Entries

創作小話:宇宙からの訪問者

創作小話:宇宙からの訪問者

2015年、宇宙観測センターから、国連に緊急に連絡が入った。

「月面に異常を確認、大きな物体が移動している」

国連は、引き続き観測をして詳細を明らかにするように
指示をした。
宇宙使者 1
宇宙開発の先進国に月への探査をしていないかを調査を始めた。

各国は、そのような事実は無いと返答をした。

何事であろうか、月から時折光が反射するのが、肉眼でも確認できるようになった。
テレビでは連日、月の異常が伝えられるのだった。
宇宙 4
「ふーん、なんだろうな」

宇宙開発を進めている国は、そのような計画や行動はしていないとの
声明を発表した。

アメリカでもロシアでも中国でもないとすると、
宇宙人か。

人々は不安に、なるのだった。

月における動きは巨大になり、かなりの物体が集合し、
基地と呼ばれるようになった。

あらゆる機関が、実態解明に努めるが以前として分からない。
色々な信号を送って見るが反応はない。

宇宙人となると、科学の進んでる星から来たのかもしれない。
月を利用して休んでいるのか。

この地球へ、何らかの影響はあるのか。

例によって評論家が出てきて解説をするのだった。

国連では毎日会議が行われていた。
そうした中、テレビ・パソコンの画面が突然切り替わった。
宇宙 2
「何だ、この画面は・・・」
「勝手な操作をするな」

「いえ、全部が同じ映像になってます。

画面には一人の人物が映っていた。

「はーい、地球の皆さんこんにちわ、私はアイノミクスと申します」

突然、話し始めたのであった。

【続く】

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

創作小話:宇宙からの訪問者 その2

創作小話:宇宙からの訪問者 その2

国連の会議のパソコンやテレビ画面はジャックされたのだった。

アイノミクスと名乗る人物は、話しかけるた。

「地球の諸君、我々は無益な行動は好まない、君達の生命を
保障する。その代わりに食料を提供して貰いたい」

一方的な通知である。

この旨を各国に流し伝達した。

各国の反応は、理解不能で事態の整理が出来ないのである。

「命と引き換えに食料を差し出せだと、馬鹿な事を云うな」

次々と怒りが報じられた。

国連として、各国からの返答をまとめて、
回答の声明を出した。

「我々は、あなた方を知らない、このような無謀なる通知を受け入れる
訳にはいかない」

アイノミクスは、再び画面に表れた。

「地球の人々よ、無理もないことだと思うが、力の関係は歴然としている。
要求に応じなければ、犠牲を伴う事を覚悟して貰おう。
重ねて云うが我々は無益な行動は好まない」

力の差は歴然としてるとはどういう事を示しているのであろうか。

各国はとまどうのだった。
それぞれの議会は、この問題を整理できなかった。

すると、電気が止まった。
あらゆる電動のシステム機能が停止したのだった。

電波の発信もできなくなった。

家庭においては、テレビは映らないパソコンは機能しない。
スマホも携帯も機能しない。

電気が流れないので、料理も思うようにできない。
お腹をすかした子供が、暗くなった部屋でグチるのだった。
宇宙 6
生活は一変し不自由になった。

都会の灯りは消えた。
勿論電車は動かない。飛行機も飛ばない。

すべての機能が停止したのだ。
通信が遮断されているので、何の情報も流れないのである。
宇宙 7
暗い夜空に光る満月。

人々は不安に陥るのであった。

これはもしかして、大変な事態になるのではと。


にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








小話:宇宙からの訪問者 その3

小話:宇宙からの訪問者 その3

月に基地を作り、地球に通知を送った宇宙人。

地球上で使用する電気・電磁の機能を停止させたのだった。

通信が止まり、全ての情報が入らなくなった。
交通も全て止まった。人々は目的地に歩かなければならかった。

会社や工場も操業はできない。

なすすべは無く、途方に暮れるのだった。

家庭内でも保存している食料が無くなりだした。

「ねぇ、食べる物がなくなったよ。どうにかして」

女房にに言われた亭主の浩介は、食料の買い出しに外へでた。

そこで見た光景は、店を荒らす集団だった。
宇宙 8
そこいら中の店に侵入し、食料をあさっているのだ。

警察なども、パトカーは動かないから無法地帯となりつつあった。

これは大変だ。
浩介も、家族の為に何か食べ物をと店に入るが、棚には何も残っていなかった。

奥の倉庫へ行って、缶詰を数個手にする事ができた。

もう人間の理性などと言ってはいられない。
違う店も回ろうとしたら、銃撃音がした。

驚いて見ると、収奪する者に向かって銃を向けている。
店の主人か。刀を持っているのもいる。

これは、いったいどうなるんだろう。

車が燃えている。動かないから誰か火をつけたのか。
しかし、連絡手段がないから、サイレンもならないし、消防車も救急車もこない。

都会ほど、混乱は大きくなるのだが、その実態は情報として
伝わる事がないから、不安は高まるばかりだった。


【続く】


にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



小話:宇宙からの訪問者 その4

小話:宇宙からの訪問者 その4

電気・電子・通信の機能が停止されて一週間が経過した。
人々の混乱は高まり、各地で食料の略奪が闘争へとなって行った。

外を歩くのは危険な状態になった。

突然、電気が点いた。
通信機能が回復した。

テレビ画面に、宇宙人なるアイノミクスが現れた。

「はい、皆さんこんにちは」

「あれ! 何だこいつは・・・」

宇宙人が一般庶民の前に姿を現したのだ。

「アイシティー星から来ましたアイノミクスと申します」

宇宙人アイノミクスは、地球人に食料の提供を求めた。
求めると云うより、指示であった。

野菜・穀類・肉類の三種類で、一人分の年間消費量を、
一人が提供するものだと云う。

「何か凄い事言ってるな・・・」
宇宙 9
各国の庶民までが、この事態を承知したのである。

各国の首脳は、電話会談で事態を話し合うのだった。

再び、電気等の機能を止められたら生活が成り立たない、
要求を受け入れるべきだ。

何者かも分からない奴に屈する訳にはいかない、戦って追い出すべきだ。

戦うにしても、現状の武器は機能しないではないか。

相手は少人数だ、武器は無くても対人で勝負できる。
宇宙 10
今、我々は人口増で食料不足になろうとしているのに、
同じ量を負担など無謀である。

我が国では、食料を生産していない。

なかなか、意見はまとまらない。

返答の時期が迫るのだった。

【続く】


にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





小話:宇宙からの訪問者 その5

小話:宇宙からの訪問者 その5

宇宙からの訪問者は、アイシテー星人で、高度な文明と
科学を持って、地球に対し要求を突き付けたのだった。

食料の提供である。
その量は膨大で、地球の人口分であった。

各国の意見は、要求を飲むのもやむを得ないというのと、
あくまでも阻止抵抗するの二分であった。

要求を飲まない国の分までの負担はできないので、
明確な返答はできないのだった。

再びアイノミクスが画面に現れた。

「地球の諸君、私達は君たちをリセットできる。
私達は、優秀な君たちを失いたくないのです。
よ~く考えてください」

天空が暗くなりだした。
宇宙人は、地球の大気圏に幕を張ったのであった。
宇宙 3
地球は、どんどん暗くなっていった。

分厚い雲に覆われたような感じである。
昼なのに、薄い明かりしかない。

視界は悪く、夜は全くの闇となった。
宇宙 11
作物がしおれてきた。

「駄目じゃ、これでは全滅だ」
「どうしよう・・・」

都会も地方の田舎も、暗闇に包まれて途方に暮れるのだった。

アイノミクスは云う。
凡そ7千年前に絶滅した恐竜の事を。

「我々が前に地球に来た時は、恐竜の全盛期だった。彼らは話し合いにならなかった。
そこで、我々は独自に食料を得る為に、土地を確保して耕そうとしたが、
邪魔ばっかりした。それで、リセットして我々は去ったのだ」

人々は、恐怖におののいたのだった。
リセットされるのかと。

【続く】


にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村