FC2ブログ

Entries

コロンとソラの小話

コロンとソラの小話です。

コロン

「ワンワン」    「えーー! 小話って・・・どんな」

「ニャーン」    「ふんにゃーー・・、面白い話にしてよ」

「えーー、まあーーーどうしようかな」
コロンにソラです
「それじゃさぁーー、タイムスリップで、何処かへ行くってのは、どう」

「ワンワン」 「タイムスリップ・・、何それ」

「ニャーン」 「どんな事をするの・・」

「いや・・その・・・、時限を超えてさ別世界に行くんだよ」

「ワンワン」  「時限を・・時限って・・」

「ニャーン」  「別世界って・・今じゃないって事かニャー・・」

「ワンワン」  「何か面白うそうだな・・」

「ニャーン」  「よーし、それいこう」

と、いう事で、コロンとソラの小話は、タイムスリップという事にしました。



コロンとソラのタイムスリップ  その1


コロンとソラは、仲よしで、よく散歩します。

少し離れた林の中に、祠がありました。
コロンとソラの冒険2

コロンとソラがやってきました。
コロンとソラの冒険3
「ヒャッホー・・」   「神さん、こんにちわ・・」

「ニャーニャー」  「今日もいいことありますよーに」

コロンとソラは、ここの祠に来ると、挨拶をするのでした。

すると、何処からか声が聞こえてきました。

「これこれ! これこれ!  」

誰かいるのかなと、辺りを見たが、人影はありません。

変だなと、耳を澄ませると、

「コロンとソラかい、よう来たな・・、ここだよここ・・」

どうやら、コロンとソラを呼んでるようです。


続く


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト



コロンとソラのタイムスリップ その2

コロンとソラのタイムスリップ その2

「コロンニソラかい・・、こっちだよ、こっち」

呼ぶ声はどうやら、祠の中から聞こえて来るようです。
無題コロンとソラの冒険4
コロンとソラは、石段上がります。

「何で俺たちを呼んでるんだろう」

「さあな、神様だろう。何か良い事教えてくれるんじゃないのかな」

「そうならいいけどな」


「そのまま、中に入りなさい‥、いいとこへ連れてってあげるから」
コロンとソラの冒険5
コロンと、ソラは、祠に上がり、中へ入って行きました。

「ありゃぁ~・・暗いくなるな、先が見えないよ」

「ふーん、こんなとこにはさ、ネズミがいるんだよな」

「ネズミ・・、まさか・・・、ソラ、おまえ余裕だな」

「いや・・暗闇は強いんだけど、全く見えなくなった来たね、

コロン、ゆっくり歩いてな・・」


「これから、君たちが行くところは、昔、昔の物語の国だ・・・」


「昔、昔の国だって・・、どういう事だい・・」

「何だろうね・・・、わかんねえな」

「そうだな、説明は難しいなぁ~・・、まあ行けば分かるよ」

「ふーん、へんな神様だね」

「君らがね、十分活躍できるって事さ・・・」

「そうーー」

「さあ、着いた・・楽しんできな・・・」


暗かったのが、明るくなり出しました。
コロンとソラの冒険6
そして、コロンとソラは、外へ出たのでした。

「おーー、着いたぞーー」

「ワーー、まぶしい・・・」

「ここは何処だろう」

コロンとソラは、辺りを見回します。


【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




 

コロンとソラのタイムスリップ その3

コロンとソラは、祠を通じて、未知なる所へやってきました。

「ここは、何処なんだろう・・」

「静かだね」

「やや・・向こうに家があるぜ」

「本当だ・・、発見だーー」

「よーし、行ってみようぜ」
コロンとソラの冒険 7
コロンとソラは、家を見つけて、走り出しました。


誰がいるのか、楽しみです。

その家は、かやぶき屋根の家でした。

お爺さんとお婆さんが住んでいました。
コロンとソラの冒険 8
「ちょいと、お爺さん・・、何時まで食べてんの、

もう、とっくに陽が登ってんのよ、稼ぎに行ってよ」

「う! いやー・・・、最近疲れちゃってさ、力が出ないんだよ」

「何 言ってんの、あんたが働かないで、どうして、食っていけるのよ、

全く・・、しっかりしてよ」

「今日は、休むよ・・・、頼む・・休ましてくれ・・」

コロンとソラの冒険 9
「何、この・・、たわごと言って・・、そんな弱気でどうするの、

さあ、行った 行った」

「ああ・・イタタタ・・・・」

お爺さんは、お婆さんに外へ追い出されてしまいました。


ふーん、なんか厳しいな・・・。



【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






コロンとソラのタイムスリップ その4

稼いで来いと、家を追い出された爺さんでした。

「やれやれ、おっかねぇー  婆さんだな・・、全く・・」

「ずーーっと、これまで、稼いできたんだから、少しぐれいぇ、休んでも

バチなどあたるめぇによ」
コロンとソラの冒険 10
爺さんは、ブツブツ言いながら、立ち上がりました。

「ふんじゃ・・、草刈りでもしに行くとするか」


コロンと、ソラが、お爺さんを見つけました。

「おーー!ソラーー!  あそこに人がいるぞ」

「本当だ、ワーイ 人だ・・人だ・・」

「遊んでくれるぞーー、遊んでくれるぞーー」

コロンと、ソラは、走り寄って、お爺さんに飛びつきました。

ワンワン

ニャーン ニャーン
コロンとソラの冒険 11
「わーー 何だーー何だーーー」

「お爺ちゃん お爺ちゃん、ボク コロン よろしくね ね ね・・・」

「お爺ちゃん お爺ちゃん  ボクはソラ よろしく・・・」

「何だよ、おまえ達、どっから来た、 わっはは、くすぐったいよーー」

お爺ちゃんは、コロンとソラとすぐに、仲よしになりました。


「や――、おまえ達は、元気がいいな、うらやましいよ」
コロンとソラの冒険 12
「えーと、ワンコの名前はコロンか、でニャンコの方は、ソラかい

ふーん、良い名前だな」

「爺ちゃんさ・・、オレ達ここにいて良いかな」

「あ~、いいともいいとも、そうだ、オレんとこの家で暮らしてもいいよ」

「えーー、本当・・ワーイ ワーイ 」

「家に婆さんがいるけど、きっと喜ぶだろうな」

コロンと、ソラは、お爺ちゃんの家に行くことになりました。

【続く】




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コロンとソラのタイムスリップ その5

爺さんと、コロンにソラは、婆さんのいる家に向かいます。

「ヒャッホー・・、楽しいな・・、楽しいな」

「ニャンニャニャニャーン だよ~ん」

「ほらほら、あんまり暴れるなヨ、落ちてしまうよ」
コロンとソラの冒険13
「おーい、婆さんやーーー、いるかー帰ったぞ」

「婆さんやーー、来てみろ、いいのを連れてきたぞーー」

「何だい・・、何叫んでるんだい・・」

「ほらほら、コロンとソラだよ・・、いいだろ」

「え! 何だ コロンとソラってのは」

「ほれほれ・・、この犬がコロンでさ、猫がソラだよ」

「ノラ犬に、ノラ猫か、何だそんなもの」

「いや~・・、メン けぜーーほれー、こんなになに、なついでさ」

「この、バカ爺っこが、稼ぎもすねで、遊んでたのかーー」

「いやいや・・、それはその・・・」

そんただ、犬や猫と遊んでねで、ちゃんと、稼げってーーこのーー」
コロンとソラの冒険 14
ありゃりゃ、婆さんは犬とか猫は嫌いなのかな。

爺さん達は、怒鳴られてしまった。



「いや~・・、コロンにソラよ・・・、怒られちゃったな・・

ごめんよ、びっくりさせちゃったな」

「いいんだ、いいんだ。 気にしないよ・・、ボクは、爺ちゃんがいれば

それでいいんだ」

「そうだよ、さあ、さあ、ここで遊ぼうよ・・・」

コロンとソラは、全然平気ですが、爺さんは落ち込んで

しまいました。

【続く】



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村