Entries

小話:アリ太の任務 その20

小話:アリ太の任務

アリ太は、一通りの偵察を終えたとして、

巣に、帰ってきました。

「Bの7788・・・、アリ太 ただいま帰りました」

「おーー! ご苦労さん」
アリ太 31
「では、報告します」

「うむ・・・」

「まず、病気ですけども、考えられるのは、巣の近くに畑がありまして、

時折農薬をかけます。この農薬によって、虫たちが死にます。

その死骸を巣に持ち込んできて保管し、それを食べるからだろうと思います」

「なるほど・・・調べてみることにしよう」

「次に、負傷者の件ですが、我々よりも大きな体をした種族が勢力を伸ばしていています。

これが、ちょっかいを出すのです」

「そうか、それはまずいな」

アリ太は、偵察結果を報告し、下がりました。


【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村