FC2ブログ

Entries

寒い冬の話 その1

寒い冬の話 その1

北国の冬は、厳しい。

雪は降り積もり、気温は昼でもマイナスになるのだ。

こんな時は、家の中でジッとしているのが一番だよねーー。

母ちゃんと、ソラは、温かい部屋の中に閉じこもっています。

しかしながら、コロンは元気です。

「へっへーい ・・雪だ  雪だ  」

庭を駆けずり回っています。

すると、林の方から、スーッと近づいてきたのです。
この時期に来るのは
「ほっほー 元気のいい事ヨの~」

ワンワン
「あ! びっくりした・・・、誰だー、怪しい奴」

「誰だって~、この寒い時にこの姿で現れる者を、

おまえは知らないのかーーー」
コロンと雪女
いきなり、怒り出しました。

ワーン
「ヒャー  何だよーー」

「この、生意気な犬めーー、おまえを食ってやるーー」

何なんでしょう、白い装束の者はコロンに襲いかかって来たのです。

こりゃ~・・・大変だ。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



寒い冬の話 その2

寒い冬の話 その2

コロンが外で遊んでいると、林の方から、

謎の白装束の髪の長い女が現れたのでした。

コロンが、怪しい者と、吠えると近づいて来たのです。

そして、やおらお前を食ってやろうかと襲いかかったのでした。

ひゃーーこれは大変。

お父さんが、素早く飛び出してコロンを助けようとします。

「おのれ、雪女め、現れたかーー、

とっとと、山え、帰れーー」
コロンを助けなくては
「何を、こしゃくな、邪魔をするでない」

白装束の髪の長い女は、雪女だったのです。

寒い、寒い冬になると、林の中の雪をかき分けて彷徨うのです。

雪山に出かけて、帰ってこない人は雪女に連れさられたと伝えられています。

ヒャーー 


「これでも、食らえーーー」

雪女が、大きな口を開けて、何かを吐き出しました。

「ブッは・・、冷たい・・・」
雪女の攻撃
「わーー、体が・・体が冷える・・・」

そう、これは、雪女が放す冷気なのです。

この冷気を、まともに受けてしまうと、体がコチコチに固まって、

氷になってしまうのです。

いやぁ~ 危ない・・。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


寒い冬の話 その3

寒い冬の話 その3

雪女に襲われるコロンを助けに出たお父さんでしたが、

雪女が冷気を放し、体が冷えて動きが鈍くなってしまいました。

これは、危ないと家に逃げ込みました。

「早くーー、早く、上がって・・」

お母さんと、ソラが、窓を開けて部屋に引っ張り込みます。

「こりゃあ~、逃がさんぞ」
早く中へ逃げて
雪女が、追いかけてきます。

「ヒッヒヒヒ、おまえ達、オレから、逃げれると思っているのかーー」

窓ごしに、どんどん近づいてきます。
雪女の襲撃 2
お父さんとコロンは、冷気にやられてヘトヘトで、

意識がもうろうです。


「怖いよ‥、怖いよ・・」

ニャーン

これは、もう・・・、どうなるのでしょうか。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

寒い冬の話 その4

寒い冬の話 その4

恐ろしき、雪女が峠の我が家を襲います。

「わーー、こっちへ来るなーー」

ニャーン

「ニハッハハーー、おまえ達、皆食ってやろうか」

「エーーッ」

お母さんが、側に会ったりんごを投げつけました。

「お! 何だこれは・・、リンゴか・・、うん、懐かしい・・」

雪女は、リンゴを口して、喜んでいます。
雪女をやっつけろ
「あれ! もうリンゴがない、他に投げつける物はないか」

ニャーン

「こりゃ~・・、もっと、リンゴをよこせーー」

「ヒャーー・・もう、ないです」

「何をーー、そこにある赤いのは何だ、よこせーー」

雪女が手を伸ばします。

「あーーそれはボクの大事なものだよ、返せーー」
雪女の襲撃 3
「ヒッヒヒヒ、大事なものか・・、これは美味いもんかーー」

ニャーン

雪女にソラが大事にしているのを取られたのでした。

あ~あ、そりゃ~・・大変だ。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


寒い冬の話 その5  完結

寒い冬の話 その5

峠の家に襲いかかる、雪女でした。

窓越しに手を伸ばし、取ったのはソラが使ってる湯たんぽです。

「何だ・・、これは、食い物ではないのかーー」

と、頭の上に降り上げました。

すると、湯たんぽの蓋が外れて、お湯が威勢よくこぼれて、

雪女の顔に流れ落ちたのです。

「ぎゃーーー アツ 熱いーー」
雪女が湯たんぽ
雪女は、熱いお湯が顔にかかって、

悲鳴をあげます。

「ぎゃーー ぎゃー こりゃ~ たまらん」

叫びながら、林の方へ走り去っていきました。
雪女が逃げる


峠の家では、恐ろしい雪女が去って、ホッとしました。

「やれやれ、どうなるかと思ったよ」

ワンワン
「いや~・・、あの冷気には参ったね」

「本当、本当、体がコチんコチンになるところだったよ」

ワンワン
平和な日が
「ソラの湯たんぽのおかげだね」

ニャーン

「じゃ・・、お湯を沸かして入れてあげるね」

ニャーン

峠の家は、湯たんぽで温まるのでした。

おしまい ドンと晴れ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村