FC2ブログ

Entries

小話:昔の彼女

小話:昔の彼女

私は、山田正夫62歳である。
妻に子供は3人である。子供たちはそれぞれ独立して家を出ている。

務めた会社を定年で退職し、今は疲れた体を休ませている。
女房は、パートに出てそれなりに友達を作り充実した生活を送っているようだ。

まあ私などは、相手にはしない。
それはそれで、いい。お互い迷惑はかけたくない。

しかしまあ、職がないという事は、張り合いがないものである。
務めているときは、嫌な思いばっかりしてたのに。

このまま、日を過ごすのも、なんだし、何か仕事を探してみようかなと思うようになった。

ジリリリーーーン

電話がなって、出た。

「もしもし、正夫さん・・」
昔の彼女
「はい、山田正夫ですけど」

「あたし・・、和子」

「え!和子さんですか」

「そうよ、何言ってるの」

「あの、どちらの和子さんですか」

「あら~失礼ねぇ・・、私ね決めたの・・貴方と結婚するって」

「え!・・・・何言ってるんですか」

「どうしたの! 貴方 僕と結婚してくれませんか 返事を待っています っていったじゃない」

「結婚・・・してくれって・・・、えーー、えーー・・一寸待って・・
もしかして・・・もしかして、
あの~・・・大原和子さん・・・ですか」

「そうよ、私ようやく決心がついたの、貴方と結婚するって」

「もしもし・・、あの・・それは30年も前の話ですよね」

「30年も前、何言ってるの2か月前じゃない・・」

正夫は、確か30年ほど前の独身の時に、大原和子という女性にプロポーズをしたのだった。
彼女は、山岳同好会で知り合った人で活発で魅力的な人だった。

プロポーズをしたのだが、何の返事もなくそのまま会う機会もなくなったのだった。

で、今頃になって、その返事を・・、正夫は頭が混乱してくるのだった。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



小話:昔の彼女 その2

小話:昔の彼女 その2

山田正夫に、30年も前の女性から電話が来たのだった。

それは、プロポーズの申し出を受けるというものだった。

正夫は、戸惑うのだった。

そんな事はお構いなしに、大原和子は、話を続けるのでした。

「私、父に伝えました、正夫さんの事」

「伝えたって・・、何を・・」

「あら~・・、何をって決まってるじゃない、正夫さんと結婚するってことよ」

「な・・、な・・何を・・今更・・」

「だからね・・会いに来て、手紙に住所と家の地図を書くから」

「・・・・」

「それじゃ、待ってるわよ」

電話は切れた。
昔の彼女 2
大原和子か、懐かしいけど、もう30年も前の人だからな。

なんで今頃、でもなんかしら彼女の話しぶりでは、

30年の歳月は感じられなかったな。

そして、数日後手紙が来た。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ




小話:昔の彼女 その3

小話:昔の彼女 その3

手紙には住所と地図が書いてあった。

父に話してあるから、なるべく早く来てほしい。

と、ある。

正夫は、どうしたもんかと、悩むのだった。

行ったらいいものか、どうか。

何せね、現在の身としては妻子があるわけだし、

行って、和子さんと会って、何を語ればいいものかどうか。

ましてお父さんだなんて。

しかしながらそうは思うものの、30年前の和子さんを、

さらに鮮明に思い出したりもするのだった。

確かにあの当時は、彼女に恋い焦がれたのだった。

結婚するなら、彼女しかない。

そう一大決心をして、結婚を申し込んだのだった。

彼女は魅力的だったな~・・・。

正夫は、彼女の住所地を確認して、出かけることにした。

女房には、勿論内緒にしなけらばならない。

背広とか着飾っていったら、まずいだろうからと、

普段着で、何気なく出かけることにした。

「今日は、出かけて来るから」

「あら、そう」

女房は、いつもの調子であるが、緊張した。

どことなく、顔がこわばってしまう。

さて、行ってくるか。
昔の彼女 3
電車を乗り継いで、彼女の住む町へやって来た。

城所の家にたどり着いた。

「うーん、ここだな」

正夫は玄関のベルを鳴らした。

【続く】



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ




小話:昔の彼女 その4

小話:昔の彼女 その4

正夫は、大原和子の家にたどり着き、玄関のベルを鳴らした。

インターホンでの応答があった。

「はい、どちら様でしょうか」

「大原和子さんのお家ですか」

「はい・・・・、そうですけど」

「私は、山田正夫といいます。大原和子さんを訪ねてまいりました」

「和子ですか・・・」

「そうです、御在宅でしょうか」

「そうですか・・、どうぞ中にお入りください」

正夫は、扉を開けて中へ入った。
昔の彼女 4
老いた男性が迎えてくれた。

「失礼します、初めまして私は山田正夫といいます」

「大原です・・、和子を訪ねてきたのですか」

「ええ、そうです」

「そうですか、ならばこちらへどうぞ」

正夫は、家の中へと導かれたのでした。

【続く】

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ






小話:昔の彼女 その5

小話:昔の彼女 その5

正夫は、仏壇の部屋に通された。

「どうぞ、和子はこちらでございます」

「え! まさか」

「和子は、もうとっくに亡くなっていますよ」

「そうなんですか・・・・・」

「もう、30年にもなりますか」

「3・・30年・・・」
小話:昔の彼女 5

正夫は、和子が30年も前に亡くなっていた事に、驚いた。

30年と云うと、結婚の申し込みをした頃ではないか。

それが、どうして連絡があったのだろう。

正夫は、和子の遺影に手を合わせるのだった。
昔の彼女 6
「ところで、山田さんでしたか」

「はい・・」

「和子とは、どういう知り合いなのでしょうか」

「えー・・、まあ・・・そのーー・・、30年も前になりますけど、

和子さんに結婚を申し込んだことがあります」

「そうだったんですか」

「えーー、まあ返事はもらえませんでしたけど」

「それで、なんで今頃に訪ねてきたのですか」

「それは・・・、その・・和子さんから連絡があったのです」

「和子から・・・・」

「ええ、結婚の申し込みを受けますって」

「・・・・・・」

「お父さんには、伝えてあるとも言いました、私もすでにこのような歳になりました、

不思議なこともあるものだと、しかしながら、どうも気になって来たのです」

「そうなんですか」

「和子さんは、何で亡くなったのですか」

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ





Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村