Latest Entries

方言詩:スイカ泥棒

この話は、昭和30年頃の事です。

方言詩:スイカ泥棒

「セツ子や、スイカが大っちくなってるから、
畑さ取りに、あべ・・・」

「スイカー、ワー本当か、行く行く、爺ちゃん」
1方言詩:スイカ泥棒
爺ちゃんと、セツ子は、スイカを植えている畑えと、
行ったのでがんすよ。

「ありゃ~・・・、一番デッカイ、スイカが・・・・」

「お爺ちゃん、どうした」

続く


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

雪解け時の作業は、木の伐採

昨日は、ブログにログインできなかった。
問い合わせなどをして、ようやくログインできた。

最近は、トラブルになると面倒になってしまう。
何が悪いのか、やり直しや入力の確認を何度も行う。

どうも、ボケてきてるようだ。
記憶力もなくなった、メモをしておけばいいのだが、それもしない。
操作した時は、しっかり覚えていると、思っているのだ。

ボケの自覚がないからかも。

さて、昨日は雪が少し降って気温が下がったけど。
一昨日は、雪解け時に行う伐採の作業をした。

家の道路下の法面にある木の伐採である。
この木を
この木2本、老木なったのもああるが、大きくなりすぎて邪魔になってきたのである。

倒す方向を確認しながら、チェーンソーで伐る。
最後は、くさびとかを打ち付けて慎重に倒した。
切り倒した
山での伐採作業で、木の下敷きになって亡くなったり怪我をする人もいるからね。

倒すのに2時間以上もかかってしまった。
けど、無事に伐り終えた。
切り倒した2
この後天候が悪化して、雨から雪交じりのみぞれとなった。

それで、後片付けは後日とした。
まあ、早くしないといけない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







小話:時の雲隠し その24(最終回)

小話:時の雲隠し その24

光男と弘は、土手に座って語り合った。

それぞれの歩んだ人生についてである。

光男は、弘の人生と入れ替わったので、何か後ろめたい気持ちになった。

しかしまあ、幸せと言える時期は、本の数年だったしな、まあいいかと。
小話:時の雲隠しその24
「なあ、弘、これからどうする」

「どうするって・・・どうにもこうにもならないよ」

「オレもこの町で暮らそうかな」

「じゃ、オレんとこに来るか」

「え、いいのかい」

「ああ、何にもないから、いいんだよ」

「うん、まあそうだよな」

空を見上げると大きな雲が漂っていた。

光男と弘は立ち上がり、歩き出した。

「オレ達の人生は、これで終わりじゃないよな」

「当たり前だよ、きっとさ、もう一度何か・・、何かやれるさ」

光男と、弘の声が弾んでくるのだった。


終わり


長い間の、御訪問ありがとうございました。

人の人生も、そううらやむほどでもない。幸せは思うようにやってはこない。
などと、思いながらの作品でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ



小話:時の雲隠し その23

小話:時の雲隠し その23

光男は、時の神のいる祠を捜し歩いた。
確かにこの辺だったのだがと、何度も行き来したが、それらしい物は、
何もなかった。

「おかしいな、この変に絶対あるはずなんだけどな」

光男は捜しつかれて、土手に腰かけて休んでぼんやりとしていた。

すると、見たことのある人が近づいてきた。
小話:時の雲隠し23
「あれ・・、弘じゃないか」

「え!・・・・もしかして光男君」

「ああ、そうだよ、懐かしいな」
「光男君か、何でこんなとこにいるの、今頃は会社の社長じゃないのかい」

「うん・・・いや、なにその、会社はつぶれちゃってさ」
「会社がつぶれたって、へー・・そうなんだ」

二人の会話は続くのだった。


続く

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ




小話:時の雲隠し その22

小話:時の雲隠し その22

月日は流れ、光男はある町に流れ着いたのだった。

日曜の休みに近場の散歩に出かけた。
ぶらぶら歩いていると、どうもこのあたりに見覚えがあった。

「あれ、此処は前に来たことがあるな・・、はて」
小話:時の雲隠し22
光男は、しばらくして思い出した。

「そうだ、この森だよ、この森に、神社があったんだ」

光男は時の神と巡り合った場所が確かこの森だったと確信し辺りを歩いた。

もう一度、あの神社を見つけて時の神に会おう。

光男は、森の周辺を何度も行き来したのだった。


続く



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ



Appendix

プロフィール

大坊峠のツッチー

Author:大坊峠のツッチー
岩手県は北緯40°に位置する岩手町から地域の情報を発信します。山里で農業を営み、昭和26年生まれの人生と、方言による創作小話・童話を綴ります。尚、作品は著作権とし、無断使用はお断りします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

お楽しみはこちらで

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村