FC2ブログ

Entries

小話:時の雲隠し その24(最終回)

小話:時の雲隠し その24

光男と弘は、土手に座って語り合った。

それぞれの歩んだ人生についてである。

光男は、弘の人生と入れ替わったので、何か後ろめたい気持ちになった。

しかしまあ、幸せと言える時期は、本の数年だったしな、まあいいかと。
小話:時の雲隠しその24
「なあ、弘、これからどうする」

「どうするって・・・どうにもこうにもならないよ」

「オレもこの町で暮らそうかな」

「じゃ、オレんとこに来るか」

「え、いいのかい」

「ああ、何にもないから、いいんだよ」

「うん、まあそうだよな」

空を見上げると大きな雲が漂っていた。

光男と弘は立ち上がり、歩き出した。

「オレ達の人生は、これで終わりじゃないよな」

「当たり前だよ、きっとさ、もう一度何か・・、何かやれるさ」

光男と、弘の声が弾んでくるのだった。


終わり


長い間の、御訪問ありがとうございました。

人の人生も、そううらやむほどでもない。幸せは思うようにやってはこない。
などと、思いながらの作品でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村