Entries

年賀状の作成

年賀状の作成

どうもね、追いつめられないとやらない悪い癖。
今年も今日が最後、慌てて朝から取り掛かった。

図案もこれまでのを参考に修正した。
年賀はがきに挿入して、午前中に完成し街の郵便ポストに
入れてきた。
26年賀状
まあ今年、いや新年もこんな感じで生きていけたらと思いますね。

産直石神の丘で売り出していた門松。
松飾り
どなたかの家の前に立って福を呼び込んで入るのでしょう。

最近は門松の立つ景気のよさそうな家が少なくなったような気がします。

道の駅に干支、馬が飾られました。
産直:干支

道の駅の産直は、年末年始の31日と、1日は唯一の休み。
初売りは2日からになります。

皆さま、謹賀新年。

よい、お年をお迎えください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

新年の準備

新年の準備

いよいよ今年もカウントダウンだ。
走ってもじっとしていても、来るものは来る。

こういうのは、何事も気分の問題だからね。
心を新たにしなくてはいけない。

今年は何年振りかで神棚のしめ飾りを替える事にした。
新年準備
何か、いい事があるかもしれない。
きっといい事を持ってきてくれるかもしれない。

などと、神頼みの欲望を抱きながら取り替えたのだった。

もうすぐ、63回目の年が明ける。
あと何回このような事ができるのだろうか。

一日3回飯を食う事を365日繰り返す。
一日3回は楽しめるのだ。

などと考えるのである。
まあ、まだ人生を楽しめそうですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


黒豆をどうぞ

黒豆をどうぞ

年の瀬、おせちに欠かせないのが黒豆の煮豆。
産直:12月29日
収穫後順次、産直に出荷してます。

時折、煮て食べるのです。
何せ、体にいいのは野菜、豆、穀類なそうですから。
黒豆 煮

皿に盛って朝昼晩のおかずですね。
まあ、酒のつまみにもしてます。
黒豆煮 2

うん、今日は甘みが足りなかったかな。
黒豆でマメに
ぽりぽりと食べるでがんすよ~・・・。

うん ?  ポリポリなんて音はしないか。

豆だから、そんな感じになりますね。

皆さんもどうぞ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


豆柿が熟していた

豆柿が熟していた

最近朝晩の冷え込みが激しい。
二日ばかり前だかに-10℃近くまでいった。

その為か、豆柿が熟して食べごろになっていた。
豆柿

この辺では、この木だけが残っている。
貴重な存在だと思うが、誰も手をつけない。
豆柿 2

折角実をつけたのにね、かわいそうである。
そこで、私目が、味を確認するのだ。
豆柿 3
うん、熟している。渋みも抜けてる。

柔らかみもある。
まあ。味はね・・・こんなもんです。

遠い昔は食べるのが無かったから、多少渋みがあっても、
むしゃむしゃ食ったもんです。

渋いうちに食べると、糞詰まりを起こして大変な目にあうから、
大人に良く云われたもんです。

「あんまり、沢山食うなよ」
って。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

後輩と一杯

後輩と一杯

昨日は、高校の後輩から誘いを受けて、一杯やった。
後輩と
同級生と飲むのも楽しいが、後輩と飲むのも又格別だ。
おかげで今朝は少々二日酔いだ。

高校のクラブ、グランドホッケーの仲間である。
昭和45年、岩手国体があり、共にグランドを駆け回り汗を流したのだ。

彼らも今、60歳を超え職場を定年となり過去を振り返る時となったのである。
その中に、私も入っていたと云う事であろう。

有難いことである。
実に気分良く飲める。

そうかそうか・・・、そうだったのか。
ふんふん、あの時な・・・。

こうして、同じ話が出来ると云う事は嬉しい事である。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

くるみ餅

くるみ餅

正月が近づくと、スーパーに「切り餅」が並ぶ。

便利な物である。
その昔は、(幼い時)餅つきをしないと、食えなかった。
それ以前は、餅米がないと餅にありつけなかった。

それを考えると有難い事です。

うんで、正月前だけども餅を食う事にした。

自前のくるみを広げて割る。
クルミ割り

くるみの実、何千年も前から祖先たちも食してきたのだ。
栄養価が高いと云う。
クルミの実

今度は、すり鉢でする。
これも久しぶりだね。

良くすらされたよな。
ゴマなんかもすったな。
すり鉢へ

「つぶを良くすりつぶしてか」

これが、美味いんだよな。
すり鉢

てなことで、くるみ餅を馳走になりました。

一寸甘みが足りなかったかな、砂糖がすくなかったようだ。
まあ、徐々になれるべナ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


森の人

森の人

今日は、近くの森に神社があるので、行ってみた。
すると、Mさんが出てきた。
森の人

口笛を吹き吹き、意気揚々とである。

「ピー・・ピピッピー  ピーッピピー」

「りゃりゃ・・・、元気 いいすね」
「おりゃ、こんなとこで珍すなや」

雪の中で会話が始まる。

「鳥っこ、きますか」
「いんや、来ネな。 オレが鳥になってるのや」
森の人 2
Mさんは、森の神社へ毎日散歩するのが日課だ。

彼ももうすぐ80歳になるそうだ。
生きてきた人生は、聞いて楽しい。

若くして都会に出て、作曲家古賀正雄氏の元で修業をした。
芸能界の道から、現在に至る。長い長い道のりは、語りつくせない。

口笛は、鳥の泣き声から古賀メロディになるのだ。


ああ私など、青二才。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ラジソンチャリティー

ラジソンチャリティー

今日はIBCラジオのチャリティーの日であった。
岩手町の産直でも、施設内において、募金活動を行いました。

組合員が訪れた人に声をかけます。
ラジソン 1
こちら側にでも声をかけます。
ラジソン 2

午後は、IBCラジオの当産直会員のリスナーが参加して、
声を大にして呼びかけをしました。
募金活動
募金の方も結構集まりましたね。

募金のお金はIBCを通じて、被災地とかにいきます。

一歩でも二歩でも、前に進めるようになればと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

童話:水車小屋

童話:水車小屋

「マサ男~・・・、今日はソバ餅作ってけっからさ」
「えー本当かい、母ちゃん」

「ああ、今から水車小屋に行って、ソバうって粉にしてくるからさ、待ってろ」
「うだば、オラもかたって行く、・・・いかべ」
「ああ、、イタズラすねよにな」
村の水車

村には水車小屋があってよ。
皆して共同でな、代わりばんこで使ってらった。

ギーバッタン  ギーバッタン

なんじょになってるのか、不思議に思ったもんだな。

「マサ男、外で待ってろな」
「うん、いいよ」
母ちゃんは、小屋の中さ入って行った。

母ちゃんは、中で作業をしてるので、
オラは小屋の脇を流れる川さ入って、水を手ですくったり、
石を拾って投げたりして遊んだ。
水車小屋 2
そしたらばさ、目の前に変な板があったのさ。

何だ、これはってオラは、その板を取り上げて川の上に上げたんだ。

川の流れが良くなってなや。
「よし、いいぞ、いいぞ」
てな、オラは得意になっていたんだ。

「マサ男~・・、何処さ居る、帰るぞ」
母ちゃんが呼んだので、川から上がって家に帰ったのだった。

昼過ぎに母ちゃんは、水車小屋に行った。
そしたら、すぐに引き返してきて、
「マサ男、オメか、川の板抜いたのは」
「うん、おかすね板だと思って片付けたよ」
「ありゃ・・、何すてこの馬鹿ケが、何てことすてけだ」

母ちゃんは、又走って行ったのだった。
オラも訳がわかんなくて、母ちゃんについて行ったら、
近くの家を回って頭っこを下げて謝ってらった。
水車小屋 3

そうか、あの板は、水車に水をひくものだったのか。
オラは悪い事してすまった。

「母ちゃん、申す訳ねい」

その日はソバ餅作ってもらえなかった。
順番が、後になったからだ。
いや、母ちゃんが申し訳ないって、皆が終わった後にするって、
言ったからだ。

何日かして、ソバ餅を作ってけだ。
「マサ男・・・、腹いっぱい食えよ」
「うん、食う食う」
水車小屋 4
「うんめい、うんめいなや」

オラは、何個も食った。うまかった。

でも、なんかしら、涙がこぼれてなや。

母ちゃんさ、頭っこ下げさせてすまった。
申し訳ねえってな。

              どんと晴れ

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


宝くじが当たったら

宝くじが当たったら

環境サークルの忘年会でのこと

いわて町環境サークルに所属して地道ながら活動をしている。
20日(金)に忘年会があった。

メンバーの大半は女性である。
環境忘年会
今年一年の活動を振り返る訳であるが。
環境忘年会 2

盛り上がるのは雑談だ。
今年の宝くじの当たり金額の最高は7億円ということで、
話題になった。

当った場合の行動である。

ある人曰く。

「おりゃ、さア・・金持って山さ逃げるじゃ」

「家族何か、かまってられねぇ」
宝くじ
当った時の行動を語るってのは、実に楽しいものである。

Aさん、金の入った袋を背負って山にこもる訳だ。
その後どうするんだろう。

まあ、当る事はないからその先の心配は無用か。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


立ち木を見る

立ち木を見る

親と云う字は立ち木を見ることだ。
と、教わったような気がする。

木の成長を我が子の成長として見てやることだったかな。
この木がね、真っ直ぐに育つように見てやる事ですね。
立つ木を見る

さて、間伐作業中の林内を見上げてみますと、
こんな状態ですね。

結構、あちこちで折れてます。
折れる木

折れる木 2

折れる木 3

折れる木 4

折れる木 5

折れる木 6

途中で割れてます。
折れる木 8
何事も、順調にはいかないと云う事ですね。

原因は大雪とか、雷なんでしょうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


岩手町の雪中ニンジン

岩手町の雪中ニンジン

岩手日報記事(12月18日)から
いきいき農場の現場

岩手町:人参
岩手町で、雪中からニンジンの収穫中である。
トラクターで除雪して手で掘り起こしている。

「ふーん、大したもんです」

収穫しているニンジンは色鮮やかで、通常より甘みが増していると云う。

「そりゃ、是非食べてみたいもんだね」

雪中人参

と、言う事で皆さんもどうぞ。

産直組合員でも同じように雪中ニンジンを収穫してますんで、
産直石神の丘にもあります。

私は、残念ながらありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


薪を切る

薪を切る

今日も天気は良い、薪を切る最後のチャンスだ。
何せまだ足りないんだね。

乾いてる木をチェーンソーで切ります。
薪切り

薪割り機械は、故障で返納したので、
まさかりで割っての作業でした。

休憩は例の小屋で。
今日はコーヒーを持ってきて一人ご満悦です。
一休み
「汗をかいた後の一杯は美味いの~・・・」

出来た薪を家に運びます。
うーん、一寸足りないか。
運搬

薪小屋、やはり足りなかったな。
横は、製材所から貰って来た木っ端です。
薪小屋
さあ、冬を暖かく過ごせるかな。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

間伐の作業

間伐の作業

山奥の小屋に行きます。天気は割と良かったです。
煙突の煙、ここに人がいるぞという証しです。
小屋

ここでね、暖を取り休憩をします。
ストーブ

休憩したら、雪のある林内に入り間伐材の処理です。
間伐 2

チェーンソーの操作も大分馴れてきました。
もう、かれこれ5年以上になりますか。
間伐

しかし、倒れない木があるんですね。
こんな時は、ワイヤーをかけて、引っ張り機で引きます。
間伐 3

これで、ちょこちょこ操作して倒します。
間伐 4
太い木だとなかなか倒れないです。
又ね倒れる方向を確認しながらやらないと、危ないです。

手が凍えてきたんで小屋に戻ります。
まだ早いんじゃないかって、
いや、今日はこの辺でやめときます。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ハウスの作業

ハウスの作業

雪が降り、ハウスの周りもすっかり根雪なりました。
ハウス

ハウスの中の春菊、まだ元気そう。
春菊

つぼみ菜、割と元気だね、いい色してる。
ツボミ菜

今日の作業は、行者ニンニクの根を植える事です。
行者ニンニク

掘って保管しておいた根をスジ状に植えて行きます。
行者ニンニク根

量は少ないです。
何せ、昨年は失敗しましたんで、反省点を顧みながら
育ててみます。
根植え
成功したら、増やして行こうかななどと思ってます。

どうなりますか。
無加温のハウスですからね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

天候の回復

天候の回復

大雪から二日が経過、風も落ち着いた。
気温も上がってきた。

小屋の方へ出かけて、除雪をする。
除雪

バックホーを始動させて、道つけだ。
除雪 2

空を見上げると晴れ間が出てきた。
青い空
うーん、澄みきってるな。

デジカメが修理出来たので、久しぶりの写真投稿です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



大活字本を読む

大活字本を読む

図書館に行くと大きな字の本がある。
これまでは、目もくれなったが、手に取るようになった。

読みやすい。
本:蟹工船
何かしら話題になる、蟹工船を借りて読んだ。

当時の労働の実態が浮かんできますね。

この船に乗せられたら、俺は死んでるね。
いや殺されてるか。

蟹工船

船員、漁夫、雑夫そして、監督、船長とかが出てくる。
まあ兎に角凄いもんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



大雪だ

大雪だ

13日(金)は、大雪だった。
朝起きて雪かきをしたが、昼前には同じような積雪となって
雪かきをして、夕方にも雪かきをした。
雪掻き
トータルの積雪は、30センチくらいか。

日本海側ではかなりの積雪になっているようだ。


そして14日の今日も各地で雪が降っている。
朝の気温は-9℃もあった。
冬とは云え、急激である。

緩やかに、来て欲しいよな。何事も。
まあ、そんなに世の中甘くはないか。

真っ白な雪に覆われて、白銀の世界になったが、
作業はできなくなる。

午前中は、ハウス周辺の雪かきをしてきた。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

岩手町川柳会:12月秀句の紹介

岩手町川柳会:12月秀句の紹介

今月の定例会における秀句を紹介します。

題詠 「映画」

ターザンとひばりの映画見逃さず      YS
健さんは元気小百合はきれいだな      MS
字幕読み疲れたシニア二人連れ       SM
大昔映画館通りがあったとさ        KI
我が身と主役かさなり涙する        SK
終戦時洋画で異文化知らされた       KM
看板を見て覚えたスターの名        TH

宿題 「雑詠」

待合でただ只くたびれた時を見る      KI
百才もまだまだ命望むだろう        YS
来年も頼みますよと夫婦椀         SK
敗戦の飢えを知らない皿の数        MS
生きて行く道は広いが動かぬ足       TS
薬増え毒でないだろ飲んでおけ       YS
人生の重荷を知らぬ赤子笑む        SM
つらくてもロボットは涙流さない      KM


今月は、忘年会の為に「席題」はありません。

さて、絵になる川柳はこれです。
「看板を見て覚えたスターの名」
川柳:映画

「百才もまだまだ命望むだろう」
川柳:百才


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


川柳会の忘年会

川柳会の忘年会

我が岩手町川柳会の忘年会が行われました。
月例句会に引き続きですね。
句納め
人数は5人でした。

私が入会した5年ほど前は10人程居たのですが、
大分減ってしまいました。

私以外は70代以上ですからね、この先が心配になります。
30年以上続いた、川柳会もどうなる事か。
仲間になる人の加入を待ってますが音沙汰なしです。

まあしかし、人生の楽しみ方は人様々です。
なるようにしかなりませんから、酒を飲みましょう。

一杯飲んで腹を酔わせて頭の回転を速くして語りましょう。
料理は美味い、酒は美味い、浮かぶ句はうまい。

と、言う事で後ほど今月の秀句を紹介します。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


馬産地だった

馬産地だった

来年は馬年である。
馬にちなんだ話をする事にする。

戦前までは、この辺の農家の大半が馬を飼っていた。
農耕馬、軍馬のいずれかであろう。

私の記憶では、隣の家にいてね、でっかい○○○を見て
驚いたもんですね。
馬
80代半ばの爺さんたちは、懐かしそうに馬の話をする。

子馬の世話をしたとか、裸馬に乗って走り回ったとかね。
馬の放牧地もあり、草刈り場もあちこちにあったようだ。

家の婆様も嫁に来た時に、牛馬のエサやりをさせられて、
先に牛(べこ)にエサをやったら、馬が怒って襲ってきたそうだ。

飼ってる牛馬にも序列があったようですね。
それ以来、エサは馬から先にやったと言っていた。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

童話:鎌遊び

童話:鎌遊び

ツッチー君は、山の奥に住んでいたので一人ぼっちでした。
家の周りで遊んでいたら、鎌を見つけました。

「ああ、いいの目っけた」

鎌遊び

ツッチー君は、鎌を振り回して草を切ったりしました。
あっちの草を切りつけ、こっちの草を刈ったりしました。

しかし、途中で飽きてしまい鎌を放ってしまったのでした。
鎌遊び 2
「誰だ、鎌を投げた奴は・・」

お父さんが鎌を見つけて拾ってきたのです。

他に誰もいませんから、犯人はすぐに知れます。
ツッチー君はお尻をペンペンされてしまいました。
鎌遊び 3
「ごめんなさいよう、もうしないから」

「ほら、刃が欠けてるじゃないか」
お父さんは、鎌を研ぎ始めました。
鎌遊び 4
お父さんは、鎌の刃を一生懸命研いでました。

ツッチー君は、鎌で遊ばない事を約束しました。

                    どんと晴れ

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


デジカメを修理に

デジカメを修理に

使ってるデジカメに「ズームエラー」が表示されて
ピントが合わない。

「電源を入れ直してください」
となって、何度入れ直しても治らない。

諦めて修理にだした。

デジカメ携行

このデジカメも3年目になった。
修理は2回目である。

ブログを始めてからは、デジカメは常時携行になっている。
腰にポシェットだかの入れ物を下げてね。

最近は必需品でもあるから、側にないと寂しい。

以前「システムエラー」で
ウンともスンともならなかった事もある。

今使ってるデジカメは、あと何年持つだろうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


渡り鳥

渡り鳥

12月も2週目に入る。
雪がちらつき冬本番もまじかである。

上空から何やら音がする。
「クー クー 」
見上げると渡り鳥だ。

渡り鳥
Vの字で飛んで行く。

およそ20羽、これがワングループか。
先頭を飛ぶ鳥は、若い鳥であろう。

音を出しているのは、中ほどにいる鳥か。

果たして何処まで行くのか。
休憩地点とかも、儲けてるんであろうか。

「おーい、俺を覚えてるか~・・・」



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


影絵遊び

影絵遊び

子供の頃の遊びに影絵を作って遊ぶのがあったね。

障子の戸に手をかざして動物とか形を作るのだ。

影絵遊び
私の所は4人兄弟だったので、結構賑やかだったような気がする。

テレビの無い時代なんかは、冬は暇だからね。
一つの遊びに飽きると別な物をやるとか、したもんですね。

犬とか、作ってね、下の指を動かして口が動いてるようにとかしたもんだね。
鳥もとぶように指を広げたり上下に上げたり下げたりしてね。

単純なような気がするが、結構楽しかったもんですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



事故が相次ぐ

事故が相次ぐ

私が利用する道路は、国道281号線(盛岡~久慈)から沼宮内の町に入る
町道である。

市街地の入り口で衝突事故が起きていた。
交通事故 2
カーブを大きくはみ出して侵入したようだ。

怪我はないようだが、もめていた。

午後に、作業に出て夕方帰ってきたら、家の入口付近で事故が起きていた。
交通事故

すでに、片付けれていたが、
乗用車と大型トラックのダンプが衝突したらしい。
路面にタイヤの跡が残っていた。

けが人はなかったようで、警察等の現場処理も終わっていた。

なんだろうね、1日2件も事故が身近で発生するなんて。

寒いと車内の暖房を強くする。
その為に眠気を誘う、もしくは頭の回転を鈍くする。

うーん、我が身も気をつけなくてはいけない。
60歳を過ぎた身体が事故などで傷ついたら終いだ。

自分が気をつけても、向こうから来る場合があるからな。
どうかこの先平穏な日々を送れるようにと、願います。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


アイソン彗星を知る

アイソン彗星を知る

最近話題になったのがアイソン彗星ですね。
宇宙の神秘というか、何と云うか表現が出来ません。

彗星のごとく彗星が現れる。
軌道を計算する人がいるんだろうね。
どのようにひもとくのか不思議な気がする。

アイソン彗星を知る
太陽に接近して消えたとか。

この彗星の誕生は凡100万年前だとかいう。
へー・・・、それくらい、飛んでたのか。

たいしたもんである。
太陽系に突っ込んで来たんだから、太陽系の外と言うか、
他所も知ってたんだな。

太陽に突っ込まないで、地球に接近したらどうなってたんだろう。
月の軌道とかのバランスが崩れたり、通過の際に生じる摩擦熱とか引力とかが
作用して大変な事になってはいなかっただろうか。

などと、余計な事を考えてしまったね。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


薪割り

薪割り

天候も平穏になり作業ができるようになった。

集積して置いた薪を割る作業を始めた。
温まるぞ
薪ストーブにくべる薪が必要である。

まさかりを振り上げての作業も、大変になり
薪割り機械を購入した。
薪割り機械
エンジン式である。
地元のホームセンターで購入したが、外国製品である。
細部の説明は英文である。

日本語の説明は、A41枚に集約されている。
取りあえず、これを守ってやればいいらしい。


早速、始動して作業を開始した。
薪割り
オイルは5~6時間の使用で、抜き取って交換しなくては
いけないようだ。

圧力をかけるのも5秒を超えないようにとか制限がある。

注意点は良く把握しないと、故障した場合、修理とか部品とかが
手に入るかが心配の種になる。

プラグも100時間で交換とある。
2シーズンくらいかなと。
そのころは忘れているな。

最低でも10年は、持って欲しいよな。


それにしても、今回割った薪は来年以降の使用になる。
乾燥しなくてはいけないのだ。

集積した分が終わるまで雪よ降らないでくれ。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


産直の忘年会

産直の忘年会

2日は産直組合の忘年会でした。

日頃の野菜の事は忘れて一杯やる日です。
なにはともあれ、一曲うならないとね。
宴 3

参加者は女性が多かったです。
ご年配が主ですけども。
宴 2
まずは、目の前の料理を舌鼓からです。

1時間も経過すると
そろそろ、中身の濃い話になっていきますね。
宴 1

さあ、宴たけなわになりつつありますんで、
カラオケへと向かう人が出る訳ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


トゲが刺さると大変

トゲが刺さると大変

農作業とか、山林作業とかでトゲが刺さる事がある。

小さなトゲでも、痛い。
気になる。

それで、とげのある処を捜すが見えないからやっかいである。
トゲ
老眼鏡をかけて、拡大鏡を出して、指を見つめる。

見つけたら、針でトゲをほじくり出す。
しかし、これも大変だ。

針を持つと、拡大鏡を持てない。
瓶とかペットボトルに、拡大鏡の手を入れて固定するのだ。

手をよじったり身体をよじったりして、針でトゲを抜く。
老化現象は、トゲ抜きも楽じゃない。

トゲが刺さらないように手袋をしてやればいいのだが、
いちいち面倒だとか、すぐ済ませれると素手で作業をしてしまうのだ。

今、一か所トゲが刺さったままな所がある。
どうしてもとれないのだ。

痛みも鈍感になってきた。
もう、良いか、などと考えてしまう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村