FC2ブログ

Entries

コロンとソラのタイムスリップ 第2編 1

コロンとソラの小話(童話)を続編で続ける事にしました。

前作が好評だったかどうかは、どうかは分かりませんけど。

やっぱりね、コロンとソラの犬猫が元気に活躍と云うか

遊ぶってのは、いいですね。

それでは、「コロンとソラのタイムスリップ 第2編」の始まりです。

「やーーソラ、天気もいいし、いい気分だなや・・・」

「そうだなコロン、今度は何があるんだろうね」

コロンとソラは、野原の道を歩きます。
コロンとソラのタイムスリップ 2編
すると、誰か近づいて来ます。

「あ! 誰か来たぜ」

「何か・・、若い人のようだね」

「うーん、頼もしいな」

「沢山、遊んでくれるかもしれないな」
コロンとソラのタイムスリップ2編 1
「ワンワン  こんにちわ」

「ニャーン  何処へ行くんですか」

「ありゃ・・、なんだぃ お前たちは、見たことのない猫と犬だな、

何処から来た」

「えーーと、あっち」

ねえねえ、ボク達と遊ぶと、楽しいよ」

「遊ぶって・・、いいなぁ~お前たちはよ・・、今から畑さ行って

稼がないといけないからさ、そんな暇はないよ」

「えーー、そりゃ残念だ」

「あそうだ、僕たちも手伝うよ・・・ねえ」

「手伝うって、本当かい・・、そりゃいいな」

コロンとソラは、畑仕事を手伝う事になりました。


【続く】



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コロンとソラのタイムスリップ 第2編 2

コロンとソラは、お百姓さんと出会いました。

一緒に遊んでくれる友達ができたと喜んだのですが、

忙しいと言われてしまったのです。

そこで、コロンとソラは作業を手伝う事にしたのでした。

「ねえ、ボクの名は、コロン・・、おじさんは?」

「ボクはソラだよ、よろしくね」

「へー、コロンに、ソラかい、面白い名前だね、

オレの名は、作平・・、さくへいだよ」

「作平さん、僕たちの名前って面白いかい」

「ああ、コロンてさ、コロンコロンて、転がるんだろ、

ソラってさ、爺さんがよく歌ってたな、ヤーレン ソーランよ~・・て」

「へえー、そんなふうに、言われたことなかったな」

「いや~・・、楽しくなって来たな、さあ畑についたぞ

ここが、オラの畑だ」
コロンとソラのタイムスリップ2編 2
「わーー、畑だ畑だーー」

「うぉーー、一杯植えてあるーー」

「よーし、じゃさあ。ここの大根を取ってもらおうかな」

「え・・・、大根」

「これ、大根なの」

「ああ、そうだよ、ほれ、こうして、引き抜くんだよ

ほーら、土から出てくるだろう」

「そうか、分かったオレ、やってみる」

「オレも」
コロンとソラのタイムスリップ2編 3
コロンとソラは、畑の大根を掘ります。

「ありゃ~・・、なかなか抜けないよ」

「これ、ホントに抜けるの・・・」

「なかなか抜けないときはさ、周りの土を掘ると、抜けるよ」

「え! そう、こうかい」

などと、言いながらコロンとソラは一所懸命になります。

「あーー、抜けたーーー、掘ったぞーーー」

「オレも・・、掘れたーーー」

コロンとソラは、掘った大根を見て、大満足です。


賑やかな声が畑に響くのでした。



【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラのタイムスリップ 第2編 3

お百姓さんの作平さんと仲良くなったコロンとソラです。

手伝いをする事になり、畑に行って大根堀りをしました。

コロンもソラも、大根を掘る事が出来たので、作平さんも大喜びです。


「やーやー・・、おかげで作業が捗ったよ、ありがとう」

「いやいやなになに・・、この位なら、いつでもできるよ」

「ふんだ―ニャーン・・・」

コロンモソラも上機嫌です。

「それじゃ、今日はこの辺で引き上げるとするか、

帰るぞーー」
コロンとソラのタイムスリップ2編 4
「やーー、働いた――、働いたーー」

「えへぇへぇ・・楽ちんだねここ」

「そうだ、いいことを、教えようか」

「いい事・・なんだい」

「あの山に向かって、大きな声で叫ぶんだ、

いいかい、今、やるからな」

作平は、山に向かって、大きな声で叫びました。

「ヤッホー   ヤッホー  」

「ああ、いい気持ちだ」
コロンとソラのタイムスリップ2編 5
「はい、耳を澄まして・・・」

「ほら、山から声が聞こえてきただろう」

「あ~‥、ホントだ・・・ヤッホーてね」

「コダマっていうんだ」

「大きな声で叫ぶと、返してくれるんだよ

やってごらん」

「うん、やるやる・・ワンワーン」

「ニャーン」

・・・・・・

「聞こえないな」

「うん、聞こえない」

「声が低いからかな・・、もっと大きな声を出そう」
コロンとソラのタイムスリップ2編 6
コロンとソラは、コダマが買えるようにと、

大きな声を出します。

ソラは、なかなか大きな声が出ません。

「うーん、のどが痛くなたよ」

コロンは、もう、叫ぶより、吠えます。

ワン ワォーン  

「お!、コダマが聞こえた・・やったー」

「そうだね、コダマが返ったね、良かったなあコロン」

作平もコロンのコダマを聞いて喜びました。


【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






コロンとソラのタイムスリップ 第2編 4

山に向かって大きな声で叫ぶとコダマが返って来る事を、

作平さんから教わったコロンとソラは、大きな声で叫びます。

ソラは、どうも、大きな声が出ません。

コロンは、何度か叫ぶうちに、コダマが返るようになりました。

もう、得意になって叫びます。 そう、もう・・、吠えるようにです。

返って来るコロンのコダマを聞いていた作平さんが、変な顔をしました。
コロンとソラのタイムスリップ2編 7
「ウ・・・ムムム・・・、これは・・

もしかして・・、こりゃ大変だよ、コロンにソラ」

「えーー、何が大変だよ、ボクのコダマだよ」

「フーン・・、どーかした !!」

「コロンにソラ、急いで家に帰るぞ、・・ほら、支度して」

作平さんは、荷物を急いで背負い走りだしました。

「ああ~待って行くよ、行くよ」

「早く‥、早く・・、急げーー」
コロンとソラのタイムスリップ2編 8
「よーし、着いたぞ、早く中に入ってーー」

「それーー」

「よっしゃー」

作平さんにコロンとソラは、家の中に入りました。

「よーし、戸締りするぞ」

「へえぇ  へぇ  あ~あ・・、疲れた・・・」

「いったい、どうしたの作平さん」

「もしかしたらだけど・・・、奴がくるかもしれないな」

「え! 誰が来るの・・」

コロンとソラは、訳が分かりません。


すると、家の外で変な音が聞こえたような気がします。
コロンとソラのタイムスリップ 第2編 9
ウーーーウーーーーー

何か唸るような音? 声です。

「作平さん、何か変な音がするよ」

「奴らだ・・、奴らが来たんだ」

【続く】




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



コロンとソラのタイムスリップ 第2編 5

山のコダマから、異常を感じた作平とコロンにソラは、

急いで家の中に入りました。

外では、何か音がしたり、唸り声がします。

その音が少しづつ増えているような気配がします。

やがて、夜になりました。

コロンがそっと、外の様子を見ると、

何か、光るものが、絶えず動いています。

「おいソラ、何だろうあれは」

「ふーん、なんだろうな、あれは、目だな・・、ギラギラしている、

オレ達よりも、大きいなあれは」

「だんだん、増えているような気がするな」



「平作さん、あれは一体なんだい」

「オオカミだよ・・、オオカミが来たんだ、
コロンとソラのタイムスリップ2編 9
「オオカミ・・・、オオカミ」

「オオカミって・・」

「オオカミは、怖いぞ・・、どう猛でな・・、容赦ないんだ」

「えー! やだな」

「オレ達、食われるんだろうか」

「ふーん・・・分からないな、何事もなく立ち去ってくれることを願うしかないな」

コロンとソラは、まんじりとしない夜を過ごし、朝となりました。


オオカミ達が、います。
コロンとソラのタイムスリップ2編 10
「ブン兄い・・、久しぶりでがんすね」

「おおー、タツの兄弟、元気だったかい」

「へい、おかげさんで、何とかやってます」

「そうか、そりゃ良かった」

「ところで、ブン兄いも、よくここえ来ましたね」

「ああ、ひとっとびよ、ここは、オレの育ったとこだからな」

「そうすね・・、懐かしいです、ようブン兄いには、教わりましたっけ」

「オレ達を呼んだのは、この辺だから、あの家に間違いなさそうだな」

「どうやら、そのようで、一寸中の様子を見てきます」

「うん、頼むとするか・・・しかしまあ、早まった事はするなよ、

攻撃する時は、段取りをつけるからな」

「あい、分かった、まかしとけ」

オオカミのタツは、作平の家に向かいました。

【続く】



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村