Entries

浮気

浮気
創作小話:浮気

オラは、申すわけねえ事すてすまったんだ。
だから、こうしてよ毎日仏壇に手を合わせてるんだじゃ。
許してけろってな。

戦争が終わったのによ、兄貴は帰ってこなかった。
しばらくして、戦死したって知らせが来てな。

「すまないけども、兄嫁と一緒になって、この家を守ってけねか」
って、親父が頭を下げてな。
オラも、そうするのが、一番いいんだべと思ってな、
兄嫁のキク姉さんと一緒になったのよ。

キク姉さんも、最初は遠慮がちだったけども、
尽くしてくれてな。有り難かったな。
オラも兄貴に負けねえようにって、働いたのさ。

子供は、兄貴の子と、オラの子がいたけども、
学校を卒業すると二人とも出て行った。
親も亡くなってな、夫婦だけの生活になってな。

そんな時に、会社の女ごと仲良くなってよ。
オラは夢中になってすまった。
その女ごと遠くへ逃げて行ってな、一緒に暮らす始めたのよ。

最初は、良かったんだけども、金がなくなると
愛想つかれて、途方に暮れてすまったもんだよ。

「カイショ無す、役立たず、どうしてくれんのよ」
って、毎日罵られてな。

「どうして、こんな女に手を出したんべな」
って、悔んだのさ。

キク姉さんが、捜してきてけだ。
「あんた、家に帰ろう・・・」
って、声をかけてけだ。
オラは、身を小さくして謝ったよ。

手切れ金を、キク姉さん出してけで家さ帰ったよ。

「アタシと、一緒なったからなのかい、ごめんね」
って、姉さんに泣かれたよ。
オラが悪いのに。

そりゃ、オラの気持ちの中には、違う人生もあったかも知んねえ
と思ってたかもな。

仏壇の兄貴がよ、オラを見てるのよ。
「お前、何やってんだよ」
って、怒ってるような気がしてな。

キク姉さんは、それからすっかり弱くなってな。
黙ってる事が多くなって、間もなく倒れて亡くなってすまった。

きっと、兄貴の所へ行ったんだよな。

仏壇には、兄貴とキク姉さんが並んでるんだ。
二人でオラを見てるんだ。やっぱり似合ってるんだ。

オラも年取ってな、そろそろ行かなくては思ってるんだ。
けどもよ、オラも一緒にしてくれるべか。
キク姉さんは、兄貴の嫁だけどもオラの嫁だよ。

兄貴よ~、キクよ~許してけろ。







スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村