FC2ブログ

Entries

小話:吹く風は何処へ

小話:吹く風は何処へ

空は晴れていた。

ガン太は、車に乗るのが大好きだった。
車で走っていると、気分が爽快になる。

「さて、ひとっ走りして来るか」
吹く風は何処へ
ガン太は、車に乗り込み走り出した。
アクセルを思いきり踏み込むと、
車は速度を上げて、マフラーから流れる音は高くなり、
実に気持ちが良くなる。

ガン太は、叫び声を上げたくなるのだった。

前を走る車に追いつく。
「随分ゆっくり走ってるな・・、おい」

ガン太はイライラしてきた。
吹く風は何処に 2
「何やってんだこいつ・・」

ガン太は、接近して速度を上げるように催促をしたが、
前を走る車は、変化なし。

ガン太は、ライトを点けたり消したりのパッシングをした。

全く変化なし。

「何だ・・・気が付かないのかな・・、面白くねーな」

「よーし、前に出てみるか」

ガン太は、エンジンをふかし加速した。

【続く】



新小話です。どう展開するか、日々考えながらですからね。
喜怒哀楽を入れられたら、などと思ってますけど、どうなる事やら・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ








スポンサーサイト



小話:吹く風は何処に その2

小話:吹く風は何処に その2

ガン太は、前を走る車が、あおっても全く反応がなく、

興奮してきたのでした。

「くそーー、何やってんだこの野郎ーー」

「どんな奴が運転してんだーー、全く・・」

ガン太は、エンジンをふかし追い越しをかけた。

ゴーーッ・・・キュキュー

走る車の前に出て、急停車をしたのでした。
吹く風は何処に 3
ありゃありゃ危ないーー。

危うく、走ってる車がぶつかりそうになりました。

ガン太は、降りて怒鳴ります。

「やい! こら トロトロ走ってんじゃないーー」
吹く風は何処に 4
「おい! 降りてこい  こらー」

ガン太は叫びます。

ゆっくりと車のドアが開いて、降りてきたのは年老いた婆さんでした。

「・・・・・」
吹く風は何処に 5
「何だよ、婆さんかよ・・腰曲がってんじゃねーーかよ」

「えーー、あのー あんたね 危ないよ」

「ケッ 調子狂っちゃうな、えー! 杖、何かついて運転してんじゃないよ」

「あらぁ まぁ 迷惑をかけたんでしょうかね」

「ああ飛んだ迷惑だよ・・、迷惑料を貰うぜ」

「そんな、私やぁ安全運転してたんだけどね」

「うるせいーー、1万円で勘弁してやるぜ・・・よこしな」

「・・・・・」

「早くしろよ・・、持ってんだろ」

ガン太は、年老いた婆さんに強い口調で迫るのでした。


【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ






吹く風は何処にその3

小話:吹く風は何処に その3

迷惑な運転をしているから金をよこせと、言うガン太に、

トミ婆さんは、

「一寸待っておくれ、今、山田さんが来るから」

「何・・、山田・・、何だそいつは、えーー、呼んだってのか」

車が一台近づいて、止まり男が降りてきた。

「おーーい、トミさん、どうかしたんですか」

「山ちゃん、よく来たね・・、この人がさ、私の車の前に急に止まって、

金をよこせって言うんだよ」

「何だって、このババァ・・」

「まあまあ・・・、詳しい話を聞きましょう」

「うるせいな、お前は関係ないだろうが」
吹く風は何処に 6
「お宅さんのお名前は、何と言いますか・・、車はこの赤い車ですね」

「おりゃ~ ガン太だ、おめえも年寄りのジジィだな・、えーーおい」

「どれ、トミさんの車につけといたドライブレコーダーを見てみましょう」

「ドライブレコーダー・・!」

「一寸待ってくださいね」

山田さんは、トミさんの車に中にあるドライブレコーダーを確認するのでした。

「ガン太さん、君は随分ムチャな運転をしてますね、こんなことはしない方がいいですよ」

「・・・、うるさい・・・やい」

そこに、又一台車がやってきました。

「トミさん、何かしたんですか」

「相田さん、良かった来てくれて」
吹く風は何処に 7
山田さんは、相田さんに、トミさんの経過を話しました。

「へーーそうなの、トミさん、そりゃ可哀そうだ」

「何だ・・、お前たちは、えーー関係ねえ奴は引っ込んでいろよ」

ガン太の威勢は続くのでした。

「このババァはよ、俺の前をトロトロ走りやがって、危ねえったらありゃしね、

だからよ、俺の走りを邪魔したんだから、その代金を貰おうってんだ・・、あん・・文句あるか」

山田さん、相田さんとトミさんは、この男は、どうにもならないなと思うのでした。


【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


小話:吹く風は何処に その4

小話:吹く風は何処に その4

トミさんの元に山田さんと相田さんが来て、

ガン太と話をしている所へ、又車がやってきた。

3人の男たちが降りてきました。

「ここですか、やートミさん久しぶりですね・・・」

「ありゃまあ、田中さん、田山さんに遠藤さん、良く来てくれました」

「おー山田ーー、相田ーー、相変わらず元気がいいね」

「まあまあ・・、どうぞこちらに」
吹く風は何処に 8
「な・・、なんだ・・、お前らはぞろぞろと集まりやがって、えーーおい!」

「ところで、もめごとってなんだよ、この若い人かい」

「トミさんの運転が迷惑なんだって・・・」

「へーーそうなのか・・、まあ俺たちはさ、少し年を取って来たけど、

安全運転に努めているぜ・・なあトミさん」

「うんだよーー、制限速度をしっかり守ってはしってたんだけどさ、

いきなり私の前に出て、止まってさ、危なかったんだよ」

ガン太は、集まって来たのが年寄りと見て、

又、大きな声を出しました。

「うるせーーな、ガタガタ言わずによ、1万円で勘弁してやるからよ、

さっさと出しな」

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ





小話:吹く風は何処に その5

小話:吹く風は何処に その5


トミ婆さんの運転が迷惑だっと相変わらず悪態をつくガン太でした。

「ガン太君、君の運転の仕方の方がマナーが悪いと思うけどな」

「そうだな、この車を俺も見たことあるよ、エンジンを吹かしてさ大きな音を立ててたな」

「そりゃ~・・迷惑だよ」

「何を・・、うるさいな」

「それってさ、改造車じゃないのかい」

「黙れーーー、この糞ジジィめ」

「ありゃ~・、どうしようもないな、しょうがない連れて行こうか、ほれ!」

「ああー痛え・・、何すんだよ、離せよ」

「まあまあ・・、おとなしくてなよ・・、ほれ」
吹く風は何処に 9
ガン太を車に乗せて、みんなである所へ向かったのでした。

しばらく走って山間の一軒家にたどり着きました。

パアーーーーー  パァーーーーー

クラクションを鳴らして近づきます。

「お!誰か来たな」

畑で作業をする稲田さんが気が付きました。

「おーーい、一寸頼みごとがあるんだけど」
吹く風は何処に 10
「ありゃぁ~・・、何だよ大勢で・・、まあ休んでいけや」

「随分、野菜が育ってるな」

「ああ、今年は天候に恵まれているからな」

「で、何だい頼み事ってのは」

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ





Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村