Entries

岩手町道の駅感謝祭:こんな話 ガムが取れない

岩手町道の駅感謝祭:こんな話 ガムが取れない

道の駅開業の感謝祭での事。
ブルーベリーとトーモロコシの収穫体験ツアーに参加した女の子。
中学生ぐらいかな。

ブルーベリー園に到着して、摘み取りを開始早々、
「おじさん、ウェットテッシュ無いですか」
「ウ・・ウェットテッシュ?」
「濡れたもので手を拭くやつ」
「無いな~・・・何するの」
「ガムが手についてとれないの・・・」

靴底にガムがくっついたのを手で取ったら手にくっついてとれないのだと。
ここは、畑だからね、水道もないし。
困ったね。

農園管理者のIさんに伝えて、急きょ手洗い用の水を持ってきてもらう事にした。

軽トラで急いで水を汲んで来た。
大型のペットボトルである。
ガムが取れない
手を洗うが、手にくっついたガムはなかなか取れない。

「うーん・・もういやだ」
「全然取れない・・・」
と、言いながら一所懸命手をこすっていた。

こびるついたガムは取れないもんだ。

「私、もう絶対ガムを食べない」
と、こぼす。

なんとかネバネバがなくなるまでになって諦めて、
ブルーベリーの摘み取りに行ったのだった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

沼宮内の商店「マルトミ」で見つけたものはこれだ

沼宮内の商店「マルトミ」で見つけたものはこれだ

岩手町沼宮内の店「マルトミ」での事です。

産直の組合員用の帽子とポロシャツの注文等の取引で訪れました。
応接用ソファの横にあったのがこれ。
マルトミで ペ
立派(丈夫そう)な馬。
くわえ煙草で意気揚々と乗る青年(親父)。

馬は四足に靴(ワラジ)を履いている。

掘った木の紋様もなかなか渋い。


この青年(親父)に代わって乗ってみたくなりましたね。
こんな馬に乗りたい
「おい!大次郎・・一寸散歩しようぜ」
「ヒヒーン」

「お前は本に乗り心地良いなや」
「ヒヒーン」

えー本日もご訪問有難うございました。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


沼宮内伝説をあなたに

沼宮内伝説をあなたに

岩手町の沼宮内小学校で行った劇「沼宮内伝説」を紹介します。

大蛇伝説
今から千二百年ほどの昔、お大尽正次様の奥方が大蛇の姿となったことから始まります。

正次様は、情け深く村人を慈しみ心にかけてくれました。
栄える村

ところが、正次様の奥方は欲が深く、皆を叱り飛ばしていました。
大蛇に化身
ある日、奥方は神仏の罰があたり恐ろしい大蛇へとなったのです。

大蛇は沼に住みつき、村人を苦しめました。
恐ろしい村と化す
そして、美しき娘を差し出せと要求したのです。

村人たちは困り果てました。

長老は、考えたあげくクジを作り引かせたのでした。
一番のクジ
クジを引いたのは、地主の家次というお方でした。

我が娘を、生贄などとは嘆き悲しみました。
哀れな姫よ

家次は、財産を売り払い娘買いに方々を歩くのだった。
娘を売ってください
「なに! 娘を売れだと・・・とっとと帰れ 」
何処にも、そのような事はありません。

寄寿姫は決心するのだった。
心を決める姫
「私は、人身御供としてこの身を捧げます」

寄寿姫は、大蛇の前に捧げられました。
寄寿姫は、ありがたいお経を一心に唱えるのであった。
寄寿姫よ
大蛇が近づくと、五巻のお経を頭めがけてバシッと投げつけました。

そうすると、そこに大蛇の姿はなく、奥方が現れました。
奥方返る
ありがたい、お経の力で夢から覚めたのです。

寄寿姫の信心深さが、大蛇を静めたのでした。

村に平穏が戻り大喜びです。
正次さま
正次様は、寄寿姫と村人に感謝をし、
この地を「沼宮内」と改めたのでした。




このような、あらすじです。
いかがだったでしょうか。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


オーロラ紳士 現れる

オーロラ紳士 現れる

14日(日)は、我が地域の総会だった。
決算、活動報告、今年度予算の承認等があり、
役員の改選が行われる。

会長以下主役員は留任であった。
各班選出の班長等に時間がかかる。

今年もめたのが、「みまもり隊」と云う、登下校時の子供を
交通事故から守ると云う人の人選である。

なかなか善意で行動する人は少ないのである。
子供が少ないから今度は老人の「みまもり隊」が
できるような話もある。

まあ、それはともかく総会が終われば懇親会だ。
この地域にも、町長とか議員とかが来賓出席する。

飲めや歌えの宴である。
酒を一口二口と身体に入れるたびに舌が滑らかになる。

頃あい良しと出てきたのがオーロラ紳士です。
オーロラ紳士登場
さあさ、皆様今宵は楽しく行きましょう。

酒も煙草もやらない私が皆様に幸せを運びます。
てな調子で、盛り上がります。

昼間から飲む酒は、飲んでる時間が長くなるから、
結構きついものでしてね、3時間ほどで切り上げました。

地域の皆さま、頑張って生きてみましょう。
きっと、いい事があります。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

耕運機のこんな利用

耕運機の日よけ
近くにある畑の光景

耕運機に骨組みをつけて、シートを張って日よけにしてます。
作業して、暑くなったら、休憩をするようですね。

木陰の無い所は、工夫しないとですね。
移動式で、便利だな。

何せ熱中症だとか、熱射病で倒れる人もいますからね。
畑で倒れてても、誰も気が付かないしね。

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村