Entries

小話:夕焼け小焼け その3

小話:夕焼け小焼け その3

小さい子供たち、小学1・2年の子たち3人が正雄のいる、
川へ走ってきた。

「よーし、今から、雑魚の取り方を教えるからな」
「わーい、雑魚取りだー」
「ボクも、取りたーい」
「教えてー・・・教えてー」

「ほら、この箱板にガラスがあるだろう、これを水の上に乗せるんだ」
「どれどれ、あ! 水の中が良く見える」
「そうだろう、雑魚が泳いでるのを見つけるんだ、いいかい」

正雄は得意になって、雑魚を探すのだった。
小さい子たちも、大喜びで夢中になった。
小話:夕焼け小焼け5
そして、川の中で転んだりしてずぶぬれになったりした。

しばらく川で正雄と一緒に雑魚取りを楽しんだ小さい子たちも
川から上がった。

「いや濡れちゃったな」
「うん、でも気持ちいい」
「「楽しかったな」
「正雄兄ちゃん、又一緒にやろう」
「ああ、いつでもいいよ、今度はもっと大きいのを捕まえような」
「そうだ・・そうだ」

小さい子たちは、濡れた靴をぎゅちゅぐちゅ音を出しながら帰って行った。

正雄も土手に上がると、心之介がやってきた。
「あれ、正雄君」
「心之介か、珍しいな何処へ行くの」
「いや、伝次郎さんとこへ行っての帰りだよ」
夕焼け小焼け5
「伝次郎さん・・、あの物知りだっていう人」
「そう、どうしても知りたいことがあってさ」
「へー、熱心なんだね」
「「気になると、落ち着かなくってさ」
「そんなもんかね・・」

「あのさ、心之介は将来何になるの」
「僕か、親は医者になれって言ってるけど、政治家でもいいかな」
「え、お医者さんにか・・」
「正雄君は」
「オレ・・、オレはそんな事考えたことないよ」
「人生の目標とかは、早く決めておいた方がいいんだってよ」
「そうか・・」

「どう、これ、岩魚。欲しかったらあげるよ」
「いや・・、いい」

正雄は、心之介と別れて、少し考えるのだった。


続く



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

小話:夕焼け小焼け その2

小話:夕焼け小焼け その2

次の日の日曜日に正雄は芳夫の家に遊びに行った。
日曜は、正雄と芳夫は山や川へ行って大概一緒に行動をしていたのだ。

「さあ、今日もいい天気だ、思いっきり遊ぶぞー」
「おーい、芳夫 いるかー」
夕焼け小焼け3
いつもは、芳夫が飛び出して来るのに、今日は音がない。

あれ、おかしいな。
「おーい、芳夫ー・・・」

数回呼ぶと、家の後ろの方からそおっと、芳夫が出てきた。

「正雄・・、悪いけど今日は一緒に遊べないや」
「えー、どうして」
「実はな、あの算数のテスト捨てたろ」
「ああ、・・・それがどうした」
「その紙を拾った人がいてな、母ちゃんに届けたんだよ」
「え!・・・そうなんだ」
「うんでさ、母ちゃんと父ちゃんに、こってり怒られてしまったよ」
「・・・」
「正雄のもあってな」
「オラのもかよ・・・、見られたんだ」
「ああ・・」

「でさ、正雄君とはもう遊ぶなってさ・・・」
「そうか・・、で、どうすんの」
「うん、これからは心之介君とかと付き合えだって・・」
「心之介 ! あいつは頭いいからな」
「うん、悪いな、だから今日は一緒に遊べないよ、見つかるとやばいし」

「分かった、分かった」

正雄は、芳夫の家を離れて一人で、川に行って雑魚取りをした。

「おーおー・、いるいる」
「ほれ 取ったぞー」

やっぱりな、一人で遊んでてもつまらないな。

そこへ、小さな子供たちが数人やってきた。
「正雄兄ちゃん何やってんのー」
小話:夕焼け小焼け4
「おー!雑魚だよ‥、雑魚  ほれ取ったぞー」
「ああ、本当だ  魚取ってる。いいなー」

「こちへ来いよ、取り方教えてやるぞー」
「えー本当、おい、行こう」
「うん、行こう行こう」
「わーいわーい」

小さい子供たちは、正雄のいる川へ走って行くのだった。


続く

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





今年も雪が少ないようだな

今日は日曜だった。

日中の気温が結構上がってきた。
とはいっても5℃~7℃位だけだけど。

昨日は、雨が降ったりだった。
どうやら今年も雪は少ないようだね。

次週の天気予報を見ると、晴れのマークが続いてる。
まああてにはできないけど。

と、いう事で、奥の畑に道を付けることにした。
除雪機を行けるとこまで軽トラで運んで除雪を開始する。
道付け除雪
積雪は20センチから30センチ。
軽トラの腹がつかないと大丈夫だ。

林とか日陰に入ると、積雪量が増えてるので、往復しながら除雪する
所もある。

小屋の手前まで来て、置いてあるバックホーのエンジンを始動してみる。
バックホー始動
気温が上がってたので、クゥクゥ言いながらエンジンがかかった。
ほっと安心・・、排煙が出る。

震災の時に買った中古品、それ以来使ってるけど、
オイルの交換などしたことがない。

使う頻度は、たいしたことがないから、まあいいか。
などと思い結局していないのだ。

農作業の合間を見て色々、整備したいとこもあるのだが、
なかなか思うようにいかない。

この時期が一番いいのだが、雪が降ったり、気温が零下になったりすると、
動かない。

昨年は、雪の中に鍵を落としてしまい、
雪の中を探したが見つからず、結局春の雪解けを待って、
数日間探して、ようやく見つけたのだった。

それ以来、鍵は、つけっぱなしにしている。

それで、動かして、ここからはバックホーで小屋まで除雪をしてきた。
これで、小屋まで軽トラで来ることができる。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







岩手町産直組合の総会でした

27日(金)は、岩手町産直組合の総会でした。

1月~12月決算で締めくくって1月総会です。
産直総会

今年は2年周期の理事役員の交代の年ですね。
組合長以下の大幅な入れ替えでした。残ったのは1名だったかな。
新役員
新組合長T氏の就任挨拶。
「今度は若い人を・・」との要望で選ばれたようです。
産直も、激戦となってきましたからね、若い力で知恵を出してもらって、
発展して行って欲しいです。

懇親会兼道の駅の合同の新年会。
懇親会
岩手町の道の駅は、複合施設です。
岩手町ふるさと振興公社の管理下に「レストラン」「石神の丘美術館」「パワー工房」
そして産直組合ですね。
此処の道の駅で共に働く人が一同にして集まっての懇親会です。

私は、懇親会終了後帰ろうかなと思ってはいたのですが、
捕まってしまいした。
で、2次会へ・・・。
2次会は午前様」
で、結局時間オーバーで、翌日となってました。

まあ、どうもね・・、酒が好きと云うか、こういう雰囲気が
どうしても、周期的に必要なのだと、思ってます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






小話:夕焼け小焼け

小話:夕焼け小焼け 

正雄は小学校の4年生だった。

「おーいみんな、この前の算数のテストを返すぞ」
ブログ小話:テスト
この前、抜き打ちにテストをしたのだった。

「おい、正雄、普段からしっかり勉強しとけ!」
「えー・・、はい」

学校の帰りは、たいがい芳夫くんと一緒だった。

「なあ、芳夫、お前何点だった」
「うーん、オレか、まあまあだよ・・」
「まあまあかよ、じゃいいな。オレは10点だった、一つしか合ってなかったよ」
「そうか、10点か・・、オレは15点だよ、あんまり変わらねえな」
「だってよ、いきなりテストだもんな、ひどいよ・・」
「このテスト、家に持って帰って見られたら、まずいからオラはいらねえや」

芳夫君は、テストをくしゃくしゃに丸めて、ポイと捨てたのでした。
ブログ小話:テスト2
「ありゃ、捨てるの・・、じゃオレもいらないや、こんなの」
と、言って正雄もテストを丸めて捨てたのでした。



続く


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






最近読んだ本「続 下流老人は過労で死ぬ」

「続 下流老人は過労で死ぬ」

本は図書館で借りて読むことにしているが、
月に一冊程度は、買っている。

今回は、なんかどきりと来る題名なので読んでみた。
下流老人は過労で死ぬ
続編だったので、濃い内容になっていたのかもしれない。

年収400万円でも、生活保護に陥ってしまう。

今、満足な生活ができていても、将来はわからない。

益々の高齢化社会となる日本。

死ぬまで働かないと食べていけない。
老後施設にも、入れない。

楽しい老後は、消えていく・・・。
まあ、考えてみれば楽しい老後などないのだ。

老いて行くには、覚悟が必要だね。
体が動かなくなる。
物覚えが悪く、忘れ物が多くなる。
目も見えなくなる、耳も遠くなる。
歯も歯槽膿漏でなくなってしまう。
誰からも相手にされなくなる。
頼りにしている子供たちも、近寄らなくなる。

ああ・・、やだね。
あまり考えないでおこう。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







つららがあちこちに!

野外風呂の屋根から伸びるつらら。
風呂小屋のつらら

家の南側の屋根からつららの群れ。
軒下のつらら2

小屋の屋根から下がる雪の塊、まだ落ちない。
屋根の雪

ハウス内の状態。温床を二重に囲う。
ハウス内

家の横の小屋のまきストーブ。
ストーブのぬくもり
一段落すれば、ここにきて休憩をするのだ。

1月半ば過ぎ、今一番寒い時期になっているからね。
2月の半ばまでは、辛抱の時期として、過ごしてます・・・。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





方言小話:吊り橋

方言小話:吊り橋
吊り橋
オラの家の近くには川があってな
良く遊んだもんだ

だけどな、街とか学校は川の向こうにあってなや
橋は、南の方にあってよ

ずーっと、遠くてな、回り道になってたんだ

ふんでな、手前の方に吊り橋がかかってたんだ
これを通ると半分の時間で済むんだ

オラは、朝起きるのが遅くてなや
いっつも、母ちゃんに怒られてな

「ホラー学校さ遅れるぞー・・、早く行けー」
てなや

オラは、飯をさっさと食って走っていくんだ
勿論吊り橋にさ

この吊り橋がさ、板が所々腐ってたりしてなや
それに、ひどく揺れてな
おっかねーんだ

だからさ・・、そろりそろりと揺らさないように進むんだよ
下を見ると、結構高さがあってな、
おっかねー・・、おっかねー・・、てな目をつむったりしてな

最初の方は、揺らさないように慎重になや
ふんでも、時間がないから焦ってるべー
つい、力が入ったり体重が寄ったりすると、ぐらっときてなや

ロープにしがみついたりするんだ

半分まで行ったら、もう大丈夫だ
少しづつ速度を上げてな
手前まで来たら一気に走って抜け出るんだ

この時はもう爽快だったな・・

学校の帰りは、慌てることはないからな
のんびりと下を見たりしてな
岩魚が泳いでたりしたら、
川に降りて捕まえたりしたんだな

その吊り橋も、危ないってことになってな、部落の人たちで
取っ払ってしまってな

その代わり、立派な橋ができてな
随分楽になったもんだよ

でもさ、あの吊り橋を渡る夢を今でも見るんだ
吊り橋のロープが切れてさ
オラは、川さ落っこちてよ

川の石さ頭ぶつけて血を流してたな

懐かしいな

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村





温床のその後

温床を作ってそろそろ10日経ったかな。
なんかしら、少し温かみが出てきたような気がしてきた。
温床1

それで、土で覆う。まあ待ちきれないもあるけど。
温床2

その上に、「ウルイ」の根を並べていく。
温床3
ネットで見たら、山菜では「ウルイ」が取り組みやすいような気がしたのだ。

そして土を被せて覆う。
温床4

最後は、切りワラを載せて覆った。
温床5
一応これで、終わりだ。

後は、温床の発酵熱が上がって、芽が出てくれば成功なのだが、果たしてどうなるか。


さて、昨日の夜はT友会の新年会だった。
新年会1
前職場のOB会である。
定年になって10年程になったから、先輩と後輩の丁度中間位になった。

終了後の流れは、やはり2次会でしたね。
新年会2
女性客がいると、そばに行って歌うTさん、81歳。
元気だね・・、見習わないといけないことがまだまだありそう・・。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




産直石神の丘の私のコンテナ

岩手町の道の駅石上の丘の産直施設です。

私のコンテナは現在豆が主力商品になっています。
1月20日コンテナ
まぁ・・・、豆しかないのが実情ですけど。

「くらかけ豆」
「小豆」
「うずら豆」
「大豆(緑)」
「黒豆」
です。「とら豆」「金時豆」は、もうありません終了です」

後出せるのが「黒平豆」ですけど、
これはまだ豆打ちをしていません。

と、いう事で豆ですね・・。
我が家では、朝昼晩と煮豆が代わる代わる食卓に並びます。
時に、豆ごはんになります。

まあ、これで、今年も元気に過ごせるかなー・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




気温が緩んで屋根の雪がぼたぼたと!

強かった寒気が去ったようで、平年並みの気温になった。

日中の気温もプラスになって、屋根の雪が落ちてくる。

家の前の小屋。通路がふさがれた。
屋根の雪

家の後ろの小屋。
家の方の西側は落ちて、除雪を完了したのだ。
そして、今度は小屋の屋根の雪が少しづつ滑り出した。
そろそろか
これが一気に滑り落ちたら、かなりの重量と衝撃になる。
真下にいたとしたら危険だね。

まあ、毎年の事だけど。
立ち入り禁止だ。

と言っても身内だけの事だから、
誰かが知らずに通りでもしたら危ないことになる。

結局、自分がうっかり犠牲になったりして・・・。
屋根の雪がー!
今年が始まったばかりだから、そのような事にならないようにね。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



タラの芽、変化なし。

タラの芽の促成栽培。

水を入れてから、10日ほどになるか。
タラの芽
変化なしですね。

この間、水を2回変えた。
水温は、19℃位になっている。

水温はいいとは思うのだが、室温が日中でも3℃~7℃位で低いのだ。
室温は、20℃~25℃位になればいいのだが。
そうはならない。

まあ、致し方ない。
我慢だね・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



除雪機が活躍

降った、降った・・、積もった積もった・・。

今日は朝から除雪機を使っての作業だった。

まずは、家の周りの雪を片付けた。

そして、軽トラに乗せてハウスへ移動。
除雪機移動

簡易ハウスをまず整理。
簡易ハウス
ここは、まだ黒豆が残っているからね。

続いてハウスへ。
ハウス前

完了です。
完了

家に帰って屋根を見上げる。
雪屋根
屋根の雪と空の青さが、まぶしい・・・。

崖の上の木には雪の花が咲いてた。
雪の花

まだ1月の半ばだからね。
後数回は大雪があるだろうし。

体力を維持しておかないといけないな。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ











雪降りになった

強烈な寒波により、−17℃まで下がったけど、雪はそんなに降らなかった。

その寒波が徐々に遠ざかるつつあるのだが、
今度は雪が降りやまない。
雪降りに
朝昼夕と、3度の雪かきの作業をする。

それでも、よそよりもまだ、少ないかな。
夕方で、結局積雪30センチ位だったから。

まあ、しかし明日の朝まで雪マークなので油断はできない。
すっぽりと、雪に家が覆われているかもしれない。

そのまま、冬眠というわけにはいかないだろうしね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



奥の小屋へ行って見た

強烈な寒波の襲来を受ける日本列島。
今朝も冷えたね~・・・。

昼頃から天候は回復したので、午後は奥の小屋まで行くことにした。

国道281号線を東に行く。
道路がどうなってるかわからないので歩いてですね。
小屋へ1

国道を300m行った所で、右折大坊川を渡って前進。
最後の家、D家の分かれ道から上り坂になる。
小屋へ2

最初の坂を上りきると、なだらかになって墓所になる。
車のタイヤの跡がある。
小屋へ3
軽トラよりも広い車体だ。タイヤの幅もかなり大きい。

ここからさらに進む。
およそ500m,
車のタイヤの跡は続いている。
小屋へ4

小屋の入り口に到着した。
タイヤの跡はここで終了、反転していた。
猟師の車が来ているのだろう。昨日の午前中かな。

そして、さらに前進。
小屋がもう目の前だ。
雪も、そう多くはない。
小屋へ5

しかしまあ、軽トラだと走行は無理だろう。
小屋へ6

久々の小屋。
小屋へ7

物を置いてる小屋。
小屋へ8
うーん、耐えてるね。

家からは、1,7Kmの道のりで、凡そ20分で到着した。
少し汗ばんだね。

この後小屋で休憩をして帰った。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






ゲ!驚きの寒波が襲来

昨日は、予報でわが町が−20℃と出た時は、驚きましたね。

冬のシーズン中に、−15℃を下回るのは、3~4回くらいはある。
大体1月中旬から2月上旬にかけてである。

それが、いきなり、−20℃の予報だからね。
−20℃の襲来
で、朝起きて台所に行ったならば、1℃だった。

部屋の中は、マイナスにはなっていなかった。
玄関はわからないけど。

外は、−12℃位だった。
一番下がったのは、夜中の0時頃のようだった。
わが町は−17℃のようだった。

以前に、部屋の中までマイナスだったね。
電話機のFAX画面に、
「室温が低すぎます」
「室温を上げてください」
と、いう表示が出ていた。

見たら、同じように表示が出ていた。
+3℃だった。

中央の部屋には「練炭」を焚いておいたのにな。

この調子だと、今年の冬はもっと強い寒波が襲う可能性があるな。

北海道で−30℃を体験しているけど、
勘弁してほしい・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





岩手町川柳会:1月秀句の紹介

初句会は、9日に行われました。
今年も、皆さんいい句をたくさん作って楽しめればと思います。

では1月の秀句を紹介します。

席題 「成人」

成人式済んだら早速買うワイン           KM
一人前育てて貰った恩がある            NR
大人になった気がする成人式            TH
成人か凡人かトランプの行方            MS
生かされて孫の成人行き着付け          SM

宿題 「スキップ」

吉報へ受話器片手にスキップする         SK
スキップの好きな子父になり             NR
何故だろう火葬場にスキップで出掛け        MS
水溜まりスキップしたら無事超えた          YS
スキップで入学待つランドセル            MS
スキップして母を迎えた子の笑顔          KI
年金が上がったならばスキップしよう        KS
守りたい子らがスキップする平和          HM
老いの足スキップする子が羨ましい        TH

雑詠 「自由」

六度目の干支を迎えて春の膳            SK
程の良く生きる術あるお正月             NR
何よりも笑顔の孫が福の神              HM
新婚の子宝祈る初詣                  MS
老いてなお新しき年楽しみに             SM
北方に奪られたままの春がある           HM
おふくろが食べれないものをみんな食べ      KI
脇道にそれた話が盛り上がる             YS
凍みた朝急ぎ蛇口をひねってみる          TH
立ち話立ちくたびれて歩き出し            KI
笛ならす焼き芋屋に風情あり             KM

今月の絵になる川柳はこれです。

川柳29年1月:雑詠
議題から外れて、なかなか本題に戻れない・・・・、なんてね。


川柳29年1月:雑詠2
おふくろさんですね。
沢山食べる人もいるんでしょうけど。食の細い人もいます。


川柳29年1月スキップ
もうスキップできない。スキップしたら足がもつれて転んでしまうかも。
子供の時分にゃ、良くスキップをしたもんだよ・・。


本日も当ブログの訪問ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








温床作りその3 そしてようやく黒豆の打ち方開始

温床の下処理が完成した。
温床1
木の葉をある分使用した。

これにビニールをかける。
温床3
しばらくこのままにしておく、2週間位で発酵して温度が上がるらしい。
温床2
温度はどのくらいまで上がるのだろうか。


さて、こちらは、冬季用にビニールを張った半分ハウス。
ハウス仮

中には、まだ未処理の黒豆が干してある。
黒豆

この前産直に行ったら、売り場の担当者に、
「黒豆をいつ持ってくるんだ、正月に持ってこないでどうするんだ」
などと、言われてしまった。

で、黒豆打ちを開始する。
黒豆打ち

豆を打つのは「まだか」と言われる代物。
まだか
父母が、長年使ったもので、ボロボロになっている。

これもね、良く使ってた時は、てかてかに光ってたもんです。
まあ復活したから、喜んでるかな~・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





温床その2

温床作り2日目。

杭を作って、何とかはこの形にする。
温床1
枠に使った発泡スチロールの板は、数年前に使ったもの。
だいぶボロになっていた。
けどまあ、使える。

底に、もみ殻を敷いた。
ちょっと薄いか。まあ、これしかないから。
温床2
この後、集めた木の葉を入れ、
ヌカを巻いてEM活性液の希釈水を散布する。

木の葉、糠、牛糞(ある分)、切りワラを入れてEM希釈水を
散布し踏み固める。

これを数回繰り返した。

で、この間夢中になって、汗だくになってやる。

その結果写真を撮るのを忘れたのだった。

まあ、明日だね。結構疲れるし・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





ハウスに温床を準備

ハウス内での作業。

冬期間のハウス利用を何とかしないとね。
で、考えたのが温床を作る事だ。

以前もチャレンジして、うまくいかなかった。
再チャレンジという事でね。
温床の作成へ
とりあえず、耕運して、寸法を測った。

杭が足りないからね。

こちらは、タラの芽。
タラの芽を
箱に水を入れて、タラの芽を詰めた箱を入れた。

これで、温度を18℃位にすればいいかな。
で、適当なのがない。一番近かったのが、
金魚鉢とかの水槽用に使う水温管理のヒーター。

ヒーターとサーモスタット一体型とかいうもの。
一番低い設定温度が20度になっている、けど、まあいいかと。

設置は、昨日の夕方にした。
朝に見たら、18℃位になっていた。
水温は
まあ、たぶん大丈夫かな・・と。

これで、2週間の管理は、わくわくだね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







タラの芽の促成栽培をやってみることに

山から、取ってきたのがたらの芽。

今年は、促成栽培に挑戦してみることにしたのだ。

節の芽が出るところを見ながら細かく裁断し、容器に詰める。
タラの芽
まあ、このくらいか。

これまでにも、何度か促成栽培をしてみたが、
いずれも、うまくいかなかった。

今回、ネットで検索したりして、どうすればいいのかを探っていたのだ。

ある、ブログでヒントを得て、真似をしてみようかなと・・。
まあ、これから逐次、やっていきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



家の後ろの岩場の灌木除去

正月になって、雪は降ってはいるが、少ない。

で、日当りのいい所は雪が解ける。

家の後ろの法面は、岩場である。
家の法面

夏に刈れなかった草とか、灌木を除去する。
岩場法面整備
バラとかが、増えてる。
触るとトゲが手の指に刺さる。

ゴムの手袋に穴があく。これは痛い・・、手も痛い。
鎌とのこぎりを使っての作業だ・・。

まあ、だいぶすっきりしたね。

考えてみれば、親父達は暇を見て刈り取り作業をしていたね。
よくやってたよな。

私は、帰ってきての住み始めから、もう8年ほどになる。

灌木も増えて、松とかも太くなっていた。
次は、さらに年食ってるから、やれるかどうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



久しぶりの回転寿司

所用で盛岡へ行く。

午前中は結構いい天気、玉山区の交差点からの岩手山。
岩手山

昼になって、盛岡のバイパス沿いにある回転寿司屋に入る。
回転すし

久しぶりに流れる寿司をいただく。
回転寿司2

やはりね、いろいろ進化してるんだな。
注文は、画面を見て選んでする。
流れてくるのもあるから、両方から選べる。

回転のレールと云うか流れが2段になっていた。
回転寿司3
注文した寿司は、上段の方から逆方向でストレートに席に来て止まる。

これは、注文した人の席に来るので、間違いが起きないだろう。
などと、感心したね。

考えてみれば、寿司などは、家ではお稲荷さんとかが定番で、
魚のネタで食うなどは、社会人になってからだったね。

先輩に連れて貰って食べたら、くせになって、
給料日には、店に行って食ったもんだった。

今はね、家族でこういう店に入れるから、子供のうちに、
おいしい物を食える。

良いような、悪いような。
世の中の美味しいものは、大人になってから食うべきものなのだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






雪のない正月です

雪のない正月になっています。

沼宮内大町の通り。
大町

城山の交差点、久慈・葛巻方面ははここを右折します。
大坊の我が家まで2Kmの何時もの通り道。
城山
カラスが道路に、クルミを落としていた。

車に轢かせて割るのだ。
何故か交差点を選んでいる。

慣れているからね、バスが来ても直前まで粘って飛ぶ。
城山2
カラスは、賢いそうでね。
クルミも何処かに集めておいて、それを逐次、
運んできて、道路に落としたりして食べているのだそうだ。

集めたクルミを忘れるカラスもいるそうだけどね。
老いたカラスかもしれない、
ボケると、冬を越せなくなるという事だね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
新年の挨拶
平成29年ですね。
平成の元号も、すっかり呼びなれて昭和が遠くになります。
明治生まれの爺さん婆さんは、とっくに亡くなり、
大正生まれの親父も亡くなって久しい。

昭和26年生まれも、過去の人になりますかね。
もう、活躍してる人も少ないでしょう。

とは言いながら、存在感をしめしたいな・・、とね。

年の始めは、一年の目標とかを、考えたものです。

今は、考える目標も浮かばなくなってしまいましたね。
まあ、昨年並みでつつがなく・・・。
できれば、少しアップ。

欲をたければ宝くじが当たる。
現金の入った、袋を拾う。
山に芝刈りに行って、かぐや姫を授かる。
お城から、王様として、迎えに来る。

とかなんとか。

夢とか妄想は、相変わらず自由だから。

と、いう事で北国の寒さをこらえて、
新年のご挨拶を申し上げます。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村