまだ多い、川の水位も上がってきた。

田んぼには、まだ行ってないが被害の無い事を祈る・・・だね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



台風の接近、どうなるか。とりあえず陽気に!

台風の接近、選挙。

忙しい事よ。

雨はだんだん激しくなってくる。

広報車は、選挙に行くようにと走り回っている。

まあね。

とりあえず、明るく陽気にいくか。
今年も美味いコメが
稲刈りも終わったことだし。

今年も豊作‥、豊作

新米・・・、新米・・、腹いっぱい新米

あ、ほれ!  

選挙が終わって

台風が去って

新しい夜明けが待っている。

あ・・、ほれ・・、ほれ・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ニホンカモシカの死骸発見

家からすぐの沢の入り口で、カモシカの死骸を発見した。
ニホンカモシカの死骸

すでに、口の中が腐りかけているようだ。

1週間以上は経過しているのかもしれない。
ニホンカモシカの死骸 2
夏場なら、もう少し腐食が進んでいただろうに。

首筋のあたりに、傷のような跡らしいような気もするが、

触るのも嫌だしな・・・。

体長からすると、まだ若いカモシカのようだ。

ここは、水源地へ行く道路だから、邪魔になる・・・。

参ったね。

この前は、この付近でタヌキが車に撥ねられて死んでいた。

それは、片付けたが、このカモシカは大きいからな。

一人じゃ片付けられない。どうするかな~・・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





台風が接近・・あ~あ

台風21号が強い勢力のまま北上する・・・・らしい。

何でまた、こんな時期に。

よしてくれよ。これ以上雨に降られたら調子狂っちゃうよ。
台風接近
どうも、うまくいかないよな。

どうするんだよ・・・。

何の目的で・・、やってくるんだ。

誰も頼みもしないのに。

頼むから引き返してくれ。

ダメなら、角度を変えて別な方へ行ってくれ。

もう、オレには人生の試練など必要ないんだから。

誰か超能力を持ってる人はいないのか。

台風の進路を変えるとか、勢力を衰えさせるとかさ。

えー!いないの。

ウルトラマンのビーム光線とかないのか。

22日は、衆議院議員の選挙だというしな。

何訴えてんだろう。

どさくさに紛れて、北朝鮮が核ミサイルでも撃ってきたら、投票どころではないな。

全く・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







田んぼにハセガケの姿があり

田んぼの稲刈りが終わって、ハセガケの姿があります。
稲刈り終わった
この風景も、やはり良いものです。

この時間は朝の7時ころ、陽が射してきました。

田植えから始まった水稲栽培、ここまで来たか。

というような感じですね。

あと、1週間は、干さないといけない。

したらば、イネコキだ。

しかしながら、天気が気になる。

台風が来たらしい・・・、今頃にだよ。


秋雨前線を刺激して、大雨が続くなどと云っている。

風邪も強かったら、ハセが倒れるだろうし、

田んぼが又ぬかるんでしまう。

何とか、静かに通過していって欲しいものだ。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




薪ストーブでパンを焼く

ただいまリフォーム中の我が家。

炊事場と食堂を小屋に仮設置中だ。

薪ストーブで、パンを焼いて食う。
パンを焼く
直接載せると、いきなり焦げるからな。

それにしても、寒くなった。

朝は4℃だった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




岩手町川柳会:10月秀句の紹介

岩手町川柳会の10月定例会の秀句を紹介します。

席題  「農業」

家族みな総出で田植えも稲刈りも           NR
晴れ間見え農家の笑顔見られそう           KM
叩いても落ちない農のほこりあり            YK
農業は飯が食えない五日制              MS
我が町は農産物の宝庫です              TH
雨を待ち日和に感謝で農に生き            SM

題詠  「犬」

血統書なくたっていい犬が好き             SK
棒にあたる程も歩けぬ老いの足            YK
ハチ公よ横になりたい日もあろう            MS
犬嫌い嫁いでみたら二匹いて              NR
団欒の中にどっかり犬も居る              SK
孫の顔中を舐めたい犬のごと              YK
何時かまた飼うかもと犬小屋掃除           TH


宿題 雑詠  

婆さんが同じ話を繰り返す               TH
小池から大池覗く選挙戦                NR
ひたすらに生きた女の笑い皺             SM
消しゴムのきかないナマのスポーツアナ      KM
こぼれ種みんな必死に生きている          SK
輪の中に居る安心と出る勇気             MS
山車造人終わればむなしさ残るだけ         KM
門付けに何某包み幸纏う                YK


当ブログ愛好者からの投句です。
「農業」

農業に転職しようと安易人

※(評) いやいや、農業も魅力ある職なのです。
     と、言っておきます。

「犬」
安部ちゃんは とてもいい犬 アメリカの 

※ (評) 日本の総理はそうならざるを得ないのです。
     マッカーサーがそう仕向けたのです。

さて、絵になる川柳ですね。

1川柳:29年10月雑詠
気になる皺、本当は嫌なのだが開き直って私は良く笑うから、
皺ができちゃって・・・。などと云うしたたかさ。


川柳:29年10月題詠「犬」
犬は愛情表現で、なつくと顔をベロベロ舐めてきます。孫を見ていると、
もう、たまらなくなって犬のようにベロベロしたくなりますね。

本日も、当ブログ訪問有り難うございました。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




シカの侵入:電牧柵の効果その2

電牧柵があるのに、何処からどのように侵入したのであろうか。

電牧柵を見て回ると、このような箇所があった。
シカ被害13
2段目の線が上に押し上げられていた。

此処で飛び上がって入った可能性がある。


田の中には、足跡がたくさんある。

シカ被害3


シカ被害6

稲の実が大量に落ちている。
シカ被害8

この先にも稲の実があった。
シカ被害10

上手に噛み切るものだ。

実際、相当食害されているのだろう。

踏み倒された稲は、刈り取るのも大変だし、実が土とか泥に入って、

刈り取るのが難しい。

困りものだな。

駆除してるだろうけど、それ以上に増え続けているようだから、

今後ますます被害が出るかもしれない。

山間地の農業は限界だな。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







シカの侵入跡:電牧柵の効果は!

田んぼの周りを電牧柵で囲ってシカの侵入を防いだ。

と、思っていたのだが、いたるところにシカの足跡が残っていた。
鹿の侵入跡
稲が踏みつぶされ、実を食害されていた。

こんな糞まであった。
何の糞
これは春に見たクマの糞に似ている。

とぐろを巻いてないのが違う点か。

参ったね、電牧柵もダメか。
鹿の侵入

触ると瞬間的にビリッと来るがそれだけだからな。

対応するものが出てきたのかも。

柵の線が伸び切っていた時が何回かある。

切れてはいない。

シカが勢いをつけて飛んで入ったかも。

あとは、出るときに田の中を走りまわったのだろうか。

足跡を見ると、大きいのと小さいのがあるから、数匹は入っている。

大きな黒い糞がクマであるかどうか。

足跡を探したが、それらしき大きな物はなかった。

どうなってるんだろう。

夜行性だから暗闇の中を走り回っていくんだからどうにもならない。

電牧柵も完全ではない。

昨年は、シカの足跡が列をなしてシカ道が数か所にあった。

それを思えば効果はあるだろう。

近づくシカの全部が入ってくるわけではないだろう。

稲の脱穀が終わるまでは油断ができない。

昨年は、ハセガケの稲を抜き取っての食害があったから。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




稲刈りその2

昨日刈った稲をハセにかける。
はせかけ
ハセは支柱になる杭と、横になる長い木が必要だ。

親父等が、使ってたのをそのまま利用しているが、杭が足りなくなってきた。

蓄年腐ったり、折れたりして消耗していくのだ。

親父たちは、いい木とかを見つけたら、切っておいたりして補給をしていた。

私には、そのような能力がない。

と云うかそのような木が無くなった。

どこも同じのようで、このハセガケが鉄製の簡易で頑丈なものに替えている。


運搬車の出動。
運搬車で
広い履帯なので、多少ぬかるんでいても大丈夫だ。

順次積んでいく。
運搬車2
あまり積みすぎると、重量でぬかるんでる所に突っ込むと

履帯が沈み泥をかき回すという事になる。

結果亀の子状態になってしまうので、少なめに積んで行く。

稲の束は、所によっては、水の中に入ってる。
水の中の束


午後、下の田も刈った。
下の田3
残ってるのは、水はけが悪く、機械(バインダー)が沈んでしまう危険がある箇所である。

ここは後で、手(鎌)刈りをしなければならない。

こちらは上の田の手刈りの部分。
上の田
明日は日曜日か、天気が良い事を願うね。

早く作業を終わらせないといけない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ









稲刈りは、悲惨だよ

悪天候が続き田んぼがぬかるんで作業が捗らない状態が続いている。

ぬかるみのひどい所は、手(鎌)で刈り取る。
上の田
上の田

下の田
下の田

バインダーを借りてきた。
バインダーを運ぶ
「調子が悪く、今年は別な機械に替えたから、持って行っていいよ」

と、言ってくれたのだ。(近い親戚のK)

早速田んぼに侵入。
大丈夫そうだ。
バインダー
始動し刈り始めると、バインダーの紐が切れて、稲の束が結束しない。

紐が複雑に各部署を通って束になるのだが、うまく結ばさらない。
稲束2
悪戦苦闘しながら、何とか結ばさるようになる。

そして、終了。上の田だけど。
終了
この後、ハセ架けの準備で杭等を準備する。

この時期は日が落ちるのが早い、5時になると暗くなってくる。
急いでやるが時間切れで、本日の作業が終了。

明日は、今日刈った分のハセガケと、下の田の稲刈りだ。

天気が良さそうなので、何とか終わらせたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





岩手町川柳会 10月定例会

岩手町川柳会、今月は9日(月)に開催されました。

席題  「農業」

宿題  「犬」

宿題 雑詠  (自由)

編集が終わり次第秀句を紹介します。

川柳好きな方の投句をお待ちします。

秀句掲載時に合わせて紹介をします。

川柳 29年10月
今月は、沼宮内公民館祭りが22日に予定されており、

その際、川柳会も作品を出品する事になっておりましたが、

衆議院の選挙が入り、中止となりました。

まあ、何かと忙しいので、玉にはいいかなと個人的には、

思うのですが、無念な方もおるでしょうから口には出しません・・・。

町の芸術祭は11月で、こちには、例年通り申し込みをしておきましたので、

会員の皆様の自慢の句を出品展示したいと思います。

私も絵になる川柳を、準備して立ち寄ってくださる方に楽しんでもらえるようにします。

まあ、それによって、川柳会に入会をしてくれればいいのですが。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




天候が不順、今日も雨だった

10月になっても天候不順である。

月初めは、気温が下がって岩手山では雪が降った。

初冠雪の発表はなかったけど。

それから、殆ど雨の日が続いている。

田んぼの稲刈りができない。

バインダーが壊れている事もあるが、田がぬかるんでいるので、

そのバインダーが入れない状態になっている。
雨が降る
それで、少しでもと、手(鎌)で刈ることにした。

きつい仕事だね、・・・腰が痛くなる。

稲の束を結ぶときには、藁を使うがこれが手の指をこすって

皮膚が破れて痛くなる。

参ったねこりゃ。何時晴れるんだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




国体ホッケーV 凱旋パレード

愛媛国体で、ホッケー少年男子が見事優勝した。

17年ぶりの快挙なそうだ。
(岩手日報:10月9日)
ホッケー 少年男子優勝
選手たちは、実にいい顔をしていた。

うらやましい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







大同級会

大同級会を、7日(土)に実施した。

中学校を卒業して50年になるらしい。
15歳で確か卒業だから、同級生たちは65歳とか66歳である。
間違いない。

で、盆過ぎから準備に入ったこの会には、32名が参加をした。
大同級会 ペ
岩手町(沼宮内)にお祭りが秋にあり、それに合わせてやりたいという願望と、
云うか要望があったし、70歳になる前の60台の半ばで一度やりたいというのも、
多かったのだ。

そういう声に、応えたのだが、予想に反して少ない人数であったね。

まあ、会の方は参加者がすぐ打ち解けて会話に夢中になっていました。
同級会 2 ペ
私らの同級生は、250人ほどだった。

クラスは、小学校から中学校も5クラスの編成だった。
2年くらいで編成替えをしていたようだったが、それでも一度も一緒にならなかった
人もいるようだ。

さて、この会は秋祭りのパレードを途中で見学するという、
時間があった。
会場の「福泉」を抜けて、祭りの山車とか郷土芸能を堪能した。

・・・と、思う。

そういうことで、色々な思い出を語りあった。

何せ50年の歳月ですからね。

その後の人生が、どうだったのかにも興味がありますからね。

そして、当然2次会に行くわけです。
2次会には、20人ほどが行きました。
同級会3 ペ
勿論カラオケも、次々に出ます。

曲の方は「美しい10代」とか、「石原裕次郎」とかが主でした。

まあ、この方は聞きやすくていいです。

例によって、日付が変わっても飲み続ける面々ですね。

結局、午前2時近くで私は帰りましたけど、まだ、残ってましたからね。
元気がいいです。

この分だと、今回参加した人たちは長生きするでしょう。

「次は古希だー!」

と、叫んでましたから。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





秋祭りに、同窓会をやります

岩手町の秋祭りが明日から始まります。

岩手町秋祭り

6日~8日の金土日の3日間ですね。

この、中日の7日に同窓会をやる事になりました。

還暦祝いから6年が経過しました。

お祭りのときにも同窓会を開催したいとの声を聞き、
地元に残る有志が行動を開始したのです。
同窓会実行委員
盆過ぎから着手をして、いよいよ明後日となりました。

参加人員は、32名となっていました。

中学校を卒業して、それぞれの進路を歩み始めて50年の節目に
なります。

今回は、祭りの中日で、宴席の途中で祭りの行列を見ることもできるようにしました。

きっと楽しめるものと思います。

私も、在職中は古里をのこの地を離れていたわけでして、
帰郷後は、何とかかんとか役に立たねばと、実行委員のメンバーに、
入ってます。

この度は、司会進行の大役をいただきました。

まあ押し付けられたようなものですけど、堅苦しくなくやりたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ











猫が崖に登って行った

我が家の猫、名称は「そら」です。

3月に貰ってきたから、もう半年が経過した。

夏場から、家の扉や窓を開けるようになってから、外へ出るようになっていた。

今日は、家の後ろの崖に登っていた。
猫が崖に
結構な急斜面である。

少しづつ野生化していくのかもしれない。
猫が崖に2
口の周りが、少し黒ずんでいる。

エサになるものを探したのかもしれない。

逞しい!



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






小話:昔の彼女 その9

小話:昔の彼女 その9

正夫と和子の妹の弘子は近くの喫茶店に入ったのでした。

「電話をしたのは、私です。 すみません」

「そうでしたか、どうもね・・・、不思議な事もあるものだと思ってましたよ」

「私は和子姉さんとは2つ違いでしてね、割と似てるんで、

父母には、未だに和子と呼ばれる時もあるんです」

「そるほど、声も似てたかもしれません、てっきり和子さんだと思いましたから」

「私、実家に出戻って来たんですよ、それでね、部屋を整理してたら姉さんの日記帳が出てきたの」
昔の彼女 10
「それで」

「日記帖は、沢山あったわ、それをずっと読んでた、姉さんの若い時って、

どうだっただろうって」

「ふーん・・日記帖ですか」

「姉さんは、明るく活発だったから、職場とか山岳のサークルとかで知り合った男性から、

良く求婚をされてたようなの」

「そうか、僕もその一人だったのですね」

「六人の男性が、求婚してましたね。姉さんはその方々の事を書いてました、

長所とか短所とかを・・・」

「和子さんは、もてたからな、良く一緒になった友達と話したもんだよ、

ああいう人と結婚したいなって」

「姉さん、随分迷ったみたい、どなたと一緒になれば幸せになれるかって」

「贅沢な悩みですよね」

「いずれ、結婚をしなくてはいけない、けど、山登りもしたい。

結婚すれば山登りなどできなくなる、とも書いていて、予定びっしりでした」

「で、あの遭難事故ですか」

「ええ、そうなの」

「残念な事でしたね、知りませんでした」

「で・・しょう。それで、私思ったの姉さんの思いを伝えてみたいのと、

その人はどんな人だったろうかなって」

「それで電話ですか」

「そうです、 名前と住所がありましたので、調べて電話をしました、

一人は、連絡が付きませんでしたが、後の人は思い出してくれました」

「なるほどね」

「四人が、家に来ました、山田さんを含めてね」

「どうも、・・・・複雑ですけど」

「皆さん、真面目な人生を送っている方々でした、姉はどなたと結婚していれば、

良かったのか、分かりません」

「私の人生ですか、まあごく普通の生活ですけど」

「今日は、お越しいただき有り難うございました、これからも時折姉を思い出してくださいね」

「ああ、いいですよ、素敵な方でした。青春の楽しいひと時でしたから」

正夫は、和子の妹弘子と別れて帰途についた。

遠い昔、和子と言う素敵な女性がいて、恋い焦がれた時期があったのだ。

すでに亡くなっているとはいえ、つい昨日のことのように思えてくる。

家に帰ると、女房がいる。

「あら! お帰り」

「今日はさぁ、刺身にしよう、近くのスーパーで買ってきたから」

「へー! 珍しい事もあるのね、なんかいい事でもあったの」

「いや、別に・・・・」

正夫は、ゆっくりとした夕食の時間を楽しむのだった。


【お終い】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ




小話:昔の彼女 その8

小話:昔の彼女 その8


正夫にに女性が声をかけてきた。

「山田さん・・山田さん」

「ええー、山田です」

「すみません、呼び止めたりして」

「何でしょうか」

「あのー、私は、大原和子の妹の弘子と申します」

「和子さんの妹? ですか」
昔の彼女 9
「はい、あの~少しお時間よろしいでしょうか」

「ええ、まあいいですけど」

「お話をしたいことがあるのです」

和子の妹弘子が現れて、話をしたい。

そうか、和子さんには妹がいたのか。

で、話とは何だろう。

二人は近くの喫茶店に入ったのでした。


【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ





小話:昔の彼女 その7

小話:昔の彼女 その7

正夫は、和子さんの家を出た。

帰りの足取りは、重いものとなった。

和子さんは、30年も前に山で遭難し、亡くなっていた。

しかしながら、電話があって、30年も前の事をさも、昨日のように話したのだった。

そういう事があるのだろうか。

「霊か・・・」

退出する時に障子戸に映った影は何だったのだろう。

部屋のそっと近づき、去っていった。
昔の彼女 8 
和子さんを訪ねたのは、私だけではなかった。

他の4人は、何の用で彼女を訪ねたのであろうか。

「うーん、どうも分からないな」

まあしかし、もう二度と来ることはないだろう。

などと正夫は思うのだった。

その時、女性が近づき、声をかけてきたのだった。

「あの~・・、もし、山田さん」


【続く】



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ









Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村