Entries

やっぱり古里だな!

やっぱり古里だな!

昭和26年生まれ

ゴールデンウィークが始まった。
世の中、騒ぎだす。海外だ温泉だと行楽地へ足を延ばす。

しかしながら、そんな事には目もくれずに古里へ帰る人がいる。
古里が一番、古里が安らぐと言う人がだ。

27日の夜に、早速電話が来た。
「お~い!  居るか・・来たぞ」

いる連中に声をかけて、集まり同級会だ。
話は尽きない。

同級生
小・中・高の事
近所の事
思い出は尽きない

皆、親父を超えて初老になった。
目線と話題がそこに行くから、頭から帽子を離さない奴もいる。

農家にゴールデンウィークは、ない。
日中は天道様と共にあり、行楽地など遠い世界だ。

しかしながら、こうしてやってくる人がいる。
愉快なひと時、楽しいひと時、
夜が更けて、翌日になってしまった。

ありがとう、わが友よ。

又、飲み語ろうじゃないか。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

野菜パウダーの販売

野菜パウダーの販売

岩手町道の駅石神の丘では、野菜パウダーの販売を開始しました。
野菜パウダー
いよいよ、我々生産者の野菜が粉になって、食卓へ届きますね。

販売コーナーです。
パウダーコーナー
ニンジン、ゴボウ、カボチャ、ホウレンソウの4種類ですね。
色々な利用法があるようです。

「これは、食卓革命だ!」
と、担当者が言ってました。


店内の私のコンテナです。
私の箱
山菜「行者ニンニク」です。
山形では「まぼろしの山菜」と、呼んでるようです。

この時期はもう少し量があってもいいんですが、
気温の低い日が続いてますからね。
まだ、桜も咲いてないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

対異性に気をつけよ!

対異性に気をつけよ!

我が運勢を見ると、対異性に気をつけよ。
と、ある。

異性と言うと女性しかない。
最近、女性と話をしたりする機会が増えてきた。

ふんふん、もしかしたら、このオレに行為を持つ人もいるかもしれない。
対異性
あの、若い子だってもしかしてな。
加藤茶のような事もありえるかな。

うーん、女房にバレたらどうするか。

などと、対異性が気になりだした。
さて、誰に気をつけなくてはいけないのか。
えーと、えーとだな・・・。

良く良く、考えてみれば、心配無用の事だった。
対異性 2
出会う女性の大半は、年配の方々である。

ごく稀に、美しく姫に出会うだろうが、まあキツネかタヌキだろう。
化かしても、巻き上げる金はないだろうし。
若い女性とは会話が成り立たなくて、返ってつかれるしな。

ああ、せめてなりたや「元祖考え中」の一時である。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

夫婦で散歩

夫婦で散歩

夫婦で散歩
散歩は良く見る風景である。

夫婦で散歩する姿もある。
どちらかが不健康とか、老いが目に見えてきたから、
二人で頑張ろうとかするんだろう。

まあいい事ですね。

人生の最後は、どうなるか分かりません。
オマエ100までワシャ99。
だったですか。

看取るより、看取られる方が良い。
誰かに看取られて逝きたいものだ。

ああ、分からない。
俺は、野垂れ死にするかもな。

取りあえず、健康維持に努めよう。
ダイエットに取り組んで、3か月。
体重は、6Kgほど減にはなったが、メタボの体系に変わりはない。

歩こう
身体を動かそう
手足を伸ばそう
背伸びしよう
外の空気を吸おう

話をしよう
鳥の声を聞こう
花を見よう
川で手を洗おう
陽を浴びよう

さあ今日も夫婦で歩こうじゃないか。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


山見交流会

山見交流会

岩手町沼宮内に伝わる伝統行事「山見」を通じて、
小学生との交流会が行われました。

我々の山見劇団の寸劇公演も行われました。
(前回写真)

日報(26日記事)に掲載されてました。
山見交流会
子供達も劇を通じて、伝説を知りえたと思います。

私の役はお大尽の正次でした。
正次さま
大蛇の退治し、村に平穏が戻りこの地を「沼宮内」に
改めると云う場面です。

観賞後、児童による発表会なども行われました。

児童数は310人ですか。我々の時は千人以上だったですけどね。
ちと、さみしいです。

子供は宝だなどと言いますが、宝が減ってるんですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


山見劇団の公演

山見劇団の公演

4月25日午前9時半についに、山見劇団の開演。
山見劇団
場所は沼宮内小学校の体育館。
生徒を前に、劇を披露した。

沼宮内伝説を、次の世代に伝えていく、素晴らしい企画であった。
私も、一役こなした。

めんこいTVでも、山見の劇が紹介された。
2度ほどチラッと出ていた。
どうも、メグさいと言うか恥ずかしい。

これじゃ、やはり役者などは、勤まらないと改めて思う。

しかし、周りは良かったとか何とか云う。
どうも、信じられない。

まあ、子供たちに、何か伝えれれば役に立てたのだろうと思う事にする。

大体が、スポットライトを浴びる人生などなかったのだからな、
ここにきて、浴びたんだから良かった良かったである。

ともあれ、今晩はゆっくりと寝て熟睡できそうだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ホッケー IBC杯

ホッケー IBC杯

4月20日~21日からIBC杯のホッケー大会が始まりました。
高校の部は、沼宮内高校が大会6連覇としましたね。
ホッケー 6

私も、当日久しぶりに会場へ足を延ばしました。
試合を見ると懐かしいですね。
ホッケー 4
あいにくと、小雨降る寒い中でしたが、熱く燃えてましたね。

この試合は、今市(栃木)と、不来方(岩手)でした。

次は、中学生が27日からですね。岩手町内の中学校チームが大勢でますので、
楽しみですね。

頑張れ岩手町です。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

岩手町川柳会:日報に掲載

川柳:日報(新聞)掲載

我が岩手町川柳会の句が岩手日報の詩歌の窓に掲載された。

川柳:詩歌の窓

YS氏の「演説はどの大臣も法螺ばかり」である。

川柳:演説
これは、席題「法螺」で詠んだ句ですね。

YS氏は75歳、耳が遠くなって大きな声で、
話をします。
楽しい人です。  頑張ってくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

オレは誰?

オレは誰?
オレ誰
先日、久しぶりに本家に行きました。
父方の方です。

爺さんは(父の兄)、御存命で93歳になります。
昼に、パンと牛乳を食べてました。

顔を合わせるのは、3年ぶり位ですか。
傍によって、
「オレは、ダ~レだ」
と、話しかけました。

ゆっくりと見上げて、
「オメか、弟の子だべ・・」
と、行って、にこっとしました。

60歳を過ぎても、子供です。

ボケてません。
しっかり覚えていましたよ。

気持、安心しましたね。
「ああ・・良かった」
てね。

90歳を超えてから、外を出歩くとは殆どなくなりました。
しかしながら、まだしっかりしてます。

ホームの世話にもならず、昼食にパンとはね、
しゃれてます。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

山見劇団の舞台稽古始る

山見劇団の舞台稽古始る

沼宮内の伝説「大蛇物語」の稽古が舞台へとなった。
いよいよ、本番まであと3日となった。
山見劇団
衣装も各人持ちが主なので、さらに改善しなくてはいけない。
セリフも、覚えてるようでいて、出て来ないし、間が開いてあいてしまう。

やっぱり、役者は無理かな。
しかし、周りは皆熱心だ。劇にかける情熱は、素晴らしい。

終わった時の、安堵感を味わうために一所懸命やりますよ。
老い先短い人生でも、この先何があるか分からない。

死ぬまでワクワク感を持って生きて行くのだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

大蛇伝説 その5

大蛇伝説 その5

岩手町沼宮内に伝わる伝説です。

生贄に差し出すクジを引いた家次は、代わりの娘を捜しに
方々を歩き、母の悲しみも深い。

「この私が人身御供になり、娘を助けよう」
と、悩み苦しむのだった。

そんな、姿を見た娘寄寿姫は、
心を決めるのであった。
心を決める姫
「私が、選ばれたのは神の思し召しなのです、
私が人身御供になれば大蛇は静まり、大勢の人々が助かるのです」

「母上様、どうぞご安心ください」

心を乱す母親や、泣き崩れる皆を前に、
静かに祈るのであった。

恐ろしき大蛇に、人身御供として召し出し日は、
刻一刻と近づいて来るのだった。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

春を満喫?

春を満喫?

新聞(日報)の今日の運勢、
「絶好調、どこかへ出かけて春の日を満喫して」

4月半ばも過ぎて、時期的にはそうあるべきだろうが、
天候は最悪、ここ数日寒気が居座り続けているのだ。

そして、朝から雪だ。
春を満喫?
春を満喫?

春よ…春よ…
少し芽を出した水仙も雑草も、これには参っているだろう。

満喫…満喫・・・
くそ~・・・、歌ってやる・・・歌ってやる・・・
キャンデーズの歌を。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

石神の丘美術館は20周年 その2

石神の丘美術館は20周年 その2

美術館の事務所を訪問です。
「今日は・・・」
「あらら、ツッチーさん、いらっしゃい」
石神美術館応援
芸術監督の斎藤純さんも仕事してました。

産直の事務局になってから、益々親密の度を深めてます。

「えー!、我が産直では、美術館の創設20周年を応援する企画を考えてますけど、
どうですか」

「あらまあ、それは嬉しい」

てな事で、色々アイデアを出して盛り上がろうと思います。
小さな地方の町にできた、美術館も20年の歳月で、すっかり定着しましたからね。

きっと、にぎやかになりますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

石神の丘美術館は20周年

石神の丘美術館は20周年

岩手町の石神の丘美術館は創設20周年なそうです。
現在の企画展です。
三浦千波展 2

三浦千波展 1
本物の絵はやはり違います。
引き込まれます。クギづけになりますね。

皆さまもぜひ足を運んでください。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


大蛇伝説その4

大蛇伝説その4

正次さまは、多くの家来を持つお大尽だった。
その妻は、強欲で日々辺りを怒鳴り散らしていた。

そして、ある日その姿は大蛇に化身していたのだった。
大蛇に化身
大蛇は沼を棲みかとし、人を襲うのだった。

ああ何故このような姿になったのであろう。
恐ろしや恐ろしや。



にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


里山に春

里山に春

昨日今日と寒の戻りで、冷え込んでるが、山に入ってみた。
カタクリが、つぼみを出していた。
カタクリ
花芽が出るまでに、7年くらいかかるような事を聞いてます。
随分な事です。

こちらは、葉わさびです。
葉ワサビ
まだ、花芽を出してないですね。


行者ニンニクです。
行者ニンニク
まだ、小さめですが出荷できそうですね。明日出して見ますか。

行者にんにくは、高級品ですね、精もつくし。
味もいいし、一度食べたら病みつきになります。

お楽しみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

大蛇伝説 その3

大蛇伝説 その3
 
娘を差し出すクジを引いてしまった家次は、
途方に暮れたのだった。

我が娘を、大蛇の生贄なんてできない。
困った、困った、どうしよう。

思案の末、財産を売り払い、代わりの娘を捜しに行くのであった。
娘を売ってください
「どうか、その娘を私にくださいませんか」

「何を言うのか、娘を売れだと・・、とっと帰れ」

どこにも、娘を売るような人はいません。

家次は、足を棒にして、方々を歩きましたが、
娘子を手に入れることはできませんでした。

ああ、大蛇へ娘を差し出す日が迫っている。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

天候の急変

天候の急変

4月18日の朝、寒い。昨日は汗ばんだのに。
天候の急変
6月半ばの陽気が一変して3月下旬並みの気温に逆戻りだと。
どうなってるんですかね。

地球の大気はどうなってるんだ。

身体に変調をきたすよ。

まあこの年になれば、鈍感になってくるから、そうでもないか。
長年の経験をここでいかさないとな。

冬ものを一応片付けたりしたんだよな。
ジャンバー類とか、厚手のシャツもな。

ズボン下は、5月頃までは、やはり手放せない。
朝夕の冷えは、やはりきついからな。

明るい農村、豊かな集落、希望の楽園が冷える。
ああ、寒いと心も萎える。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




鶴田浩二の歌が響く

鶴田浩二の歌が響く

昭和26年生まれ

若い時に流行った歌がある。
鶴田浩二の「傷だらけの人生」だった。
歌よりセリフの方を記憶している。

手を耳に当てて、静かに語り明けるのだ。
鶴田浩二
古い奴だと思いでしょうが
古い奴こそ 新しいものを欲しがるもんでございます
どこに新しいものがございましょう
生まれた土地は荒れ放題
今の世の中 右も左も真っ暗闇じゃございませんか

歌が響く
ああ・・・聞こえる
鶴田浩二の声が、古くなってしまった俺に

生まれた土地は荒れて行く
年々増える、未耕地よ

両方の耳をふさいでしまいたい

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


岩手山の鷲

岩手山の鷲

岩手日報(新聞)の記事から。

啄木もこよなく愛した岩手山
山裾の雪も解け、残るは標高2,038mの岩手山である。

この岩手山に現れるのが。大きな鷲だ。
場所によって、イメージが異なるし形が分からない。

この日報の写真は実に素晴らしい。鮮明だ。
なるほどなと。

岩手山のワシ

ワシの形
岩手山が岩鷲山とか巌鷲山と言われているのがよく分る。
これで見ると、盛岡方面からが形がはっきりと鷲になるようだ。

このワシの形が現れると、畑仕事が出来るようになり、
桜が咲くと、種を撒けと伝えられている。

古里を離れている岩手県人の方々、岩手に春がやってきましたよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

床屋に行った

床屋に行く

4月16日の事
先日は、婆様を美容院へ連れて行ったので、この俺もスッキリして、
若返ろうかと床屋に行ったのだ。

時折行く、若い衆がいる店だ。
60歳以上は300円引きのサービスについ足を向けてしまうのだ。

最近は、髪型も気にしない、トニックとか何とかもつけない。
いつもの2センチカットである。
床屋
今日の、アンちゃん、酒臭い。それもニンニク臭だ。

何だよ、この匂いはよ。マスクでもしろよ。
と、つい思ってしまった。

こいつ、昨日宴会か、ゴーコンとやらか。
焼き肉食ったのか、餃子か。

時折、降りかかる臭いに、ついいらぬ事を考えてしまう。
いつもは、ほんの少し気分良く眠りに入るのにな・・・。

全く、しょうがねえ奴だ。

顔そりは、若い女の人がやってくれた。
それで、少し機嫌を戻して店を出たのだった。

クソ~今度は、オレが酒臭い息をかけてやろうか。
しかし、それだと、此処に来るまでに飲酒運転で捕まってしまうな。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




オーロラ紳士 現れる

オーロラ紳士 現れる

14日(日)は、我が地域の総会だった。
決算、活動報告、今年度予算の承認等があり、
役員の改選が行われる。

会長以下主役員は留任であった。
各班選出の班長等に時間がかかる。

今年もめたのが、「みまもり隊」と云う、登下校時の子供を
交通事故から守ると云う人の人選である。

なかなか善意で行動する人は少ないのである。
子供が少ないから今度は老人の「みまもり隊」が
できるような話もある。

まあ、それはともかく総会が終われば懇親会だ。
この地域にも、町長とか議員とかが来賓出席する。

飲めや歌えの宴である。
酒を一口二口と身体に入れるたびに舌が滑らかになる。

頃あい良しと出てきたのがオーロラ紳士です。
オーロラ紳士登場
さあさ、皆様今宵は楽しく行きましょう。

酒も煙草もやらない私が皆様に幸せを運びます。
てな調子で、盛り上がります。

昼間から飲む酒は、飲んでる時間が長くなるから、
結構きついものでしてね、3時間ほどで切り上げました。

地域の皆さま、頑張って生きてみましょう。
きっと、いい事があります。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポン太の学校

ポン太の学校

タヌキ山のポン太も大きくなりました。
「どりゃ、おマエにも、そそそろ教えないとな」
「え! なになに」

「勿論、化け方だよ」
「うん! 教えて教えて」

「いいか、葉っぱを頭に手をこうしてだよ」
秘伝
「うん  分かった・・・」

ドロロン・・パ

「どう、こんな感じ」
秘伝 2
「だめね・・   」

覚えの悪いポン太を学校へ入れる事にしました。

「タヌ吉さんとこで、しっかり勉強してきなさい」
「はーい」

ポン太は、タヌ吉さんとこへ行きました。
タヌキ学校
「へい、いらっしゃい」
「ありゃりゃ、いっぱいいることよ」

タヌキとキツネの子等が大勢集まってきました。
さあ、楽しい学校が始ります。

しっかり勉強してね。




にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

婆様が美容院で若返る

婆様が美容院で若返る

婆さん、昨年末から散髪してなかった。
歳を取ると、薄くなるので何となく伸びていると云う感じだった。

何度か、切るかとは言ったのであるが、
いや、もう歳だからいい。
と、時折後ろに丸めて縛ったりしていた。

しかしながら、櫛(ブラシ)もかけないと、気持ち悪くなったきた。
そこで、美容院へ行く事になったのだ。
美容院へ行く
カットして、パーマだかをかけて貰う。
4時間もかかったのだろうか。結構な時間をようした。

スキッとした顔で、顔で帰ってきた。
周りから、10歳くらい若返ったな。
と褒めそやされて、上機嫌だった。

やはりね、歳だからと言って放って置くのは良くないようだ。

何せ自分一人では、街へ行く事ができない、
誰かに頼まないといけないのだから。

さて、私もそろそろ散髪しなくてはな。
10歳は若返るかな、無理か!  せめて5歳位若返りたい。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

岩手町川柳会報が400号に

岩手町の川柳会が報400号に

今月で、岩手町川柳会の会報紙が400号になりました。
川柳会報400号
幾多の諸先輩方が楽しんできた句会で、私も仲間に入れさせて
頂いております。
もう、4年になりますか。早いものです。

最高齢の方は88歳の米寿です。
未だに、若いと云うか、ドキッとする句を出します。

毎日3句でボケてる暇がないと。
あっちへ行っても、句を作るぞと、盛んです。
あの世でも川柳
これはいいですね。
あの世の土産は手ぶらでも、十分ですね。

岩手町に居住する方、近辺の方一緒に楽しみませんか。
女性も歓迎です。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

川柳:4月定例会

岩手町川柳会:4月定例会の秀句を紹介します。

★ 席題 「睡眠」

暖かいゲコゲコ起きて陽を浴びる     TS

老いの身に眠れぬ夜は地獄です      KM

居眠りをしながら法話聞いている     KI

睡眠のままで死ねたら一番だ       YS

安心も恐さも睡眠剤になる        MS

大の字に寝ると充電すぐできる      SM

★ 題詠 「過ぎる」

明日という言葉を使いすぎた悔い     SM

夕食も待っている僕には過ぎる妻     KI

食べ過ぎも飲み過ぎ気づく検診日     SK

歳月は三段跳びで過ぎて行く       MS

過ぎてからあれこれ思う鈍感さ      YS

過ぎ去れば記憶も遠く消えて行く     TH

木偶の坊過ぎたる愛に育まれ       KM

★ 宿題 「雑詠」

若いねと言われその気になれぬ今     YS

放牧の牛はセシュウムなど知らぬ     SK

もう一度踊る夢見る手術台        SM

今日褒めて明日悪く言う人の口      MS

医者いらず暮らせる日々が面白い     KI

オペ成功三途の川を引き返す       SM

だまされたふりも時には生きる道     KM

咲く前に春の嵐が枝を折り        TH

今月の絵になる川柳はこれですね。
「暖かいゲコゲコ起きて陽を浴びる」
ゲコゲコ

「もう一度踊る夢見る手術台」
川柳:オペ

今月の句会も楽しいひと時でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

大蛇伝説 その2

大蛇伝説 その2

岩手町沼宮内に伝わる伝説です。
大蛇のいけにえに差し出す、クジを引いてしまった。
親子は嘆き悲しむのであった。

母親が、
「お前はまだ若い、私が行きましょう」
と、言う。
哀れな姫よ
娘の寄寿姫は、
「いけにえは、若い娘と言われております」
と、母親をいさめます。

いけにえの日が近づいてきました。
ああ、哀れなる姫の運命はいかに・・・。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


牛糞堆肥の散布

4月9日の事

牛糞堆肥がきました。
牛糞堆肥
天気も回復したので、やってきました。
キロサ牧場の牛糞堆肥です。

これを運搬車に積みます。
積載
これは手作業ですね。

スコップで畑に散らします。
運搬
まあ、何事もサーキットです。

このあと、雲が急速に覆ってあっと言う間に雨が降ってきました。
どうもうまくいかないですね。

兎に角、桜の開花までに一歩ずつ前進です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人魂とは?

昭和26年生まれ
人魂とは?

人魂か
明治生まれのある人は、人魂を3度見たと云う。
(その人が書いた著書による)

いずれも、夜でボーッと炎が浮かび赤黄の尾ひれがあったそうだ。
昼は明るいので、見ることはないだろう。

一度は、婆さんが死んだときで、虫の知らせと重ね合わせたらしい。

私も、一度山裾の方でかすかな明かりを見た事がある。
うん・・・、何かいるのか、何だろうとじーっと、見ていた。

人魂だったかどうかは分からない。

動物の死骸から出る燐火とか、死者の魂とか云う。
果たしてどうなんだろう。

昔の墓所は土葬だったので、見たとか居たとかの話は合ったものらしい。
そう云われれば、どんなものでも、そう見えるのだ。

今は、火葬になったのでそのような話をする人はいない。
つまらなくなったもんだ。

この先の人生で、人魂、火の塊、玉、鬼火とやらを見る事が出来るだろうか。

実際に見たら、足がすくんで身動きが出来ないだろうけども。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



裕次郎だった

方言小話:裕次郎だった
裕次郎だった奴
オラの村に裕次郎がいた。
7つほど年上の人で、
背が大きくてすっらとして、男前だった。

外出するときは、いきな格好をしていた。
歩く姿が、裕次郎だった。

街中を歩き、店に入ると女もホッテおかない。
乱暴な口利きだが、面倒見は良く支払いもキップが良かった。

裕次郎は、家を出て稼いでいたが、
長男だったので、親の後を継ぐために、村に帰ったのだった。

奥さんは美人だった。
裕次郎は奥さんを連れて歩いていた。

やがて、裕次郎は実家を出され、親とは別に暮らしたのだった。
そのうち奥さんは子供を連れて家を出て行った。

裕次郎は一人になった。
酒を飲み、朝から息が臭かった。
人との付き合いもしなくなった。

たまに合うと、やはり裕次郎だった。
「おい、元気でいるか」
と、声をかけて、煙草を取り出して吸う。

ある秋の日、裕次郎は、道端で倒れそのまま亡くなった。
早く逝ってしまったのだ。

葬儀は寂しく、それらしい女の人の姿はなかった。

オレは雪解けの道を歩いて、
裕次郎の捨てた、煙草の空き箱を見つけた。




にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村