Entries

創作小話:ピーマン地球を救う

方言小話:ピーマン地球を救う

ある日、大坊峠にきらきら星から円盤がやって来た。
宇宙からの使者
円盤は宇宙船で、きらきら星人が降りてきた。
宇宙人
「久し振りやな、大分変ったな」
「そうや、3,000年も前になりますか」

「あの時に、物を植える事を教えたからな」
「畑も耕しているようだしな」

きらきら星人は、ツッチーのピーマン畑にやって来た。
注文受け
「へーい、僕を知ってるかい」
ピーマンを収穫中の、オラは何か変な格好した者がいるので驚いた。
聞くと、縄文と呼ばれてた時代に、この地域に来てたという。

未開だった、当時、色々指導して帰ったのだった。

「いい物を作ってるね、一寸食べて良い」
「ああ、よがんすよ」
「おお、これは良い、・・・・素晴らしい」

きらきら星は、環境破壊で作物がさっぱり作れなくなったと云う。
それで、食料の補給が必要なのだと。

「是非我が星に、このピーマンを輸出して欲しい」
と、云う。

それは、個人ではできない話なので断った。


一週間後、政府との交渉成立で、ツッチーのピーマンは
きらきら星へ輸出される事になった。

そして見返りに、宇宙電力エネルギーを月に中継局を設置して
世界各国に送電する事となったのだった。

宇宙送電線
こうして、石油、原子力発電に依存してきた、電力は、
ピーマンがその役目を果たすこととなったのである。

ピーマンは、地球の危機を救ったのだった。

(真夏の夢)
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村