Entries

童話:泥の足

童話:泥の足

ツッチー君は、元気いっぱいです。
外で遊んで、おじいちゃんの家にやってきました。

泥の足で、そのまま上がっていきました。

「おじいーちゃん、遊びにきたよ」
泥の足
おじいちゃんが出てきました。

「誰だ、部屋を汚した者は」
と、言ってツッチー君をつかまえました。

ツッチー君は、お尻をペンペンされてしまいました。
泥の足 2
家に入る時は、泥を落とす事、部屋に上がる時は、
足を洗うように教えられました。

ツッチー君は、足を洗いました。
おばあちゃんが出てきて、汚れた足跡を拭いてくれました。

「泥の足跡をつけるのは、泥棒だよ」
と、いいました。

泥の足 3
ツッチー君は、一緒に掃除をしました。
「ごめんね、僕もうしないよ」

部屋も玄関も奇麗になりました。
泥の足 4
おじいちゃんも、おばあちゃんも笑顔になりました。

ツッチー君は、このあと一杯遊んでもらいました。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

童話:鎌遊び

童話:鎌遊び

ツッチー君は、山の奥に住んでいたので一人ぼっちでした。
家の周りで遊んでいたら、鎌を見つけました。

「ああ、いいの目っけた」

鎌遊び

ツッチー君は、鎌を振り回して草を切ったりしました。
あっちの草を切りつけ、こっちの草を刈ったりしました。

しかし、途中で飽きてしまい鎌を放ってしまったのでした。
鎌遊び 2
「誰だ、鎌を投げた奴は・・」

お父さんが鎌を見つけて拾ってきたのです。

他に誰もいませんから、犯人はすぐに知れます。
ツッチー君はお尻をペンペンされてしまいました。
鎌遊び 3
「ごめんなさいよう、もうしないから」

「ほら、刃が欠けてるじゃないか」
お父さんは、鎌を研ぎ始めました。
鎌遊び 4
お父さんは、鎌の刃を一生懸命研いでました。

ツッチー君は、鎌で遊ばない事を約束しました。

                    どんと晴れ

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村