Entries

方言小話:キツネ山の祭り その1

方言小話:キツネの森

里山の話だけどな、まんず聞いてけろ。

この先の奥の山には、キツネが沢山いてなや。
今日は、祭りでがんしたよ。

「おー!みんな集まれー」

てなもんで、賑やかになるんだよ。

祭りの盛り上がりは、人間を騙した事を話すのさ。

「それじゃ、みんなー、順番で語ってみろ」

「じゃオレからだな」

「よし、キン坊からだ」
キツネの森

あのさ、オラよ
キノコ取りに来た村人を見つけたんだよ
したらばさ、真っ白いおにぎりを持ってるんでねえか
ふたば、何としても、あの白いおにぎりを貰わねばならねえ、と思ってよ
急いで泥でダンゴを作ったんだ
ふんだー、オハギよ

「もしもし・・キノコ取りの旦那さん、もしよろしかったら
このオハギをどうぞ」
て、近づいたのさ
したらば、喜んでなや
「そりゃ~、あるがてぇことだ、じゃオレのおにぎりと交換すべ」
てなや
おにぎり
オラは、おにぎりを抱いて
「ありがとう」
て、その場を離れたのさ

そして、木の陰で眺めていたんだ
その村人は、泥のオハギを大きな口を開けて、パクッと食ったんだ

「ギャー・・、何だこれは」
て、吐き出していたよ

「ヒャー、ハッハハー」

キツネ達は大笑いをしたんだな。

「よーし、キン坊うまくいったな、じゃ次は誰だ」

話は、次のキツネへと移るのでがんした。

【続く】


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

方言小話:キツネ山の祭り その2

方言小話:キツネの山の祭り その2

キツネの山は祭りでがんしたな。

人間どもを騙した話をして盛り上がるのですよ。

「さて、次は誰かな」

「はい! キン太でがんす、、まんず聞いてくなんせ」
キツネ:金山 1
オラは、山にいたら、登ってくる村人がいたのでがんすよ
何かを捜してるような感じでさ、ゆっくりと四方を眺めながら
歩いてるのがんすな

それで、先回りしてなや
崩れる岩場で、待ってたのでがんす

「ほりゃ、こんなとこでなにしてるでだべ」

「あー・・、金の石を取ってるのでがんすよ」

「えー、金の石ですか」

「あー・・、そうだよ、此処から金が取れるんだ、ほれこんなカタマリが
バンバンとれるよ」

村人はビックリしたなや。
オラは、言ってやっただよ。

「金の石が欲しかった、此処に来て掘ればいいよ」
てなや。
そして、かごの中にある金の石を、くれてやっただよ。

村人は、そりゃ~喜んでなや。
いさんで帰ってさ、叫んで歩いただよ。

「おーい、みんな、見てけろ、山の岩場で金の石を見つけたぞー」

「えー、ホントかい、そりゃすげぇ事だな」

「これで、この村は、裕福になるぞ、みんな喜べー」

「ふんじゃ、金の石を見せてくれー」

で、リックに入れてきた金の石を、みんなに見せたんだよ。
キツネ:金山 2
したらばさ、金の石ではなくて、ただの石コロだったのさ。

「あれー・・、おかしいな。あの光る、金の石がない」
袋の中を、どう探しても金の石は無かったんだな。

「なんだ、ただの石コロじゃねえかよ」
「この、おおホラ吹きめが」

おかしいなと、おろおろする村人に、
集まった人は、馬鹿にするのでがんした。

「なー、どうだ。しっかりだましたべ」

「わー・・ハッハハハ」

キツネ達は、大笑いをすのでがんした。

「さあ、次は誰の話かな」

【続く】



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村