Entries

タイムリーヒット

タイムリーヒット

タイムリーヒット

「土谷、ピンチヒッターや、行け!」
監督がオレを指差した。
オラは、高校球児だ。3年間野球をやってきた。

レギュラーニなれなかったがが、黙々と練習をやってきた。
3年生のオラは、最後の県大会だ。
一回戦の相手は、甲子園に出場の経験もある強豪チームだ。

1対3で負けている。9回裏2アウト、ランナー2塁だ。
補欠でベンチ入りしているオラの背番号は10番。
チームの勝利を期して懸命に声を出して応援をしていた。

「えっ、ピンチヒッター オレが」
監督の目を見る。
「思い切って振って来い」
と云われ尻をポンと叩かれた。

「バッター、太田君に代わりまして土谷君」
アナンスが流れた。
ベンチの皆がオレを見る。

オラは、バットを握り素振りをする。
一礼をしバッターボックスに入った。

「あと、一人、あと、一人」
相手スタンドからのコールが響く。
「カットバセー、カットバセー」
我が応援団も負けジと大きなコール。

無我夢中だ、足がすくむ。
相手のピッチャーが、オラを見おろしてゆっくりしたモーションで投げた。
ビッシッ
「ストーーライク」
アンパイヤの大きな声。
「早えー、何だこれは」

オラは、手が出ない。
続いて一球、何としても食らいいてバットを振ろうとしたら
球がグット落ちた。
「わぁ、何だこの球は、見えね」
「ボーール」
アンパイアの声。
「よく見た、よく見た」
と、ベンチからの声。

「もしかして、今のはフォーク・・・」
オラは、もう頭が真っ白になった。
続いて3球目、速い球ストーレート。空振り。
内野スタンドから、大きなため息が伝わる。

バッターボックスを外して、手の汗を拭いて入りなおす。
ピッチャーが投げた、食らいつく。
ガシュ
かすって、ファウル。
「当たったぞ、振り遅れているぞ」
ベンチからの声。

「あと、一球、あと、一球」
相手スタンドの声はさらに高くなる。
ピッチャーは、代打のオラに直球で三振を取りに来る。
オラは、バットを短めに握りなおし構えた。

思いっきり振った。
カキーン
球は、内野を超えてセンターの右横へ飛んでいく。
「打ったぞー、打ったぞー」

ランナーが帰り、オラはセカンドまで進んだ。
我が高の応援席からの大歓声。
1点差だ、一打逆転だ。
「いいぞ、いいぞ、土谷」「サンキューー、サンキュー土谷」
オラは照れた。慣れない手を上げてガッツポーズをした。

次の打者は、内野ゴロでアウトになり
ゲームセット。

試合には負けたけど、オラはこの試合を生涯忘れない。
仕事とか、人生で、難しい局面に立たされても、
目をつむるとよみがえるんだ。
バッターボックスにいるオレが。

タイムリーヒットを打ち、大歓声がオラを包む。
オラは、タイムリーヒットを打てるんだ。
だから頑張れるんだ。

スポンサーサイト

修学旅行は混浴

修学旅行は混浴

修学旅行は混浴

高校の2年生の秋は、皆して修学旅行の話で持ちきりになる。
だけども、オラは行けなかった。
貧乏人のオラの家は、そんな遊びに行く金など
出せるわけがない。

家さ帰って
「オラは、行けないからさ」
と、親に言ったら
「そうか・・・」
で、すまなそうな顔してたな。

クラスでは、京都だの、大阪だのって地図を眺めて
騒いでたもんだ。
そんな時、物理の伊藤先生が、
修学旅行に行かない生徒を集めたのさ。

男女合わせて、10人ほどが集まった。
「オレだけじゃねえ」
少しホットした。

「みんな、八幡平の温泉巡りに行かないか、3泊4日だけど
自炊するので、金はかからねから」
と、言う。

オラ達は、皆が修学旅行の間は自習してるのもなんだし
行くことにした。

修学旅行の当日、バスに乗り込む皆を見送った後、
オラ達は、歩いて駅に向かったのだ。
花輪線に乗り換え、松尾八幡平で降りた。

最初の目的地に向かい。山道を歩いた。
ススキがたなびく晩秋の八幡平路で
心地良かった。

20キロも歩いて、温泉宿に着いた。
早速風呂に行くと、混浴と書いてあった。
大きな浴槽だけど誰もいなくて悠々と入れた。

部屋に戻り、くつろいでると混浴が話題になって、
もう一度出かけた。
湯気がもうもうと立ちあがる中に
女生徒たちが数人して体や髪をを洗っていた。

オラ達が大きな声で話しながら接近したので、
びっくりしたのか、キャーと言って急いで
隣の女風呂の方へ逃げて行ってしまった。

「ありゃー、しまったな、こっそり来るんだった」
などと、悔しがった。

翌日も、20キロほどの道を歩て温泉に到着した。
「ありゃ、ここも混浴だってよ」
「五右衛門風呂だってさ」
早速風呂へ行った。

目の前に大きな鍋があった。
「これが五右衛門風呂か」
「すげーっ」
湯気が立っていて、良く分からないで入ったら
目の前に婆さんが3人入っていた。

「あんりゃ、まあ、若え旦那さん達でねえすか」

「えっ、何だ・・、婆さんか、失礼します、どうも・・」
「たんまげたな、おしょすべよ」
「そうすか、オラどは、混浴だってから来たけど、あて外れたな」

「オラタつも、オナゴだべよ、全く今の若いもんは、何処から来たのす」
「沼宮内さ、何まだ高校生よ」
などと、オラは五右衛門風呂の中で、婆さんと会話して
混浴を楽しんだのである。

最終日は、バンガローの露天風呂だった。
舞い散る雪が湯に吸い込まれていく。
青春の一時としては、最高の夜を過ごした。

オラ達を連れて行ってくれた伊藤先生は、登山家で、
ヒマラヤの地で遭難したと卒業してから聞いた。

八幡平の山並みを見ると、思い出す。
大自然の包まれた空気を吸い、湧き出る湯で
体を癒したことを。


社長の面

社長の面
社長の面

オラは、真面目な会社員でがんした。
何事も誠心誠意努めていたのでがんすよ。
ある日部長がオラを呼んだ。

「ツッチー、本社から社長が視察に来る、
それでな夜の接待をやってくれ」
昼は現場を回って、夜は社長を囲んで一杯やるんだとか、
まあ、何時もの事だ。

オラは、良く行くスナックのママに
頼んだ。
「任しといて、若い子も用意しとくから」
これで、OKと部長に報告しておいた。

その日の夜が来た。
「ほお、此処が君たちが良く来る店か
まあ、宜しくたのむわ」
てな訳で、社長を囲んで一杯が始まった。

ころ合いを見て、オラは、総理大臣の面を被って
横に座った。
「おっほん、君、君、日本の為に頑張っとるかね」
酒の瓶を片手にして、注ぎながら、
「社長は、社員よりも汗をかかんといかんよ」
と、言うと。

社長は、ギョとした顔して、
「誰だ、貴様は・・」
大声で叫びだした。

これはいかん、オラは、慌てて面を取って
「失礼しました、ツッチーです」
冷や汗をかいて、退散した。

「ママ、まずい綺麗どころを出してケロ」
「はいよ」
ホステスたちが社長を囲んだ。

「社長さん、あら男前」
「あっちもこっちも元気そう」
などと言って、でかい尻や胸を押しつけた。

硬かった社長の顔も、崩れたのだった。
ホステスも、サービスをエスカレートして、
社長も調子に乗り、股に手を突っ込んだりした。

「ありゃ、お前男じゃないか」
「あらーん、そんなに強く握っちゃいやよ」

「ありゃりゃ、まずいママ、変な奴呼んだな」
オラは心配になり、ボックスを覗くと、
「俺よりも、でかいのを持ってるな、ワッハッハッ」
と、さらに盛り上がってきた。

ママが面を被って、
「君、君この子を秘書として使えたまえ」
「この大玉をか、ワッハッハッ、採用、採用」

今度は社長自らが面を被り、ホステスに
あれこれ命令をしだした。
絶好調で、遅くまで楽しく過ごしたのである。

翌日、部長からねぎらいの言葉を受けた。
年末のボーナスは、アップ間違いなしと
期待していたら変化なし。

春の人事異動で、北へ転勤となった。
何してだ。

オラは、スナックで面を被り
「また何時か会おうな」
と、言ってこの地をあとにしたのでがんす。

猿の洞穴

猿の洞窟
猿の洞穴

昭和50年頃の夏、オラは会社から夏休みを
貰って実家の岩手に帰っていた。
盆が過ぎると、皆それぞれの地に帰り
仕事を始めて誰も、相手をするものがいなくなった。

オラは、地図を広げて、何処かいいとこは
ないだろかと捜した。
本州最北端の地、下北半島が目に止まった。
よし、この半島を一周しようと、決めて
早速準備をした。

寝袋をリックに入れて、電車に乗った。
野辺地で乗り換え、大湊で降りた。
乗合バスで行く所まで行って、
その先を地図を見ながら歩いていた。

軽トラが近づき、
「ナぁー、何処さ行くてぁ、こんただとこ歩いてよ」
「いやーっ、半島をぐるっと回るべと思ってな」
「そうか、ふだら後ろの荷台さ乗はれ」

オラは、軽トラの荷台で風を受けながら
陸奥湾を見て、未知の世界に吸い込まれるような気分になった。

しばらくすると、脇の沢という所で
軽トラが止まり、
「ワーっは、此処で終わりだ」
って、降ろされた。

もう夕方になって、少し暗くなっていた。
数件の家があったが、すぐに途切れたしまった。
海岸線に沿い歩くと岩場が多くなってきた。

湾を左手に見ながらさらに先へと進むと、道は細くなり
やがて大きな岩場に出て行き止まりになった。
「今日は此処で休むとするか」

辺りを見たら、岩場に穴があった。
入るとちょうどいい感じで、そこに寝袋を広げた。
疲れを取ろうとウイスキーを出して
飲んでいると、何とも云い知れぬ
喜びが湧いてきた。

これが青春だ。
オラは、自分に酔い、酒に酔い、
横になりながら瓶を空にして、寝てしまった。

朝、洞穴の中に光が差し込んで明るくなってきた。
頭の付近に何かがいるような気配がした。
何かが動いている。

オラは、目を開け首をもたげて見た。
何かの顔がある、目がある。
「何だ、何だ、え、・・・サ、猿、猿だ」
それも一匹ではない、これは大変だ。

オラはパニクった。
急いで、荷物を纏めて洞穴の外へ這い出た。

猿は、追いかけてくる様子はなかった。
洞窟の方を覗きながら
身支度をし、元の道を引き返した。

集落まで出ると、看板が立っていた。
北限の猿がいて、餌付けをしてると書いてあった。
それで、襲わなかったのだと安心をした。

オラは、舟の出ている所まで戻り、仏ケ浦、大間へと行き、半島の旅を
続け、思い出のある一夏を過ごしたのだった。


最終電車

最終電車
最終電車

オラは、二十歳になって、酒も煙草も飲めるようになった。
夜の誘いも多くなり、味を覚えてきた。

酒を注いでくれる女にも、関心を持つようになった。
もっと、きれいな女子を相手に飲みてえなと思った。

盛岡には、若くて良い女子が一杯いると聞いて、
オラは、出かけたのだった。

八幡町に行き、開店と同時にスナックに入った。
時間が早いせいか、ホステスがオラを囲んで、
相手をしてくれた。

極楽、極楽、実に楽しい。気分も最高。
オラは、モテにモテた。

沼宮内行きの最終電車は、9時だったので、
オラは、間に合うように店を出た。

最後まで相手をしてくれた可愛いホステスが
玄関で手を握って
「又、来てね。約束よ」
「うん、絶対来る」

八幡町から盛岡駅までだと結構遠い。
急ぎ足になり、やがて小走りになり、
何とか最終電車に間に合った。

電車は走り出した。汗が噴き出てきた。
電車は、沼宮内が終点なのでのんびりできる。

ほっと安心をして、先ほどまでの
スナックでの楽しい語らいを思い出して、
一人ニヤニヤしていた。

厨川を過ぎたあたりで、催してきた。
トイレは何処かと、立ち上がるとふらふらする。
酔いも回っている。

トイレがない。電車に揺られて隣の客車に行くがない。
椅子に座り、じっと我慢をする。

厨川を過ぎた。オラは、前をギュと抑えて脂汗をかき始めた。
もう、限界だ。どうしよう。

車内を見ると、数人がまばらに座っている。
目をつむってるか、窓の方を見ている。
誰もオラを気にしている人などいない。

オラは、客の一番少ない、目立たない所へ移動した。
そして、意を決して、窓を開けて、
勢い良く放出したのだった。

誰も気づいていないようだ。
こっちを向く人はいない。良かった。
ああ気持ちいい。

「一寸、お客さん何やってんですか、止めてくださいよ」
と、言って車掌が走ってきた。
オラは驚いて振り向く、客も車掌の声で一斉に見る。

車掌は、すぐ後ろに来て、
「危ないじゃないですか、止めてください」
と、言って睨みつける。

「と、とまらないんだよ。ま、まってけろ」
オラは必至の形相で哀願する。
車用はあきれ返ったのか、オラが終わるまで待ってくれた。

そして、
「二度と、やらないで下さいよ」
と念を押し、離れて行った。

オラは、客から見えないようにと、身を縮めて小さくなった。
終点沼宮内に着くと、最後にこっそりと降り改札に向かった。

あれいらい、最終電車に乗っていない。約束をした店も
何処だったか思いだせない。






Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村