Entries

岩手町川柳会:4月秀句の紹介

岩手町川柳会、4月の句会は第2月曜の10日に行われました。

今回、常連のMさんが都合で欠席。参加者は4人となり、
テーブルが歯抜け状態となってました。

投句の参加者が5人なので、席題を除き句の方は集まってました。
さて、今月の秀句を紹介します。

席題  「はしご」

はしご酒 赤ちょうちんが目に浮かぶ          KM
若い時 飲んだ飲んだよ はしご酒           TH
駄菓子屋から 豆腐屋そして 野菜や         MS
オーダーは 女で払う のは男             MS
かくれんぼ とっときの隠れ場 屋根の上       TH
はしご酒 だんだん本音が 恐くなり          NR

題詠  「春一番」

春の風 だいなしにする 髪型             SM
春一番 女が手を出す ガムシャラ手        KI
まず咲いた 花一輪の 嬉しくて            NR
冷蔵庫 代わりの雪消す 春一番           YS
春一番 娘が彼氏 連れてくる             MS
帰り道 春一番に 押されてく              TH
旅立ちの 涙乾かす 春一番              HM
帽子まで 脱ぎ捨てられる 春一番          SM
いやなやつ 春一番の 後の雪            KM

宿題 (自由句)

お説教 やわらか言葉 なおつらい         KM
チャンネルを 変えても寒い 話題だけ       SK
何でも無い 日常がある ありがたさ        NR
苦の文字の 縦棒をたおし 若にする       YS
人生の 黄昏だけど 春が好き           SM
人生に 三寒四温 さくら待つ           HM
ジャガイモの 様な男の 人が好き        MS

今月の絵になる川柳はこれです。

川柳:29年4月席題「かくれんぼ」
子供の頃の遊びのかくれんぼ、よくやりました。
はしごを使って、小屋のケタ(物を置くところ)へ上がったりしてましたね。
屋根の上は、危険だし、家の人に見つかると、叱られる。
それでも、上がっていくのです。


川柳:29年4月 題詠「春一番」
学校の帰り道、春一番の強い風が押してくれる。
走りたくなくても、走っていく。そんなことがありました。
これが逆向きの風だったら、悲惨ですね。


川柳:29年4月 雑詠
これは面白い。
Yさん、良く字を見ましたね。
ここ数年腰痛に悩まされて苦をしているのではないかな。
それで、苦の字を眺め、若にしたのではないかと。
元気になって(若くなって)、句会で会いましょう。


本日も、ブログ訪問ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

岩手町川柳会:3月秀句の紹介

岩手町川柳会、3月の定例会は13日8日(月)に行われました。
川柳定例会
以前は和室でしたが、今は喫茶室のテーブルと椅子になりました。

席題の当日出題と、宿題の題詠と雑詠を提出します。

私の入会当初は、その場に出席してから、句を考えてましたから、
時間の余裕もなく、人の話も聞いてる余裕もありませんでした。

今は、宿題は前もって考えて来てますから、当日出題の席題だけを、
ひねり出すだけで、余裕ができて会話にも参加できてます。

さて、今月の秀句を紹介します。
席題  「顔」

顔を知って 名を思い出せぬ もどかしさ                KM
女房 鏡の前で 別人に                          TH
大阪の 顔を汚した 鴻池                         MS
丸いのも 四角いのも居る 同級生                   NR
金バッチ 選挙戦だけ 顔を出す                     MS
身についた 仕事が顔を 作り出す                    SM

題詠 「あめ玉」

飴玉が なにより嫌い 星条旗                       MS
店屋の子 あめ玉くれて 子分にし                    NR
飢えた子に ご飯あげたし 飴玉も                    HM
いがらっぽい 喉にころがす アメひとつ                SK
菓子皿に あめ玉残り 蟻の群れ                    SM
飴玉が よくぞ虫歯を 探し当て                     YS
婆様に 飴しゃぶらせる 嫁の知恵                   MS
口に飴 左右の頬をを 行き来する                   YS
あめ玉で ほっぺ膨らまし 口を閉じ                   TH

宿題  「雑詠」(自由)

震災の あの日が来ると 疾風吹く                   HM
冷たさの 中にほっこり フキノトウ                   SK
欲をせず 手頃に取って バイキング                  YS
婆さんが 同じことを言う 飽きもせず                 TH
切り札を 持っているから 笑うだけ                  SM
孫誕生 祖母を待たせた 笑い顔                   KI
負けて勝つ ことも大事な 時がある                  NR
サプライズ 酒よりだんご 好きになり                 KM


今月の絵になる川柳はこれです。

川柳:3月 「顔」
家にいるときは、スッピンでいる女房が、
外出するときは、化粧をして変身をして行きます。


川柳:3月「飴玉」
幼い時に、もらう飴は大きかったですね。
口に入れると、はみ出そうになりました。
頬がはち切れんばかりになってましたね。


川柳:3月雑詠
婆さん、また同じことを言う。さっきも言ったよ。
昨日も言ってた。
なんてことが、ありますね。

本日も、ブログ訪問ありがとうございました。  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



  

岩手町川柳会:2月秀句の紹介

岩手町川柳会、2月の定例会の秀句です。

席題 「着物」

盆踊りゆかた姿が良く似合う              KM
ポッポ着て雪玉つけて遊んだ子            TH
季節ごと着物の柄の風情良く              NR
最後の晩餐は羽織袴で座る               MS
母見舞う晴れ着の振袖見せに来る           SM

題詠 「注射」

ねばり囲碁死んだ石にも注射うつ            KM
注射より寝て汗かけと医師が言う            YS
看護婦が嫌がられてる注射の日             KI
治る気にさせる名医の注射針               SM
予防接種していたのに風邪を引き             SK
一本の注射に国の貧富かな                HM
点滴の滴に術後を諭される                 NR
男皆妻の注射に身を縮め                  MS
痛いのを我慢する予防注射                 TH

宿題 「雑詠」

二次会に参加して知る社の派閥               MS
ジョーカーを引かせる構えトランプは             HM
湯たんぽに小言聞かせて寒明ける              NR
力瘤泣かせてくれる父の愛                   KI
デーサービス行きたくないと婆のダダ             TH
それぞれに渡る危険ないばら道                SM
雪降れば僕の体力試される                   SK
慰安婦をかざって又も客寄せか                KM


今月の絵になる川柳は、この句です。

川柳:29年2月 雑詠
北国の冬は雪かきが一仕事です。小さい子でも手伝ってくれれば大助かりです。
そこで、なんとか誉め言葉で手伝ってもらいます。


川柳:29年2月 着物
昔は、冬に着る着物は綿入れとか厚い物でした。
これを、ポッポと言ってましたね。これを着て、雪の中を遊んでました。
裾には、雪玉とか、水滴が凍り付いてました。


川柳:29年2月 注射
予防接種とか注射とか安心だと言っても、やはり油断はできませんね。
今年もインフルエンザが流行して、泊まりの介護サービスが、
キャンセルされましたから。


本日もご訪問ありがとうございました。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




岩手町川柳会:1月秀句の紹介

初句会は、9日に行われました。
今年も、皆さんいい句をたくさん作って楽しめればと思います。

では1月の秀句を紹介します。

席題 「成人」

成人式済んだら早速買うワイン           KM
一人前育てて貰った恩がある            NR
大人になった気がする成人式            TH
成人か凡人かトランプの行方            MS
生かされて孫の成人行き着付け          SM

宿題 「スキップ」

吉報へ受話器片手にスキップする         SK
スキップの好きな子父になり             NR
何故だろう火葬場にスキップで出掛け        MS
水溜まりスキップしたら無事超えた          YS
スキップで入学待つランドセル            MS
スキップして母を迎えた子の笑顔          KI
年金が上がったならばスキップしよう        KS
守りたい子らがスキップする平和          HM
老いの足スキップする子が羨ましい        TH

雑詠 「自由」

六度目の干支を迎えて春の膳            SK
程の良く生きる術あるお正月             NR
何よりも笑顔の孫が福の神              HM
新婚の子宝祈る初詣                  MS
老いてなお新しき年楽しみに             SM
北方に奪られたままの春がある           HM
おふくろが食べれないものをみんな食べ      KI
脇道にそれた話が盛り上がる             YS
凍みた朝急ぎ蛇口をひねってみる          TH
立ち話立ちくたびれて歩き出し            KI
笛ならす焼き芋屋に風情あり             KM

今月の絵になる川柳はこれです。

川柳29年1月:雑詠
議題から外れて、なかなか本題に戻れない・・・・、なんてね。


川柳29年1月:雑詠2
おふくろさんですね。
沢山食べる人もいるんでしょうけど。食の細い人もいます。


川柳29年1月スキップ
もうスキップできない。スキップしたら足がもつれて転んでしまうかも。
子供の時分にゃ、良くスキップをしたもんだよ・・。


本日も当ブログの訪問ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








岩手町川柳会:12月秀句を紹介

岩手町川柳会の12月句会は12日(月)に行われました。

今年最後の句会でしたから、忘年会を合わせて行いました。
で、席題(当日の出題)はありません。

題詠 「失敗」

投句して それから気づく 誤字脱字           SK
失敗と思うメイクでブルーな日               HM
敵方の失敗に拍手する五輪                KM
うかつにも塩と砂糖を間違える               SK
失敗を許しあえる仲である                 KI
失敗を補修して出すご飯                  HM
失敗を重ねて味ある人生路                NR
失敗を糧にする人出来ぬ人                YS
ノーベル賞失敗を重ねて大成す              YS
失敗は許して嘘は叱られた                 MS
この子らが失敗作と笑う母                 HM
失敗を積み重ねて秋仕舞い                TH

宿題 「自由」

それぞれのスマホの灯り鉄路ゆく            HM
健康が何よりとリンゴ買う                 SK
月赤く亡母の姿見えそうな                NR
冬の蠅窓開けても出て行かぬ              YS
日溜りを探して歩く老いの靴               SM
和ダンスへ母の心の数多く                SM
懸命に生きた一年過ぎて行く              NR
デーサービス行ってきますと笑う母           TH
ポケットにしまった切符見つからず           KI
一生を送りバントの母でした               MS
渡りガニ場所変われば名も変わる           KM


さて、今月の絵になる川柳はこの作品です。

川柳:28年12月雑詠
思えばね、何かにつけて励ましてくれましたね。


川柳:28年12月失敗
うーん、プロの主婦でも間違えることがありますか。

今年一年、川柳のご愛顧ありがとうございました。

我が川柳会の馬渕さんは、今年の岩手県の文芸川柳部門に入選しました。
一日3句は、今でも必ず作ると言います。腕は衰えずですね。

来年も、良い句を沢山作る事でしょう。
私も側にいて、あやかります。


本日も当ブログの訪問、ありがとうございました。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村