Entries

童話:手あます小僧(ワラス)

手あます小僧
手あます小僧(ワラス)

オラの息子のタケは、シワスねワラスでな。
さっぱり言う事は聞かね、
いっつも、お父さんに怒られていたな。

「こりゃ、タケ。ツラ洗え、目腐れつけてコノ」
「タケ、汚え足すて、こっちさくるなってば」

タケは、遊び歩いて真っ黒になって帰ってくる。
頭の髪はボサボサで硬くて尖ってたな。

たまに風呂沸かしても、

「オラ、入らね」
って、コブたけてな。

タケが小学校に入るときだったよ。

「その頭なんじょにかすねば、わかんねな」
って、床屋さ連れて行ったのさ。

床屋の小父さんが、
「さあ、ここの椅子さ、ねまれ」
て、言っても座るの嫌がってな。

「やんた、いい。オラ、髪切らなくても、いい」
って、こんつけてな。

「男ぶり良くすてけるから、ほれ」
と、小父さんが言うと
「ベロベロバー・・」
と、舌だして、やっ叫ぶのさ。

「このワラスは、手に負えね・・」

床屋の小父さんに追い出されてしまってな。
オラは困ったよ。

「鉛筆と帳面買ってやるから、床屋すて行くべ」
って、

なだめてな、小母さんがやってる別な床屋に行ったのよ。

嫌がるタケをようやく座らしたけども、
ジッとしてなくて、終わった時は、小母さん達も
ぐったりしてたよ。

入学式には、さっぱりした頭のタケを連れていったさ。
先生が名前を呼んでも返事しねのさ。

なんぼ呼んでも返事しね。
オラ、後ろにいて、ヤセなかった。

帰りに、
「何して、返事しね、皆して大きな声で返事してたべ」
って、聞いたのさ。

「だってさ、タケ造君で云うんだもの、オラ、君て言われことねえべ、だからさ・・」

それから、タケは、元気に学校さ行った。

帰りは何時も汚れてきてな。
川さ行ったり山さ行ったりで忙すもんだった。

タケは、中学校を卒業すると、就職列車に乗って行った。

「母ちゃん、ありがとう」
って、手を握ってな。

手あますのベロベロバーのタケがよ、
涙を流してな。

オラは、畑で思い出しては泣いてたよ。







スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村