Entries

それじゃこれじゃの石っこ

方言小話童話
それじゃこれじゃの石っこ

昔ある村にな、太郎という働き者がいたんだとよ。
太郎の家には、ペッコ(少し)ばかりの畑しか無かったから、貧しかったど。

ある日、太郎は山にキノコを取さ行ったど。
そしたら、
「あー!  痛えぃ~・・・」
って、大きな声がしたんだと。

「ん!・・・誰だ・・・何だ・・・」

周りを見たが誰もいねぇがったど。
おかしなことがあるもんだと、首を捻っていると、
草むらから、ヒョイとヘビが顔を出したど。

「オラだよ、まったく・・・」

「ありゃ 済まなかったでがんす。許してけらせな・・・」

太郎は、ヘビさ謝ったとさ。

「ここは、オラ達の場所だ、今は息子の結婚式何だからさ邪魔すんなよな」
と、ヘビが言ったど。

良く見たら、居る居る。じゃわじゃわどな。

「まあ、いいや、目出度い日だからな。そうだ、祝いの席さ、かたって(入って)いけや」
と、言われてたので、席さ座ったど。
それじゃの石
ヘビ達も喜んで太郎の傍さ寄ってきて踊ったりしたんだと。

太郎も面白くなって、手や頭に載せたりして遊び、歌を歌ったりしたんだと。

帰る時に、エビの親分が出てきたど。
「今日は、いつもより盛り上がったじゃ、みんな大喜びさ」
と、礼を言ったんだと。

「この石は、‘それじゃ(蛇)石’って云うんじゃ。困った時に打ち鳴らして使うのじゃ」

太郎は、小さな石を二つ貰って帰ったど。

太郎は、毎日せっせと働いたが貧しかったど。
ある冬の日に、ついに食うものが無くなっってしまったど。
何じゃ石 5
どうしたら、いいんだべと途方に暮れていたんだと。

ため息をついてたら、ふとヘビから貰った石を思い出したんだと。
「そうだ、あの石を使ってみよう」

太郎は、石を取り出して、
「それじゃの石っこ」
と、言って、カチッカチッと打ち鳴らしたど。

そしたらば、真っ白い米がぽろぽろと出てきたど。

不思議な事があるもんだと、時折打ち鳴らしたんだと。
それじゃ石 2
おかげで太郎の家では、厳しい冬を越すことができたんだと。


春になって山へ行って、ヘビに礼をしたんだと。

「有難ぅがんすた、おかげで死なねで暮らすことができやんすた」
なんじゃ石 4
その話を、欲張りなゴン太が聞いてたんだと。

「そうか、太郎の奴、それで生きてたのか」

ゴン太は、ヘビを捕まえたど。
「やい、このオレにも、石をくれ・・・」
と、脅かしたんだと。

「じゃ、これじゃ(蛇)の石でがんす」
と、言って石を二つ渡したんだと。

「しめしめ、これで米の飯が食えるぞ」

帰ったゴン太は早速石をカチッカチッと打ち鳴らしたど。
それじゃ 石 3
出て来たのは、葉っぱや土の塊だったと。
「これじゃ石・・これじゃの石っこ・・・」
と、言って何度打ち鳴らしても、やっぱりり駄目だったど。

「何だ、米は出て来ねぇじゃねえか」

ゴン太はあきらめて石を外の草むら放り投げたどさ。

                                どんと晴れ

※ 来る年のヘビ年に合わせて、書いてみました。
  皆様にご利益がありますように。


にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村