Entries

創作小話:円形脱毛症

円形脱毛症
創作小話:円形脱毛症

オラも若い時は、ハンサムボーイでな。
頭の髪の毛をばっちり決めてたもんだよ。

まあ、床屋に綺麗な姉ちゃんが居るもんで
行ったってのが本当だけどもな。

「ありゃ、オメエ、もう床屋さ云ったてか、まだ早かったべに」
「いや~、耳さ髪の毛が被さると気になって」

何てごまかしてたのよ。

床屋の姉ちゃんが近づいての顔そり、たまんねかった。
ほんのりと甘い香り、柔らかい手で石鹸の泡をなでる。
アハーッ~、たまんねよ・・・・。

ある日の事だった。
「ありゃ、ヒロ太、オメの頭さハゲでき出るじゃ」
て、言われた。

鏡を見ると、髪が抜けてる所があった。
そのうちに大きくなって、目立つようになってきた。

オラは、医者に行った。
「これは円形脱毛症だな、3か所に出来てる」
「えっ、3か所もですか」
「ふだ、早く治さねばわかねな」

医者は注射器を持ち、看護婦は頭と肩を抑えつけたのだった。
オラは、もう、恐怖で真っ青になった。

「じゃ、少し痛いけども我慢すんだよ」

注射の針が、頭に突き刺さる。

「ふぐーっ、痛え・・痛え・・・」

オラは、動けない。注射は結構打たれる。
目から涙が落ちた。

放心状態のオラにしばらく通うように言う。

毛根に刺激を与えると良いよと云うので、
家に帰るとはげた部分を揉んだり、ブラシで叩いたりした。

しばらく医者に通い、恐怖を味わったのだった。
毛が少し生えてきた時は、もう飛び上がるほど嬉しかった。

注射は女性ホルモンの注入だと言ってたな。
そう云えば少し胸が膨らんできたような、
気のせいか。

まあ良かった良かった。

「あれ、ユキオ。オメの頭に五円ハゲできてるじゃ」
オラは友人のユキオの頭を見て言った。
「早く直した方がいいぜ」

しかし、今でも時折夢に出て来るんだ。
頭に注射器が刺さった状態で逃げ回ってるのを。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村